音楽・アーティスト

東方神起が「2018年年間ライブ観客動員ランキング」首位に!「あなたが選ぶベストライブ」金賞はLove …

投稿日:

2018年のベストライブ&ベストパフォーマンスアーティストなどライブファンズ大賞の結果を発表! 株式会社SKIYAKIのグループ会社である株式会社SKIYAKI …

-音楽・アーティスト

関連記事

KKBOX Japan 2018年間ランキング発表

KKBOX Japan 2018年間ランキング発表

2018年にメジャーデビューした邦楽アーティストに限定した新人ランキングでは、ドラマ「コンフデンスマンJP」の主題歌に起用され幅広い世代から支持され …  KKBOX KKBOX Japan 2018年間ランキング発表 – ニュース -…https://www.kkbox.com/jp/ja/column/showbiz-0-1529-1.html2018年、日本国内のKKBOXで最も再生された楽曲は、社会現象にもなり16年ぶりに紅白歌合戦に出場するDA PUMP「U.S.A.」となりました。続いて2位には菅田将暉「さよならエレジー」、3位にONE OK ROCK「Change」がラ…

米津玄師『Lemon』“史上最速”200万DL達成作品に認定

米津玄師『Lemon』“史上最速”200万DL達成作品に認定

米津玄師『Lemon』がまた新たな歴代記録を達成した。2018年12月までにDL数が累計200万を突破し、日本レコード協会より「"史上最速”200万DL達成作品」 …  ドワンゴジェイピーnews 米津玄師『Lemon』“史上最速”200万DL達成作品に認…https://news.dwango.jp/music/34310-1901米津玄師『Lemon』がまた新たな歴代記録を達成した。2018年12月までにDL数が累計200万を突破し、日本レコード協会より「"史上最速”200万DL達成作品」として認定を受けた。(シングルトラック・2018年12月31日付)合わせて、『Lemon』が2018年に発売された作品の中で唯一、年内にシングルトラックでミリオン以上の認定…

AAAがdTV発表の音楽ライブランキングで1位を獲得!TOP10に4作品ランクイン!!

AAAがdTV発表の音楽ライブランキングで1位を獲得!TOP10に4作品ランクイン!!

映像配信サービス「dTV」は、2018年の視聴者数の多かったライブのランキングを発表し、AAAがヘッドライナーを務めた国内最大級の音楽フェス「a-nation 2018 …  WWSチャンネル AAAがdTV発表の音楽ライブランキングで1位を獲得!…http://www.wws-channel.com/news2/117889.html映像配信サービス「dTV」は、2018年の視聴者数の多かったライブのランキングを発表し、AAAがヘッドライナーを務めた国内最大級の音楽フェス「a-nation 2018 supported by dTV &

YouTubeトップ10、今年は全部UUUM所属! 過去5年間を遡ってみると…

YouTubeトップ10、今年は全部UUUM所属! 過去5年間を遡ってみると…

ランキングでは、トップ10のうち1、3、5、9位がFischer's( … 2018年国内トップトレンド動画ランキング(音楽除く)(再生回数は12月13日正午時点、千の位は …  J-CASTニュース YouTubeトップ10、今年は全部UUUM所属! 過去5年…https://www.j-cast.com/2018/12/25346557.html?p=all動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」で人気を誇るクリエイターやアーティスト、ファンが集う「YouTubeFanFest」が幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれ、2018年12月12日には2018年の動画を振り返るYouTubeRewind企画として、国内トップトレンド動画ランキング(音楽除く)が発表された。

March

March

2018年3月のアクセス・ランキングを発表! 年度末を飾る今回は、ヒップホップ色強めの並びに. 2018.04.04. 2018年3月に公開された楽曲レコメンド記事のアクセス・ランキングを公開します。 新しい出会いと別れが同時にやってくるこの季節。新生活や環境の変化で、バタバタして見落としがちなリリースや情報もあるのでは?  Spincoaster MONTHLY RANKING 2018 / March|Spincoaster (スピ…https://spincoaster.com/monthly-ranking-2018-march2018年3月に公開された楽曲レコメンド記事のアクセス・ランキングを公開します。 新しい出会いと別れが同時にやってくるこの季節。新生活や環境の変化で、バタバタして見落としがちなリリースや情報もあるのでは? そんな年度末を飾る今回のランキングは、国内外入り乱れながらも、ヒップホップ色強めの並びとなりました…