音楽・アーティスト

矢沢永吉、最年長でのアルバム1位「ジワジワと喜びを実感」【オリコンランキング】

投稿日:

が、初週11.2万枚を売り上げ、9/16付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。2013年5/27付の『ALL TIME BEST ALBUM』以来6年4ヶ月 … 最年長1位獲得アーティスト」記録は、ソロアーティストおよび作品が対象。 … 自分はずっと音楽をやり続けてきました。 … 王道J-POPの“ラブソング”で見せた新たな一面.

-音楽・アーティスト

関連記事

平成のカラオケヒット曲発表、ネットの反応は?

平成のカラオケヒット曲発表、ネットの反応は?

これらを受け、ネット上では「やっぱり時代とともに音楽があったんだなと思うわ」「 … 歌手別ランキングでは浜崎あゆみが堂々の1位を獲得。2位はEXILE、3位 …  ニコニコニュース 平成のカラオケヒット曲発表、ネットの反応は?https://news.nicovideo.jp/watch/nw4238045?news_ref=top_50 大手通信カラオケ「DAM」を運営する第一興商が、平成時代に歌われた楽曲のランキングを発表した。DAMがサービスを開始した1994(平成6)年4月から、2018(平成30)年10月までの情報をまとめたものだ。楽曲別、歌手別、年代別などの分…

WANIMA (ワニマ) の2019年カラオケ人気曲ランキングBEST10!みんなで歌える定番ソングで盛り上がろ …

WANIMA (ワニマ) の2019年カラオケ人気曲ランキングBEST10!みんなで歌える定番ソングで盛り上がろ …

底抜けに明るい応援ソングが男女を問わず大人気のWANIMA!2019年は日本中のフェスにも引っ張りだこで、WANIMAの歌を聞かない日は無いと言えるほど。  トレタメ : "共感"… WANIMAの2019年カラオケ人気曲BEST10!みんなで歌…https://toretame.jp/wanima_karaoke_2019.html底抜けに明るい応援ソングが男女を問わず大人気のWANIMA!2019年は日本中のフェスにも引っ張りだこで、WANIMAの歌を聞かない日は無いと言えるほど。 WANIMAの魅力は熱い歌詞とキャッチーなメロディーで盛り上がれる曲が多いところ!カラオケで絶対に唄う!という方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなWANIMAのカ…

BTS、全米アルバムチャートで3作同時にランクイン! 韓国人アーティストとして初の快挙

BTS、全米アルバムチャートで3作同時にランクイン! 韓国人アーティストとして初の快挙

K-POPボーイズグループ BTS(防弾少年団)が、アメリカで最も権威ある音楽チャートとして知られるビルボードランキングで韓国人アーティスト初の快挙を成し遂げ …  KPOP monster BTS、全米アルバムチャートで3作同時にランクイン…https://www.kpopmonster.jp/?p=19541K-POPボーイズグループ BTS(防弾少年団)が、アメリカで最も権威ある音楽チャートとして知られるビルボード…

「レコチョク上半期ランキング2019」発表、米津玄師がDLランキング二冠、アルバムランキングはback …

「レコチョク上半期ランキング2019」発表、米津玄師がDLランキング二冠、アルバムランキングはback …

レコチョク上半期ランキング2019」では、米津玄師が「Lemon」で「レコチョクランキング(シングル)」1位、「アーティストランキング」1位を獲得した。どちらも「 …  musicman-net.com 「レコチョク上半期ランキング2019」発表、米津玄…http://musicman-net.com/business/87336レコチョクは、7月5日、「レコチョク上半期ランキング2019」(集計期間:2019年1月1日〜2019年6月30日)を発表した。

YouTubeで最も再生された企業動画は?「2018年四半期YouTube企業動画ランキング」結果発表!

YouTubeで最も再生された企業動画は?「2018年四半期YouTube企業動画ランキング」結果発表!

株式会社エビリーが、2018年1月から3月にかけて集計した「2018年四半期YouTube企業動画ランキング」を発表した。 同調査では一般企業や団体のチャンネルを「ブランド」、 … 音楽やゲームなどエンタメ系動画や、メディア関連の動画はコンテンツの力が強いのが特徴。YouTube上にアップされた動画の視聴回数も、とりわけ …  日刊ビビビ YouTubeで最も再生された企業動画は?「2018年四半…http://www.n-bibibi.com/archives/4816株式会社エビリーが、2018年1月から3月にかけて集計した「2018年四半期YouTube企業動画ランキング」を発表した。   同調査では一般企業や団体のチャンネルを「ブランド」、メディアやエンターテイメント企業のチャンネルは「メディア&エンタメ」に分類している。各チャンネルがYouTubeにアップしている動画の再生…