音楽・アーティスト

アリアナ・グランデ、音楽祭ビルボード・ミュージック・アワードを欠席した理由

投稿日:

音楽祭ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)の主要部門にノミネートされている … ヒットシングルを決める名物ランキングHOT100などを発表する米Billboardが主催 … をリリースしたばかりのテイラー・スウィフトら多くのトップアーティストがレッド …

-音楽・アーティスト

関連記事

乃木坂46のNewシングル『帰り道は遠回りしたくなる』がランキング1位

乃木坂46のNewシングル『帰り道は遠回りしたくなる』がランキング1位

乃木坂46のNewシングル『帰り道は遠回りしたくなる』がランキング1位 … 【タワーレコード全店J-POPシングルランキング】2018. 11.12-11.18 1. 帰り道は遠回りし …  ニフティニュース 乃木坂46のNewシングル『帰り道は遠回りしたくなる…https://news.nifty.com/article/entame/12245/12245-128711/【タワーレコードランキング 2018年11月12日〜11月18日】【タワーレコード全店J-POPシングルランキング】2018. 11.12-11.181. 帰り道は遠回りしたくなる : 乃木坂462.…

LINE MUSICで、2018年最も人気だった楽曲は菅田 将暉「さよならエレジー」。上半期に続き連続受賞!

LINE MUSICで、2018年最も人気だった楽曲は菅田 将暉「さよならエレジー」。上半期に続き連続受賞!

再生回数が最も多かったアーティストは「BTS (防弾少年団)」、次に「TWICE」。10代からの … 参考:2018年上半期ランキングを発表 菅田 将暉「さよならエレジー」 が総合 … LINE MUSICという若い世代の人たちが、いの一番に手にするような音楽 …  プレスリリース・ニュースリ… LINE MUSICで、2018年最も人気だった楽曲は菅田 将…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001424.000001594.htmlLINE株式会社のプレスリリース(2018年12月26日 13時30分)LINE MUSICで、2018年最も人気だった楽曲は菅田 将暉。上半期に続き連続受賞!

ヒップホップ年収ランキング「投資家兼ラッパー」が急浮上

ヒップホップ年収ランキング「投資家兼ラッパー」が急浮上

フォーブスは9月12日、「最も稼ぐヒップホップアーティスト」ランキングの2018年版を発表した。今回のランキングに44歳で初登場を果たしたのが、1994年の伝説 …  Forbes JAPAN(フォーブス ジ… ヒップホップ年収ランキング「投資家兼ラッパー」…https://forbesjapan.com/articles/detail/23020フォーブスは9月12日、「最も稼ぐヒップホップアーティスト」ランキングの2018年版を発表した。今回のランキングに44歳で初登場を果たしたのが、1994年の伝説的デビューアルバム「イルマティック」で知られるベテランラッパーのナズだ。現役のラ

【深ヨミ】高橋優 『プライド』 販売動向から見た最も支持されている地域とは

【深ヨミ】高橋優 『プライド』 販売動向から見た最も支持されている地域とは

期間内の東北ランキングではイベント販売等がよく行っているアーティストが販売数を伸ばし、上位にランクインしているのに対して、秋田県に絞ったランキングでは …  ニコニコニュース 【深ヨミ】高橋優 『プライド』 販売動向から見…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3584362 6月11日付Billboard JAPAN週間“Top Singles Sales”で高橋優『プライド』が17,443枚を売り上げ7位を獲得した。また、同日付"JAPAN Hot Animation”チャートでは表題曲が1位を獲得し…

乃木坂46「シンクロニシティ」でレコ大2連覇達成

乃木坂46「シンクロニシティ」でレコ大2連覇達成

音楽分野でも、発売した3作のシングルは全てミリオンセールスを達成。 … セールスランキングでも、103・3億円で、9月に引退した安室奈美恵さん(41)に続く2位。  nikkansports.com 乃木坂46「シンクロニシティ」でレコ大2連覇達成 …https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812300000780.html第60回日本レコード大賞が30日、東京・新国立劇場で発表され、乃木坂46が「シンクロニシティ」で大賞を2年連続受賞した。1959年(昭34)から続く60回目、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)