映画・エンタメ

『名探偵コナン』最新作、3日間で動員120万人超え

投稿日:

4月14日・15日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、人気シリーズ22作目となる『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員101万2000人、興行 … 前作の『から紅の恋歌』は最終興収68.9億円をあげ2017年邦画興収ランキング1位、さらに劇場版シリーズは5作連続で興収記録を更新する中、6作連続での更新 …

-映画・エンタメ

関連記事

【国内映画ランキング】「七つの会議」2週連続首位!「アクアマン」は2位スタート

【国内映画ランキング】「七つの会議」2週連続首位!「アクアマン」は2位スタート

2014年6月29日(日)東京・新宿ピカデリーで行われる“ラブライブ!TVアニメ2期 Blu-ray第2巻特装限定版特典映像フィルムライブ&キャストトークイベント”の …  楽天WOMAN 【国内映画ランキング】「七つの会議」2週連続首位…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/eigacom_20190212019/【国内映画ランキング】「七つの会議」2週連続首位!「アクアマン」は2位スタート, [映画.com ニュース] 2月9日~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に寒波が押し寄せた3連休。この週末は4本の新作がランクインしたが、首位は「七つの会議」が2週連続で獲得した。週…

中国国産映画、世界興行収入ランキングを席巻…ハリウッド映画一強状況を崩す

中国国産映画、世界興行収入ランキングを席巻…ハリウッド映画一強状況を崩す

これを見ると、上位20作品のうち、半数が中国国産映画だ。これまでは、ランキング上位にはハリウッド超大作を中心に洋画の比率が高かったのだが、近年は中国 …  ビジネスジャーナル/Business… 中国国産映画、世界興行収入ランキングを席巻…ハリ…https://biz-journal.jp/2018/10/post_25298.html 前回の記事では、2018年日本の夏休み映画について言及したが、今回は18年の世界興行収入を紐解きながらグローバル市場について考察する。アメリカ映画独壇場の終焉…

中国の歴代No.1実写邦画に「万引き家族」、「となりのトトロ」もロングランヒット

中国の歴代No.1実写邦画に「万引き家族」、「となりのトトロ」もロングランヒット

2018年における中国国内の日本映画の興行成績が新浪から到着した。 … また4位の是枝裕和監督作「万引き家族」は、中国で公開された邦画実写の興行収入歴代1 … ウォー」「アクアマン」「ヴェノム」などハリウッド大作がランキングの半分を占めた。  映画ナタリー 中国の歴代No.1実写邦画に「万引き家族」、「とな…https://natalie.mu/eiga/news/3175552018年における中国国内の日本映画の興行成績が新浪から到着した。

『ボヘミアン・ラプソディ』が首位発進!6作が初登場のフレッシュなランキングに

『ボヘミアン・ラプソディ』が首位発進!6作が初登場のフレッシュなランキングに

伝記映画にも関わらず「クイーン」リアルタイム世代以外の20代など、若い観客も多く足を運んでいるようで、「あまり知らなかったけど、映画は最高だった」といった …  Movie Walker 『ボヘミアン・ラプソディ』が首位発進!6作が初登…https://movie.walkerplus.com/news/article/169132/立冬を迎え、気温の冷え込みも本格化してきた11月10・11日の週末動員ランキング。そんな寒さも吹き飛ばすようなフレディ・マーキュリーの熱い生き様を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が1位となるなど、新作が6作品もランクインする変動の大きい結…

「全員アジア系」の映画『クレージー・リッチ』がアメリカで大ヒットした理由

「全員アジア系」の映画『クレージー・リッチ』がアメリカで大ヒットした理由

もちろん、アメリカでも中国の張芸謀(チャン・イーモウ)監督や、台湾の李安(アン・リー)監督の作品が「外国文芸映画」としてヒットすることはありました。ただ、張 …  Newsweek日本版 「全員アジア系」の映画『クレージー・リッチ』が…https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2018/09/post-1034.php<原作、監督、俳優の全員がアジア系の映画『クレージー・リッチ』が大ヒットしている…