映画・エンタメ

野村萬斎主演「七つの会議」が初登場首位 「雪の華」は3位、「メリー・ポピンズ」続編は5位発進

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

2200万人のゲオユーザが決める!レンタルDVD[洋画]Top5【2019年3月18日~3月24日ランキング】

2200万人のゲオユーザが決める!レンタルDVD[洋画]Top5【2019年3月18日~3月24日ランキング】

全国1200のゲオショップの洋画レンタルDVD売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位に輝いたのは『デス・ウィッシュ』!何者かに家族を …  エキサイトニュース 2200万人のゲオユーザが決める!レンタルDVD[洋画…https://www.excite.co.jp/news/article/Magazinekuchico_18427/全国1200のゲオショップの洋画レンタルDVD売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位に輝いたのは『デス・ウィッシュ』!何者かに家族を傷つけられた外科医が自ら銃をとり、復讐に乗り出す…

【今週の映画ランキング】『リメンバー・ミー』が3週目にして首位獲得!

【今週の映画ランキング】『リメンバー・ミー』が3週目にして首位獲得!

5週目を迎えた『映画ドラえもん のび太の宝島』は、土日2日間で動員28万9000人、興収3億1200万円をあげ3位に留まり、累計では動員371万人、興収42億円を超え、新シリーズ最高興収の44.3億円まであと2億円と、記録更新に王手をかけた。 スティーヴン・スピルバーグ監督の社会派ドラマ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高 …  シネマズ by 松竹 【今週の映画ランキング】『リメンバー・ミー』が3…https://cinema.ne.jp/news/jpboxoffice2018040300/今週の映画ランキングをお届けします!

映画俳優のコスパ番付 アメコミ勢が上位独占、最下位はマコナヒー

映画俳優のコスパ番付 アメコミ勢が上位独占、最下位はマコナヒー

映画俳優のコスパ番付 アメコミ勢が上位独占、最下位はマコナヒー … フォーブスが映画俳優を投資利益率(ROI)で順位付けする毎年恒例のランキングでは …  Forbes JAPAN(フォーブス ジ… 映画俳優のコスパ番付 アメコミ勢が上位独占、最…https://forbesjapan.com/articles/detail/24678ハリウッドで最もコストパフォーマンスの高い俳優は? その答えは、アメコミ原作の大作シリーズに出演する俳優たちだ。フォーブスが映画俳優を投資利益率(ROI)で順位付けする毎年恒例のランキングでは今年、スーパーヒーロー俳優が上位を独占した。1位

映画興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV5 「孤狼の血」は3位発進

映画興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV5 「孤狼の血」は3位発進

14日に発表された12、13日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「 …  ニコニコニュース 映画興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV5 …http://news.nicovideo.jp/watch/nw3518370?news_ref=70_70 14日に発表された12、13日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)が5週連続で首位を獲得した。土日2日間で…

『ボヘミアン・ラプソディ』ヒットから導き出す 2019年のエンタメトレンドは「リイマジンド=再創造」

『ボヘミアン・ラプソディ』ヒットから導き出す 2019年のエンタメトレンドは「リイマジンド=再創造」

… 円)に次いで、今年の洋画興行収入ランキング2位に躍り出た『ボヘミアン・ラブソディ』。 … 関連作品をも生み出した映画音楽の圧倒的な魅力 … 米国内でも、楽曲人気が映画の観客増に貢献したという評価もあるほど、音楽は圧倒的な魅力を放つ。  BIGLOBEニュース 『ボヘミアン・ラプソディ』ヒットから導き出す 2…https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1222/ori_181222_9818966381.html興行収入が53億円を突破し、『ジュラシック・ワールド2炎の王国』(81億円)に次いで、今年の洋画興行収入ランキング2位に躍り出た『ボヘミアン・ラブソディ』。その…(2018年12月22日 09時10分00秒)