映画・エンタメ

炎上案件「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒット!完成まで8年間の紆余曲折

投稿日:

ボヘミアン・ラプソディ」が日本でも公開され、興行ランキングで見事首位デビューの快挙を成し遂げました。日本に … 本作について私の正直な感想は、「この映画が完成する日が、本当にやって来るとは思っていませんでした」ということになります。

-映画・エンタメ

関連記事

<映画興行成績>「シュガー・ラッシュ」続編がV3 「ラブライブ!サンシャイン!!」劇場版は8位発進

<映画興行成績>「シュガー・ラッシュ」続編がV3 「ラブライブ!サンシャイン!!」劇場版は8位発進

映画興行成績>「シュガー・ラッシュ」続編がV3 「ラブライブ! … 7日に発表された5、6日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、ディズニー・ … 累計では動員612万人、興行収入84億円を超え、昨年公開の洋画1位となった。 ほかにも …  Yahoo!ニュース <映画興行成績>「シュガー・ラッシュ」続編がV3…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000020-mantan-ent7日に発表された5、6日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、ディズ – Yahoo!ニュース(まんたんウェブ)

『走れ!T校バスケット部』志尊淳、業界初スーパーコラボレーション

『走れ!T校バスケット部』志尊淳、業界初スーパーコラボレーション

実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が11月3日より公開中!ぴあ映画満足度ランキングで2位になる …  report.cinematopics.com 『走れ!T校バスケット部』志尊淳、業界初スーパー…http://report.cinematopics.com/archives/43021

『君の膵臓をたべたい』が開幕作に!!韓国でますます高まる日本アニメの存在感

『君の膵臓をたべたい』が開幕作に!!韓国でますます高まる日本アニメの存在感

最終的に累計観客動員数46万4575人を記録し、2017年に韓国で公開された日本映画の中で興行ランキング4位となっている。 (参考記事:『君の名は。』に続き、 …  Yahoo!ニュース 個人 『君の膵臓をたべたい』が開幕作に!!韓国でますま…https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180824-00094163/8月23日から始まった第22回ソウル国際漫画アニメーションフェスティバル。その開幕作に日本でも9月公開の『君の膵臓を食べたい』が選ばれた。韓国でも高まる日本アニメの存在感に注目したい。

「ドラゴンボール」「この世界の片隅に」「ラブライブ!」「Fate」!平成最後のお正月映画はアニメが席巻

「ドラゴンボール」「この世界の片隅に」「ラブライブ!」「Fate」!平成最後のお正月映画はアニメが席巻

真夏の真っ只中に気の早い話題かも知れないが、この年末年始の映画興行が”アニメ"尽くしになる。しかもいずれもが訴求力の高いタイトルで、多くの実写映画を …  Movie Walker 「ドラゴンボール」「この世界の片隅に」「ラブラ…https://movie.walkerplus.com/news/article/156242/真夏の真っ只中に気の早い話題かも知れないが、この年末年始の映画興行が”アニメ"尽くしになる。しかもいずれもが訴求力の高いタイトルで、多くの実写映画を動員面で圧倒しそうな機運となりそうだ。■ クリスマスシーズンは、洋邦アニメ話題作まみれ!今…

野村萬斎主演「七つの会議」が初登場首位 「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ」続編は5位発進

野村萬斎主演「七つの会議」が初登場首位 「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ」続編は5位発進

4日に発表された2、3日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、狂言師の野村萬斎さん主演の「七つの会議」(福澤克雄監督)が、初登場で首位を …  毎日新聞 映画興行成績:野村萬斎主演「七つの会議」が初登…https://mainichi.jp/articles/20190205/dyo/00m/200/010000c 4日に発表された2、3日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、狂言師の野村萬斎さん主演の「七つの会議」(福澤克雄監督)が、初登場で首位を獲得した。土日2日間で約26万人を動員し、興行収入は約3億3400万円を記録。公開初日の1日から3日間の累計では、動員で約35万1000人、興行収入