映画・エンタメ

超話題作の続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』ヒロインに乃木坂46・白石麻衣が決定!

投稿日:

2018年11月に公開され興行収入19.6億円を超える大ヒットを記録した映画『 … 集め、興行収入ランキング邦画実写作品として4週連続1位を記録(興行通信社調べ)。 … メガホンを取るのは前作に引き続き、リングなどで知られる日本ホラー映画界の …

-映画・エンタメ

関連記事

新海誠監督『天気の子』原作小説が1位 映画と共に小説もヒット【オリコンランキング】

新海誠監督『天気の子』原作小説が1位 映画と共に小説もヒット【オリコンランキング】

新海誠監督の新作映画『天気の子』(7月19日公開)の原作小説『小説 天気の子』が、初週9.9万部を売り上げ、最新7/29付オリコン週間文庫ランキング(集計 …  上毛新聞 新海誠監督『天気の子』原作小説が1位 映画と共に…https://www.jomo-news.co.jp/life/oricon/148484 新海誠監督の新作映画『天気の子』(7月19日公開)の原作小説『小説 天気の子』が、初週9.9万部を売り上げ、最新7/29付オリコン週間文庫ランキング(集…

アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」8月公開

アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」8月公開

映画.com ニュース]仏アヌシー国際アニメーション映画祭審査員賞と最優秀作品賞をダブル受賞した長編アニメーション「La Jeune fille sans mains(原題)」が「 …  映画.com アヌシーアニメ映画祭ダブル受賞作「大人のための…http://eiga.com/news/20180512/1/仏アヌシー国際アニメーション映画祭審査員賞と最優秀作品賞をダブル受賞した長編アニメーション「LaJeunefillesansmains(原題)」が「大人のためのグリム童話手をなくした少女」の邦題で8月公開する。新鋭セバスチャン・ローデンバッ

『ボヘミアン・ラプソディ』130億円突破!実写洋画の歴代9位に

『ボヘミアン・ラプソディ』130億円突破!実写洋画の歴代9位に

昨年公開され日本で社会現象を巻き起こした映画『ボヘミアン・ラプソディ』の国内での興行収入 … なお、歴代実写洋画ランキング1位から8位は以下の通り。  シネマトゥデイ 『ボヘミアン・ラプソディ』130億円突破!実写洋画…https://www.cinematoday.jp/news/N0108625昨年公開され日本で社会現象を巻き起こした映画『ボヘミアン・ラプソディ』の国内での興行収入が、130億円を突破したことが明らかになった。

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

普段は声優をする人たちが演技をしているのは新鮮で、もっとこういう映画が増えたらいいなと思った。5人の中では森久保祥太郎さんの声の感じと演技が良かっ … ぴあ映画初日満足度調査とはぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表 …  プレスリリース・ニュースリ… ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『機…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000843.000011710.htmlぴあ株式会社のプレスリリース(2018年5月7日 19時40分)ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

【カンヌ国際映画祭】是枝裕和監督最新作『万引き家族』がコンペティション部門に正式出品!

【カンヌ国際映画祭】是枝裕和監督最新作『万引き家族』がコンペティション部門に正式出品!

三度目の殺人』の是枝監督最新作『万引き家族』(6月8日公開)が、5月8日~5月19日開催の第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】へ正式出品することが決定した。是枝監督作品としては、コンペティション部門では『海街diary』から3年ぶり、5回目の出品(カンヌ国際映画祭への出品は、7回目)。2004年『誰も知ら …  T-SITE 【カンヌ国際映画祭】是枝裕和監督最新作『万引き…http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/39499173/index『三度目の殺人』の是枝監督最新作『万引き家族』(6月8日公開)が、5月8日~5月19日開催の第71回カンヌ国際映画祭【コンペティション部門】へ正式出品することが決定した。是枝監督作品としては、コンペティション部門では『海街diary』から3年ぶり、5回目の出品(カンヌ国際映画祭への出品は、7回目)。2004年『誰も知…