映画・エンタメ

映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』IMAX(R)3D上映決定!! 最高級の設備環境で体感出来る …

投稿日:

映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』IMAX(R)3D上映決定! … チャートの上位にランキングされミレニアル世代を中心に幅広い観客に支持される注目のアーティスト。監督は、ドキュメンタリー映画の分野で名を馳せ、『THE LIVING SEA』(1995・ …

-映画・エンタメ

関連記事

『カメラを止めるな!』150館まで拡大決定 日本全国47都道府県で上映

『カメラを止めるな!』150館まで拡大決定 日本全国47都道府県で上映

2館から公開がスタートした『カメラを止めるな!』が、全国150館まで拡大公開されることが8月9日、わかった。これにより日本全国47都道府県で上映されることに …  カナロコ|神奈川新聞ニュース 『カメラを止めるな!』150館まで拡大決定 日本全…http://www.kanaloco.jp/article/352556 2館から公開がスタートした『カメラを止めるな!』が、全国150館まで拡大公開されることが8月9日、わかった。これにより日本全国47都道府県で上映されることになる。

新曲続々!今注目の歌詞ランキング1位は桜井日奈子×吉沢亮ダブル主演映画『ママレード・ボーイ』主題歌

新曲続々!今注目の歌詞ランキング1位は桜井日奈子×吉沢亮ダブル主演映画『ママレード・ボーイ』主題歌

歌詞検索サービス「歌ネット」が、3月29日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。 注目度ランキングとは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定するもの。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」の …  ニコニコニュース 新曲続々!今注目の歌詞ランキング1位は桜井日奈子…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3399640歌詞検索サービス「歌ネット」が、3月29日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。注目度ランキングとは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定するもの。通常の…

『劇場版コード・ブルー』初登場1位! 公開3日間で15億円突破の大ヒットスタート

『劇場版コード・ブルー』初登場1位! 公開3日間で15億円突破の大ヒットスタート

7月28~29日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』が、初週土日動員81万1000人、興収10 …  ニコニコニュース 『劇場版コード・ブルー』初登場1位! 公開3日間で…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3716461 7月28~29日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』が、初週土日動員81万1000人、興収10億9600万円をあげ、初登場1位に輝いた。7月27日からの3日間の累計は動員1…

松岡茉優、人気俳優ナンバー1に!2018年上半期のランキングをFilmarksが発表

松岡茉優、人気俳優ナンバー1に!2018年上半期のランキングをFilmarksが発表

映画レビューサービス「Filmarks」(フィルマークス)が、サービス内のデータに基づいた俳優と映画の「2018年上半期の人気ランキング」を発表した。国内俳優の …  ニコニコニュース 松岡茉優、人気俳優ナンバー1に!2018年上半期のラ…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3657590 映画レビューサービス「Filmarks」(フィルマークス)が、サービス内のデータに基づいた俳優と映画の「2018年上半期の人気ランキング」を発表した。国内俳優の部門の第1位には、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』に出…

吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見

吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見

「3部作の最終章であり、吉永出演120作目の映画ですから、東映もかなり宣伝に金をかけていますね。舞台挨拶やキャンペーンはよくあることですが、一方で、72歳の大女優に日本全国を回らせるのですから、裏を返せば興行収入に不安があるとも言えるでしょう。高齢者にとっては絶対的な人気を誇る女優ですから、地方の …  ニコニコニュース 吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3353566(C)まいじつ3月10日に女優の吉永小百合が主演する映画『北の桜守』の初日舞台挨拶に登壇した。本作は『北の零年』『北のカナリアたち』に続く“北の3部作”の最終章にあたり、吉永にとっても通算120本目の出演映画とあって、配給元の東映もプロ…