映画・エンタメ

【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年5月7日~5月13日)

投稿日:

第90回アカデミー賞脚色賞」ほか、話題を呼んでいる映画『君の名前で僕を呼んで』。切なくも甘いひと夏の恋を描いた青春小説は、映画あわせて楽しみたい傑作 …

-映画・エンタメ

関連記事

映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で公開前映画の「見たい」スコアが非表示に

映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で公開前映画の「見たい」スコアが非表示に

映画を批評家と一般ユーザーがそれぞれスコア付けするレビューサイト「Rotten … ベストな映画上位5000本をランキングした「5000 Best Movies」 – GIGAZINE …  GIGAZINE 映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で公開前映…http://gigazine.net/news/20190228-rotten-tomatoes-hide-want-to-see/映画を批評家と一般ユーザーがそれぞれスコア付けするレビューサイト「Rotten Tomatoes」でシステムの更新が行われ、公開前の映画に対して一般ユーザーがつける「見たい」スコアが非表示に変更されました。また、これに合わせて、公開前の映画に対するコメント機能もオフになったとのこと。

「最も稼ぐ女優2018」スカーレット・ヨハンソンが1位獲得 アメコミ映画女優の健闘、一方で俳優との格差も

「最も稼ぐ女優2018」スカーレット・ヨハンソンが1位獲得 アメコミ映画女優の健闘、一方で俳優との格差も

2018年版「最も稼ぐ女優」ランキングのトップ10では、アメコミ映画に出演している女優の活躍が印象的だ。4位には『X-Men』シリーズのジェニファー・ローレンス、8 …  THE RIVER 「最も稼ぐ女優2018」スカーレット・ヨハンソンが1…https://theriver.jp/sj-highest-paid/『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役でお馴染みの米女優スカーレット・ヨハンソンが、米Forbesの発表した「最も稼ぐ女優」ランキングで1位に輝いた。ヨハンソンは2017年6月1日から2018年6月1日までの間で、4,050万ドルを稼いだ。 ©THE RIVERアメコミ映画女優が大健闘2018年版「最も稼ぐ女優」ランキングの…

赤ちゃん400人がズラリ? 初登場1位の映画『ボス・ベイビー』のかわいすぎるシーンとは?

赤ちゃん400人がズラリ? 初登場1位の映画『ボス・ベイビー』のかわいすぎるシーンとは?

21日に公開された長編アニメーション映画『ボス・ベイビー』が、公開2週目の『リメンバー・ミー』を抑え、映画動員ランキング(3/24~25、興行通信社調べ)で初登場1位を獲得した。客層は家族連れだけでなく、10代20代の女性まで幅広いようで、劇中に登場するムチムチボディのキュートな赤ちゃん(中身はおっさん)が人気。  IWATE NIPPO 赤ちゃん400人がズラリ? 初登場1位の映画『ボス・…https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2108358エンタメニュース

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

第2位は、2017年に放送されたテレビシリーズの主人公ウルトラマンジードが強大な敵に立ち向かっていく『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』。第3位は、1980年から2010年の激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドにおける金と権力の駆け引きを描き、2017年の韓国の映画賞レースを席巻した『ザ・ …  プレスリリース・ニュースリ… ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000789.000011710.htmlぴあ株式会社のプレスリリース(2018年3月12日 19時50分)ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

第16回 「アリー スター誕生」。日本で本格的な「音楽映画」のマーケットがどの位あるか見極められそうな名作

第16回 「アリー スター誕生」。日本で本格的な「音楽映画」のマーケットがどの位あるか見極められそうな名作

ただ、同時に注目すべきは「ボヘミアン・ラプソディ」が公開6週目にもかかわらず、1位の「ドラゴンボール超 ブロリー」に次いで観客動員ランキング2位にとどまった …  映画.com 「アリー スター誕生」。日本で本格的な「音楽映…https://eiga.com/extra/hosono/16/映画はコケた、大ヒット、など、経済的な視点からも面白いコンテンツが少なくない。そこで「映画の経済的な意味を考えるコラム」を書く。それがこの日記の核です。また、クリエイター目線で「さすがだな~」と感心する映画も、毎日見ていれば1~2週間…