音楽・アーティスト

「ピアニスタ」,Nintendo SwitchのDLランキング4位に。アップデートを近日実施

投稿日:

-音楽・アーティスト

関連記事

BLACKPINK ビルボードのメインチャート

BLACKPINK ビルボードのメインチャート

BLACKPINKは、このほかにも、ビルボードのワールドアルバムチャートで「DDU-DU DDU-DU」が1位となったほか、新鋭アーティストのランキング「エマージング・ …  world.kbs.co.kr BLACKPINK ビルボードのメインチャートhttp://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Cu_detail.htm?No=68480韓国の人気ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)が、アメリカのビルボードのメインチャート2つに同?

ラルク、結成25周年ドームライブ収録のBDがオリコン初登場1位を獲得

ラルク、結成25周年ドームライブ収録のBDがオリコン初登場1位を獲得

また、同日発売のDVDは、初週売上0.6万枚で同日付週間DVDランキング5位に初登場。あわせて、音楽DVDとBDの売上を合算した週間ミュージックDVD・BD …  楽天WOMAN l'arc~en~cielのニュース – ラルク、結成25…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_161080/ラルク、結成25周年ドームライブ収録のBDがオリコン初登場1位を獲得, L’Arc~en~Cielの最新ライブBlu-ray Disc『25th L’Anniversary LIVE』(5月30日発売)が、発売初週に2.4万枚を売り上げ、今週発表の6月11日付オリコン週間BDランキング(集計期間:5月28日~6月3日)で初登場1位を獲得した。 また、同…

【上半期ネットニュースランキング】菅田将暉が1位 俳優&歌手で大活躍

【上半期ネットニュースランキング】菅田将暉が1位 俳優&歌手で大活躍

昨年の年間ランキングで2位だった俳優・歌手の菅田将暉(25)が、【154回】で1位を獲得。2位 … なか、7位は【111回】で歌手の安室奈美恵(40)、8位は【104回】で音楽プロデューサーの … □『2018上半期タレントネットニュースランキング』 … 人気K-POPアーティスト「MYNAME」に会える、MYNAME×K-FOOD(韓国食品)『 …  ORICON NEWS 【上半期ネットニュースランキング】菅田将暉が1位…https://www.oricon.co.jp/news/2116239/full/ニュース| メディアの調査・測定を行うニホンモニターは26日、「Yahoo!トピックス」と「LINENEWS」を対象にした『2018上半期タレントネットニュースランキング』を発表した。昨年の年間ランキングで2位だった俳優・歌手の菅田将暉(25)が、【154回】で1位を獲得。2位は【130回】で女優の広瀬すず(20)、3位は【126回…

声優・斉藤壮馬の1stアルバムが人気沸騰! TSUTAYAアニメストア12月音楽ランキング

声優・斉藤壮馬の1stアルバムが人気沸騰! TSUTAYAアニメストア12月音楽ランキング

TSUTAYAアニメストア12月音楽ランキング … 山口忠役で知られる斉藤壮馬が、2017年6月にアーティストデビューして以来初めて放つフルアルバムだ。シングル …  アニメ!アニメ! 声優・斉藤壮馬の1stアルバムが人気沸騰! TSUTAYA…https://animeanime.jp/article/2019/01/07/42539.htmlアニメ関連商品を販売する「TSUTAYAオンラインアニメストア」より、アニメCD部門の2018年12月度売上ランキングが発表された。1位を獲得したのは、声優・斉藤壮馬の1stアルバム「quantum stranger」。『BanG Dream!』シリーズからは各ユニットが上位に名を連ねた。

防弾少年団「ビルボード・ミュージック・アワード」で2年連続受賞!世界レベルの驚くべき活躍TOP5

防弾少年団「ビルボード・ミュージック・アワード」で2年連続受賞!世界レベルの驚くべき活躍TOP5

防弾少年団が韓国の歌手として初めて「2018 ビルボード・ミュージック・アワード」でライブを披露した。そして、2年連続トップソーシャルアーティスト部門を受賞 …  Kstyle 防弾少年団「ビルボード・ミュージック・アワード…http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2092793防弾少年団が韓国の歌手として初めて「2018 ビルボード・ミュージック・アワード」でライブを披露した。そして、2年連続トップソーシャルアーティスト部門を受賞という素晴らしい快挙。これこそレベルが違う… – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle