映画・エンタメ

映画「アベンジャーズ/エンドーム」、興奮・感動・ユーモア全てが詰まった衝撃作でディズニー史上最高の …

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

北米映画興行収入=ホラー「ラ・ヨローナ 泣く女」が初登場1位

北米映画興行収入=ホラー「ラ・ヨローナ 泣く女」が初登場1位

ロサンゼルス 21日 ロイター] – バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、メキシコの民間伝承を下敷きとしたホラー「ラ・ヨローナ 泣く …  JP 北米映画興行収入=ホラー「ラ・ヨローナ 泣く女…https://jp.reuters.com/article/awards-oscars-idJPKCN1RY03Hバラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、メキシコの民間伝承を下敷きとしたホラー「ラ・ヨローナ 泣く女」が2650万ドル(約29億7…

公開わずか15日で動員200万人突破 『いま、会いにゆきます』韓国リメイク版、来春公開決定

公開わずか15日で動員200万人突破 『いま、会いにゆきます』韓国リメイク版、来春公開決定

今もなお、日本における韓国映画の歴代興行ランキング1位を誇る、『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンがヒロイン役を務め、14年ぶりの恋愛映画に挑戦した …  Real Sound|リアルサウンド … 公開わずか15日で動員200万人突破 『いま、会いに…https://realsound.jp/movie/2018/11/post-276011.html韓国映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』 が2019年春より公開されることが決定し、特報映像とティザービジュアルが公開された。  本作は、2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説『いま、会いにゆきます』を韓国で映画化したもの…

藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化

藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化

映画.com ニュース] 「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一氏のスパイアクション小説「太陽は動かない」が、藤原竜也主演、羽住英一郎監督のメガホンで映画& …  映画.com 藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む…https://eiga.com/news/20180731/2/「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一氏のスパイアクション小説「太陽は動かない」が、藤原竜也主演、羽住英一郎監督のメガホンで映画&連続ドラマ化されることがわかった。日本映画界の総力を結集するほか、海外での大規模ロケを敢行し、“映像化不可能”

80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアクション映画!?

80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアクション映画!?

平成も終わろうという今振り返れば、すでに「歴史」の域に組み込まれつつある80年代。昭和どっぷりの御仁が「面白かった」と思い出す洋画ランキングをCM …  OVO [オーヴォ] 80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアク…https://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-1262035 平成も終わろうという今振り返れば、すでに「歴史」の域に組み込まれつつある80年代。昭和どっぷりの御仁が「面白かった」と思い出す洋画ランキングをCMサイト(東京)が発表してくれた。それによると、アメリカの“スカッとアクション系”が多く、1位はスピード感あふれる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が選ばれた…

『リメンバー・ミー』公開3週目で初の首位

『リメンバー・ミー』公開3週目で初の首位

3月31日〜4月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開3週目を迎えた『リメンバー・ミー』が、週末土日動員32万8000人、興収3億7900万円を上げ、初の首位に輝いた。興収ベースでは公開から3週連続のトップという素晴らしいスタートを切り、累計でも動員216万人、興収26億円を突破している。  BIGLOBEニュース 『リメンバー・ミー』公開3週目で初の首位|BIGLOB…https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0403/hwc_180403_8359873294.html3月31日~4月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開3週目を迎えた『リメンバー・ミー』が、週末土日動員32万8000人、興収3億7900万…(2018年04月03日 11時40分00秒)