映画・エンタメ

セルマ・ブレア、キャメロン・ディアス引退は「冗談だった」と訂正

投稿日:

ブレアとディアスは、2002年の映画「クリスティーナの好きなコト」で共演している。ディアスは14年の映画「ANNIE アニー」に出演して以来、スクリーンから遠ざかっており、現在のところ新作の予定はない。ここ数年は、ヘルス&ライフスタイル関連のビジネスに興味があるようで、13年に出版しベストセラーとなった「ザ・ボディ・ …

-映画・エンタメ

関連記事

新作ポケモン映画の予告映像解禁で3DCG版サトシやピカチュウ初公開

新作ポケモン映画の予告映像解禁で3DCG版サトシやピカチュウ初公開

新作ポケモン映画の予告映像解禁で3DCG版サトシやピカチュウ初公開 … 人気アニメ『ポケットモンスター』の最新映画でシリーズ22作目『ミュウツーの逆襲 … テーマを掲げていたが、興行収入72.4億円と98年のランキング1位に輝くヒット作となった。  Web東奥 新作ポケモン映画の予告映像解禁で3DCG版サトシや…https://www.toonippo.co.jp/articles/-/158794人気アニメ『ポケットモンスター』の最新映画でシリーズ22作目『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(7月12日公開)の最新予告映像が1日、解禁された。フル3DCGで描かれたサトシやピカチュウ、ニャース、リザードンなど多くのポケモンたちのビジュアルが初公開。今までのポケモン映画とは一味違った、新しい姿を垣間見ること…

【ビルボード】UVERworld、『ヒロアカ』OP曲がアニメ・チャート断トツ首位

【ビルボード】UVERworld、『ヒロアカ』OP曲がアニメ・チャート断トツ首位

また、7日に発表された5/5~5/6の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、『名探偵コナン ゼロの執行人』が1位、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が4位、『リメンバー・ミー』が6位となっており、映画のテーマソングもそれぞれチャート・インしている。中でも『リメンバー・ミー』のエンドソング …  ニコニコニュース 【ビルボード】UVERworld、『ヒロアカ』OP曲がアニ…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3498705 5月14日付(集計期間:4月30日~5月6日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』オープニング・テーマで、UVERworldの「ODD FUTURE」が2位以下に大差をつけ首…

2018年下半期 映画監督・俳優の人気ランキング発表!吉沢亮、アン・ハサウェイがNo.1《Filmarks調べ》

2018年下半期 映画監督・俳優の人気ランキング発表!吉沢亮、アン・ハサウェイがNo.1《Filmarks調べ》

国内俳優、海外俳優、映画監督を対象に、2018年7月1日から12月26日までの間、FilmarksでFan!登録された人物と登録数を算出し、登録数の多い人物から …  プレスリリース・ニュースリ… 2018年下半期 映画監督・俳優の人気ランキング発表…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000008641.html株式会社つみきのプレスリリース(2018年12月27日 13時07分)2018年下半期 映画監督・俳優の人気ランキング発表!吉沢亮、アン・ハサウェイがNo.1《Filmarks調べ》

クイーン映画、100億円突破・動員727万人

クイーン映画、100億円突破・動員727万人

公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入が100億円を突破した。23日、配給の20世紀フォックス映画が発表した。観客動員数は22日時点で約727万 …  YOMIURI ONLINE(読売新聞) クイーン映画、100億円突破・動員727万人https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190123-OYT1T50068.html 公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入が100億円を突破した。23日、配給の20世紀フォックス映画が発表した。観客動員数は22日時点で約727万人。

【全米映画ランキング】「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2 「ボーダーライン」続編は3位デビュー

【全米映画ランキング】「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がV2 「ボーダーライン」続編は3位デビュー

映画.com ニュース]独立記念日前の週末を迎えた全米ボックスオフィス。先週末は3本の新作がトップ10に入るも、前週大ヒットスタートを切った「ジュラシック・ …  映画.com 【全米映画ランキング】「ジュラシック・ワールド…https://eiga.com/news/20180703/12/独立記念日前の週末を迎えた全米ボックスオフィス。先週末は3本の新作がトップ10に入るも、前週大ヒットスタートを切った「ジュラシック・ワールド炎の王国」が約6000万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。同作の10日間の累計は約2億6480