映画・エンタメ

櫻井翔主演映画『ラプラスの魔女』が初登場1位

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の映画”動員数トップ10入り!

「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の映画”動員数トップ10入り!

… 現在も各劇場で完売が続出するなど社会現象化しつつある。今後、さらにランキングを上げる可能性は高く、今年の下半期の映画界の台風の目となりそうだ。  スポーツ報知 「カメラを止めるな!」製作費約300万円“奇跡の…https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180807-OHT1T50022.html 製作費約300万円の低予算作品ながら、口コミによるヒットで話題の映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)が、6日に発表された全国映画トップ10(8月4、5日・興行通信社調べの観客動員数)で10位に入る快挙を達成した。

『ミッション:インポッシブル』新作V2!実写版プーさんに勝利【全米ボックスオフィス考】

『ミッション:インポッシブル』新作V2!実写版プーさんに勝利【全米ボックスオフィス考】

先週末(8月3日~8月5日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が興行収入3,532 …  ニコニコニュース 『ミッション:インポッシブル』新作V2!実写版プ…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3735872 先週末(8月3日~8月5日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が興行収入3,532万3,815ドル(約39億円)を稼ぎ出し、2週連続となる首位に輝いた。(数字…

「アクアマン」が初登場1位-北米映画業界、年間興収記録を更新

「アクアマン」が初登場1位-北米映画業界、年間興収記録を更新

週末の北米映画興行収入ランキングで、 AT&T傘下ワーナー・ブラザースの「アクアマン」が初登場1位となった。北米業界の興行収入は2016年に記録した過去 …  Bloomberg.com 「アクアマン」が初登場1位-北米映画業界、年間…https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-25/PK9KZ26JTSE901週末の北米映画興行収入ランキングで、AT&T傘下ワーナー・ブラザースの「アクアマン」が初登場1位となった。北米業界の興行収入は2016年に記録した過去最高の113億8300万ドル(約1兆2600億円)を、23日時点で若干上回ったと調査会社コムスコアは推計している。

【映画ランキング】『ハン・ソロ』が『万引き家族』のV4を阻止してトップに!

【映画ランキング】『ハン・ソロ』が『万引き家族』のV4を阻止してトップに!

6月30~7月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、初週土日動員37万5293人、興収4億9938 …  クランクイン!- エンタメの… 【映画ランキング】『ハン・ソロ』が『万引き家族…https://www.crank-in.net/news/57162 6月30~7月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ハン・ソロ/…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』、日本の2018年公開映画の興行収入ランキングで1位に

映画『ボヘミアン・ラプソディ』、日本の2018年公開映画の興行収入ランキングで1位に

… ランキング2位である『名探偵コナン ゼロの執行人』の91.8億円を抜いて、邦画と洋画を合わせた2018年公開映画の興行収入ランキングでトップに立っている。  nme-jp.com 映画『ボヘミアン・ラプソディ』、日本の2018年公…https://nme-jp.com/news/66904/クイーンのキャリアを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が日本において2018年に公開された映画の興行収入ランキングで1位になったことが明らかになっている。…