音楽・アーティスト

ニコ生「噂のニコメン情報局」2018年下半期ランキング大発表

投稿日:

結果、来場数・コメント数ランキングがともに3位となった「【テニミュ 2nd一挙放送 DAY3】全国大会 青学(せいがく)vs氷帝、春の大運動会2014、全国大会 青学( …

-音楽・アーティスト

関連記事

フォーブス誌“世界で最も稼ぐDJ”ランキング首位に変化 6年連続1位のカルヴィン・ハリスを抜いたのは?

フォーブス誌“世界で最も稼ぐDJ”ランキング首位に変化 6年連続1位のカルヴィン・ハリスを抜いたのは?

同誌のモニカ・マーキュリーは、「(ランキングの)TOP15に入ったアーティストたちは、 … 2019年のランキングでは、ハリスの連続首位にようやく終止符が打たれた。 … プライベート・パフォーマンス、広告契約、そして音楽セールスが主な収入源だ。  ニュース&エンタメ情報『… フォーブス誌“世界で最も稼ぐDJ”ラン…https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8871788経済誌フォーブスが2012年から毎年発表している“世界で最も稼ぐDJ”ランキングで、始めて首位の座を獲得したのはティエストで、こ..

東方神起が快挙達成!海外アーティスト歴代最多7作連続通算9作目のDVD首位記録更新

東方神起が快挙達成!海外アーティスト歴代最多7作連続通算9作目のDVD首位記録更新

その東⽅神起が開催した、海外アーティスト初となる3度目の全国5大ドームツアー『東⽅神起 LIVE TOUR 2017〜Begin Again〜』のLIVE DVD&Blu-rayが発売初週に3.7万枚を売り上げ、今週発表の4月2日付オリコン週間DVDランキングで初登場総合1位を獲得、『東⽅神起 LIVE TOUR 2015 WITH』(2015年8月19日 …  ニコニコニュース 東方神起が快挙達成!海外アーティスト歴代最多7作…http://news.nicovideo.jp/watch/nw34103092017年、復帰記念アルバム「FINE COLLECTION~Begin Again~」が、海外男性アーティストとしては初の6作目のオリコン週間1位を獲得するなど華麗なる再始動を果した東方神起。【写真】東方神起、クリスマス…

予約段階でAmazonランキング1位! 星野源のムック本『星野源 音楽の話をしよう』本日発売

予約段階でAmazonランキング1位! 星野源のムック本『星野源 音楽の話をしよう』本日発売

AERAムック『星野源 音楽の話をしよう』は、2016年4月から2017年3月まで雑誌『AERA』に掲載された星野の対談連載「音楽の話をしよう」を一冊にまとめた …  ニコニコニュース 予約段階でAmazonランキング1位! 星野源のムック…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3625680■星野源と12人のゲストがぼそぼそと雑談。「初めて聞く意外な一面や、ご本人のそのままが意外なほど記録されています」「ドラえもん」MVはこちらAERAムック『星野源 音楽の話をしよう』(朝日新聞出版)が本日6月27日、ついに発売され…

上から目線がヒドい? 日テレが嵐をディスっても許されているワケ

上から目線がヒドい? 日テレが嵐をディスっても許されているワケ

1999-2019』が6月26日の発売初日、男性アーティスト歴代1位記録となる72.9万枚を売り上げた(オリコンデイリーアルバムランキング調べ)。15年10月21日に …  エキサイトニュース 上から目線がヒドい? 日テレが嵐をディスっても許…https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_47035/嵐のベストアルバム『5×20AlltheBEST!!1999-2019』が6月26日の発売初日、男性アーティスト歴代1位記録となる72.9万枚を売り上げた(オリコンデイリーアルバムランキング調べ)。1…

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

の独自性はその審査基準にある。ファイナリストとして残ったアーティストやバンドは、TwitterやInstagram、YouTube、Yahoo!などSNSプラットフォームにおけるファンやリスナーからの人気の数値化によって競い合い、ソニーミュージック独自の音楽アルゴリズムを元に作られたランキング上で優勝を目指す。上位入賞するために …  Real Sound|リアルサウンド 多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時…http://realsound.jp/2018/03/post-171280.html「ヒットが生まれにくい」と言われて久しい日本の音楽シーン。 さまざまな音楽コンテンツやエンタメニュースが飛び交う今、レコード会社各社は、新たなヒット作品を作る次世代アーティストを見つける「オーディション」に注目している。 現在、国内では歴史あるレーベルから、音楽サービスさらにはプロモーターまで…