映画・エンタメ

初登場3位『孤狼の血』は「東映復活」の鍵となる超重要作

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』が動員ランキングV2!

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』が動員ランキングV2!

そのほか新作では、岡田磨里が監督を務め、P.A.WORKSが制作を担当したアニメーション映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が初登場5位になった。公開11週目に入った『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(全国361館)は10位につけており、4大ヒーロー、科学忍者隊ガッチャマン、宇宙の騎士テッカマン、破裏拳 …  ぴあ映画生活 ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』が…http://cinema.pia.co.jp/news/173587/74098/ぴあ映画生活による映画関係のニュースを毎日お届けします!新作映画情報はもちろん、ここでしか観られない特別動画、試写会やPRイベント情報、レポートなどを完全網羅。

映画興行成績:「映画ドラえもん」最新作が初登場首位 「ブラックパンサー」など新作6本登場

映画興行成績:「映画ドラえもん」最新作が初登場首位 「ブラックパンサー」など新作6本登場

5日に発表された3、4日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の宝島」(今井一暁監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約71万7000人を動員し、興行収入は約8億4300万円を記録。昨年、約44億3000万円のヒットを記録 …  MANTANWEB(まんたんウェブ) 映画興行成績:「映画ドラえもん」最新作が初登場…https://mantan-web.jp/article/20180306dog00m200004000c.html 5日に発表された3、4日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の宝島」…

『リメンバー・ミー』が首位獲得!ミゲル役の少年の美声も堪能できるサントラが人気に

『リメンバー・ミー』が首位獲得!ミゲル役の少年の美声も堪能できるサントラが人気に

日本語吹替版のシシド・カフカによるエンドソングや、ミゲルを演じた石橋陽彩の美声も堪能できるサウンドトラックを映画鑑賞後に購入する人も多く、4月2日付けの … その他、少女漫画が原作の『honey』が9位、リーアム・ニーソン主演のサスペンス『トレイン・ミッション』が10位になるなど、洋画がランキングの半分以上を占めた。  ニュースウォーカー 『リメンバー・ミー』が首位獲得!ミゲル役の少年…https://news.walkerplus.com/article/142428/例年以上の暖かさで、お花見シーズン真っ只中となった3月31日・4月1日の動員ランキングは、『リメンバー・ミー』が3週目にしてついに首位を獲得した。■ 美しいメロディにハマるリピーターが増加同作は土日2日間で動員32万8000人、興収3億79…

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

第2位は、2017年に放送されたテレビシリーズの主人公ウルトラマンジードが強大な敵に立ち向かっていく『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』。第3位は、1980年から2010年の激動の韓国現代史を背景に、国家という巨大ピラミッドにおける金と権力の駆け引きを描き、2017年の韓国の映画賞レースを席巻した『ザ・ …  プレスリリース・ニュースリ… ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000789.000011710.htmlぴあ株式会社のプレスリリース(2018年3月12日 19時50分)ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『北の桜守』

ぴあ映画初日満足度ランキング 韓国現代史の悲劇を描いた作品が1位に

ぴあ映画初日満足度ランキング 韓国現代史の悲劇を描いた作品が1位に

ぴあ映画生活は、4月20日、21日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。 それによると、第1位は、実在の人物をモチーフに、韓国現代史最大の悲劇とも言われる光州事件をタクシー運転手とドイツ人記者の視点から描いた『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』に。観た人の中からは「このようなタクシー …  OVO [オーヴォ] ぴあ映画初日満足度ランキング 韓国現代史の悲劇…https://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-1151658 ぴあ映画生活は、4月20日、21日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。 それによると、第1位は、実在の人物をモチーフに、韓国現代史最大の悲劇とも言われる光州事件をタクシー運転手とドイツ人記者の視点から描いた『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』に。観た人の中からは「このようなタクシー…