映画・エンタメ

ワーナー・ブラザースの「ランペイジ」が初登場首位-北米映画興収

投稿日:

調査会社コムスコアが電子メールで15日配布した資料によれば、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のドウェイン・ジョンソンが主演したランペイジの興行収入は推計3450万ドル(約37億円)。ボックス・オフィス・プロのアナリストらは3650万ドルと予想していた。先週首位だったパラマウント・ピクチャーズのホラー映画「ア・ …

-映画・エンタメ

関連記事

【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年3月6日~3月12日)

【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年3月6日~3月12日)

コミックレンタル · 映画レビュー · Tチケット · 光回線 · TSUTAYAアルバイト募集 · エンタメニュース · TSUTAYA R18 · Tポイント/Tカード · Tポイント/Tカードトップ · Tカードについて · Tマネーについて · Tポイント提携先一覧 · Tポイント履歴 · 登録情報を確認する · キャンペーンで貯める · ゲームで貯める · クイズで貯める · 商品交換 …  T-SITE 【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年3月6…http://top.tsite.jp/news/magazine/i/39141255/「TSUTAYA 三軒茶屋店」(東京・世田谷区)では今どんな本が売れているのか。多彩なラインナップとなった最新のBOOK総合売上ランキングを一挙 …

ぴあ映画初日満足度ランキング 人気アニメシリーズが1、2位を占める

ぴあ映画初日満足度ランキング 人気アニメシリーズが1、2位を占める

ぴあ映画生活は、4月13日、14日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、トップになったのは、私立探偵、黒ずくめの組織、公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の人物・安室透が重要人物として登場するシリーズ22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』。やはり、コナンの人気は根強い。  OVO [オーヴォ] ぴあ映画初日満足度ランキング 人気アニメシリー…https://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-1149551 ぴあ映画生活は、4月13日、14日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、トップになったのは、私立探偵、黒ずくめの組織、公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の人物・安室透が重要人物として登場するシリーズ22作目『名探偵コナン ゼロの執行人』。やはり、コナンの人気は根強い。…

ジョン・ウォーターズが選ぶ18年映画ベスト10

ジョン・ウォーターズが選ぶ18年映画ベスト10

ピンク・フラミンゴ』のジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2018年の映画ベスト10が、アメリカのアート誌「ARTFORUM」12月号 … トップ10のランキングは以下の通り。  webDICE ジョン・ウォーターズが選ぶ18年映画ベスト10 – we…http://www.webdice.jp/topics/detail/5717/かつてアップリンクが発行していた雑誌『骰子』がウェブマガジン「webDICE(ウェブダイス)」として東京を拠点に映画、音楽、演劇、アートなど充実したカルチャー情報をお届けします。ユーザーがイベント情報を自由に投稿できる掲示板「イベント告知」のサービスもありますので、会員登録をして宣伝にお役立てください。

あなたは見た?2018年日本を震え上がらせたホラー映画10選

あなたは見た?2018年日本を震え上がらせたホラー映画10選

映画.com ニュース] 近年、ホラー映画には大きなふたつのブームが到来している。「クワイエット・プレイス」に代表される何かが制限されるシチュエーションホラー …  映画.com あなたは見た?2018年日本を震え上がらせたホラー…https://eiga.com/news/20181223/6/近年、ホラー映画には大きなふたつのブームが到来している。「クワイエット・プレイス」に代表される何かが制限されるシチュエーションホラーと、「イット・カムズ・アット・ナイト」などの対象が見えない観念的な恐怖を描くホラーだ。ふたつのブームに共通す

「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の映画”動員数トップ10入り!

「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の映画”動員数トップ10入り!

… 現在も各劇場で完売が続出するなど社会現象化しつつある。今後、さらにランキングを上げる可能性は高く、今年の下半期の映画界の台風の目となりそうだ。  スポーツ報知 「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の…https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180807-OHT1T50022.html 製作費約300万円の低予算作品ながら、口コミによるヒットで話題の映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)が、6日に発表された全国映画トップ10(8月4、5日・興行通信社調べの観客動員数)で10位に入る快挙を達成した。