映画・エンタメ

どうして? アカデミー賞の作品賞にノミネートされなかった、15本の素晴らしい映画たち

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

「宇宙の法」が動員連覇、「億男」「リリカルなのは」やコナン4Dも登場

「宇宙の法」が動員連覇、「億男」「リリカルなのは」やコナン4Dも登場

10月20日から21日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表 … 記事初出時、発表されたランキング順位に誤りがありましたので訂正致します。  映画ナタリー 「宇宙の法」が動員連覇、「億男」「リリカルなの…https://natalie.mu/eiga/news/30469910月20日から21日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「宇宙の法―黎明編―」が前週に引き続き首位に輝いた。

【ネタバレ】「コナン から紅のラブレター」の意外な犯人と哀しき真実を解説!

【ネタバレ】「コナン から紅のラブレター」の意外な犯人と哀しき真実を解説!

この回ではコナンと平次が協力して捜査にあたっているのですが、平次と和葉の登場が2013年の映画『絶海の探偵』以来、4年ぶり。 コナンと平次コンビの活躍が光り、2017年邦画興行収入ランキングで第1位を獲得する程の人気でした。映画のキャッチコピーは「待っとれ 死んでも守ったる───」「ふたひらの運命を引き裂く …  ciatr.jp 【ネタバレ】「コナン から紅のラブレター」の意外…https://ciatr.jp/topics/3095972017年の劇場版『名探偵コナン から紅のラブレター』。百人一首を巡る大会で、コナンと平次コンビが大活躍。百人一首の大会の裏で起きた事件の裏には何があったのか、ネタバレを含み真相をご紹介します

「名探偵コナン ゼロの執行人」が初登場首位 「クレヨンしんちゃん」は2位、「パシリム」続編は4位

「名探偵コナン ゼロの執行人」が初登場首位 「クレヨンしんちゃん」は2位、「パシリム」続編は4位

16日に発表された14、15日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロ … 前作「から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」は、最終興行収入約68億9000万円を記録し、2017年邦画興行収入ランキングで1位を獲得。  毎日新聞 映画興行成績:「名探偵コナン ゼロの執行人」が初…https://mainichi.jp/articles/20180417/dyo/00m/200/016000c 16日に発表された14、15日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約101万2000人を動員し、興行収入は約12億9600万円を記

ディズニーの「シュガー・ラッシュ」最新作が2週連続首位-北米映画

ディズニーの「シュガー・ラッシュ」最新作が2週連続首位-北米映画

ディズニーの「シュガー・ラッシュ」最新作が2週連続首位-北米映画 … 週末の北米映画興行収入ランキングで、ウォルト・ディズニーのアニメーション「シュガー・ …  Bloomberg.com ディズニーの「シュガー・ラッシュ」最新作が2週…https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-03/PJ4Y3Z6KLVR601週末の北米映画興行収入ランキングで、ウォルト・ディズニーのアニメーション「シュガー・ラッシュ:オンライン」が2週連続で首位となった。

「Fate」劇場版の新作が1位スタート!

「Fate」劇場版の新作が1位スタート!

土日2日間(1月12日~1月13日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、スマートフォン向けゲーム、アニメなど幅広い展開で人気を博して …  シネマトゥデイ 「Fate」劇場版の新作が1位スタート!:映画週末興…https://www.cinematoday.jp/news/N0106155土日2日間(1月12日~1月13日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、スマートフォン向けゲーム、アニメなど幅広い展開で人気を博している「Fate」シリーズの劇場版第2弾『劇場版「Fate / stay night II.lost butterfly」』が首位を獲得した。