映画・エンタメ

【全米映画ランキング】「ヒックとドラゴン」最終章がV2 N・ジョーダン監督最新作は8位デビュー

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

3週目『コナン』が首位、『アベンジャーズ』が初登場2位に

3週目『コナン』が首位、『アベンジャーズ』が初登場2位に

4月28~29日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日動員45万3000人、興収6億1000万円をあげ、3週連続の首位に輝いた。5月1日までの累計では … 新作では、菅田将暉と土屋太鳳で人気少女漫画を実写映画化した月川翔監督の『となりの怪物くん』が6位に初登場。  ニコニコニュース 3週目『コナン』が首位、『アベンジャーズ』が初登…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3481897 4月28~29日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日動員45万3000人、興収6億1000万円をあげ、3週連続の首位に輝いた。5月1日までの累計では動員374万人、興収48億円を突破し…

『ブラックパンサー』V4!マーベル映画史上初の快挙

『ブラックパンサー』V4!マーベル映画史上初の快挙

先週末(3月9日~3月11日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、漆黒のヒーローを描いたマーベル映画『ブラックパンサー』が興行収入4,081万7,579ドル(約44億8,993万3,690円)で4週連続となる首位に輝いた。マーベル・シネマティック・ユニバース作品が公開から4週連続で首位を記録するのは、これが初めて。  シネマトゥデイ 『ブラックパンサー』V4!マーベル映画史上初の快…https://www.cinematoday.jp/news/N0099217先週末(3月9日~3月11日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、漆黒のヒーローを描いたマーベル映画『ブラックパンサー』が興行収入4,081万7,579ドル(約44億8,993万3,690円)で4週連続となる首位に輝いた。

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』週末動員ランキング洋画 …

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』週末動員ランキング洋画 …

スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』週末動員ランキング洋画実写No.1! 2018/04/02 … 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクス✕スティーヴン・スピルバーグ監督がついにタッグを組んだ作品として大きな話題となっている映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。  TimeWarp – 海外エンタ… スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴ…http://timewarp.jp/movie/2018/04/02/96514/2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクス✕スティーヴン・スピルバーグ監督がついにタッグを組んだ作品と

映画『ボヘミアン・ラプソディ』がゴールデン・グローブ賞で映画部門作品賞を受賞

映画『ボヘミアン・ラプソディ』がゴールデン・グローブ賞で映画部門作品賞を受賞

… 円に達している。2019年1月6日(日曜日)までの累計興行収入が2018年公開洋画興行収入ランキング第1位となり、最終興行収入は10,000,000,000円以上が予想され、邦画を含む2018年公開映画ランキング第1位も獲得する見込みだ。  SOUL SAPIENS|ソウルサピエンス 映画『ボヘミアン・ラプソディ』がゴールデン・グ…https://www.challenger.tokyo/soulsapiens/movie/N14998/映画『Bohemian Rhapsody』(邦題:ボヘミアン・ラプソディ)が、Golden Globe® Awards(ゴールデン・グローブ賞®)のGolden Globe Award for Best Motion Picture – Drama(映画部門作品賞(ドラマ部門))を受賞した。

「ブラックパンサー」、「アベンジャーズ」に次ぐマーベル史上2位のロケットスタート

「ブラックパンサー」、「アベンジャーズ」に次ぐマーベル史上2位のロケットスタート

通常のハリウッド映画の観客でアフリカ系アメリカ人が占める割合は15%程度だが、本作では37%と第1位。白人が35%、ヒスパニック系が18%と続いており、多様な人種を取りむことに成功。また、実際に映画を鑑賞した一般観客の満足度調査CinemaScoreでも最高のA+を記録していることから、今後もヒットを続けることに …  映画.com 「ブラックパンサー」、「アベンジャーズ」に次ぐ…http://eiga.com/news/20180226/5/マーベル・スタジオ18作目にあたる最新作「ブラックパンサー」(ライアン・クーグラー監督)が全米でロケットスタートを記録したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。全米公開3日間のオープニング成績は1億9200万ドルで、休日の月曜日を含める公開