映画・エンタメ

ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』が満足度第1位!

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

仏映画『最強のふたり』ハリウッドリメイク版が首位デビュー!

仏映画『最強のふたり』ハリウッドリメイク版が首位デビュー!

先週末(1月11日~1月13日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、大ヒットフランス映画『最強のふたり』のハリウッドリメイク版『ジ・アップサイド(原題) …  シネマトゥデイ 仏映画『最強のふたり』ハリウッドリメイク版が首…https://www.cinematoday.jp/news/N0106157先週末(1月11日~1月13日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、大ヒットフランス映画『最強のふたり』のハリウッドリメイク版『ジ・アップサイド(原題) / The Upside』が、興行収入2,035万5,000ドル(約22億円)で首位デビューを果たした。

『死霊館のシスター』シリーズ最高のヒットを記録して全米No.1スタート!

『死霊館のシスター』シリーズ最高のヒットを記録して全米No.1スタート!

2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行 … がホラー映画で歴代1位の興行収入となり話題になったが、「死霊館」シリーズの過去4作品すべてが歴代ホラー映画の世界興行収入ランキングでトップ20位 …  www3.cinematopics.com 『死霊館のシスター』シリーズ最高のヒットを記録…http://www3.cinematopics.com/archives/92694

「ボヘミアン・ラプソディ」興収53億円超え 今年公開洋画2位に浮上 トップも射程

「ボヘミアン・ラプソディ」興収53億円超え 今年公開洋画2位に浮上 トップも射程

ボヘミアン・ラプソディ」興収53億円超え 今年公開洋画2位に浮上 トップも射程 … ともに右肩上がりという異例のヒットが続く映画「ボヘミアン・ラプソディ」(監督ブライアン・ … 最終的には80億以上が見込まれ、今年公開された洋画の中で興収1位が射程圏内に … アラサー女子が結婚したいマンガのキャラクターランキングベスト.  ニュース&エンタメ情報『… 「ボヘミアン・ラプソディ」興収53億円超え 今年…https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8173659 伝説の英ロックバンド「クイーン」の軌跡をボーカルの故フレディ・マーキュリーさん(享年45)を中心に描き、11月9日の公開か..

『ファンタスティック・ビースト』100万人突破の大ヒットスタート!【今週の映画ランキング】

『ファンタスティック・ビースト』100万人突破の大ヒットスタート!【今週の映画ランキング】

今週の映画動員ランキングは、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、土日2日間で57万人、興収8億5400万円をあげ堂々の初登場1位を獲得。  シネマズ PLUS 『ファンタスティック・ビースト』100万人突破の大…https://cinema.ne.jp/news/jpboxoffice2018112706/『ファンタスティック・ビースト』最新作が初登場1位を獲得!『ボヘミアン・ラプソディ』は2位にランクイン!

東野圭吾も赤面?櫻井翔、「ラプラスの魔女」低迷で“ジャニ買い”現象が発生!

東野圭吾も赤面?櫻井翔、「ラプラスの魔女」低迷で“ジャニ買い”現象が発生!

監督の名前でラプラスを公開前から見切っている映画ファンも大勢いました。 … とは、ランキングに反映される週末、“熱烈ジャニーズファン”が、シネコンで一般客が … ですが、土日の動員ランキングに少なからず“効果”を出していることは確かです。  ニコニコニュース 東野圭吾も赤面?櫻井翔、「ラプラスの魔女」低迷…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3502761 ゴールデンウィークに大きな期待を集めた話題作が先細り必至の状況だとか。「泣く子も黙るベストセラー作家・東野圭吾の原作で、嵐の櫻井翔、広瀬すずらの知名度抜群の出演者をこれでもかと集めた映画『ラプラスの魔女』ですが、ネット上のあまりの酷評の…