音楽・アーティスト

米津玄師「Lemon」7度目のシングル首位!星野源『POP VIRUS』アルバム2カ月連続1位

投稿日:

-音楽・アーティスト

関連記事

「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はKis-My-Ft2『君を大好きだ』、予約1位はKing & Prince …

「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はKis-My-Ft2『君を大好きだ』、予約1位はKing & Prince …

TOWER RECORDS ONLINE「J-POPシングル ウィークリーTOP30」(2019年2月4日付)が発表され、1位にKis-My-Ft2『君を大好きだ』、予約1位にはKing …  tower.jp 「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はK…https://tower.jp/article/news/2019/02/04/tg009「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はKis-My-Ft2『君を大好きだ』、予約1位はKing & Prince『君を待ってる』(2019年2月4日付) – タワーレコード

dヒッツで2018年に最も聴かれたのは安室奈美恵、DL部門のレコチョクは米津玄師が主要3冠独占 …

dヒッツで2018年に最も聴かれたのは安室奈美恵、DL部門のレコチョクは米津玄師が主要3冠独占 …

ストリーミング部門「dヒッツ年間ランキング2018」アーティストランキング … 数のランキングは、音楽ファンが、今、一番聴きたい、人気楽曲のランキングといえる。  www.musicman-net.com dヒッツで2018年に最も聴かれたのは安室奈美恵、DL…https://www.musicman-net.com/business/82103レコチョクは、12月7日、「dヒッツ powered by レコチョク年間ランキング2018」を発表した(集計期間:2017年12月1日〜2018年11月30日)。また、ダウンロード部門「レコチョク年間ランキング2018」も発表した(集計期間:同上)。

ケイティ・ペリー、グウェン・ステファニー、クリス・マーティンら集結! カリフォルニア山火事被害者へ向けた …

ケイティ・ペリー、グウェン・ステファニー、クリス・マーティンら集結! カリフォルニア山火事被害者へ向けた …

歌手のケイティ・ペリーが、フォーブス誌の調べで「2018年最も稼ぐ女性アーティスト」に輝いた。 フォーブス誌はこの1年で最も稼いだ女性アーティストランキングを …  www.tvgroove.com ケイティ・ペリー、グウェン・ステファニー、クリ…https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/40864.htmlケイティ・ペリー、グウェン・ステファニー、クリス・マーティンら集結! カリフォルニア山火事被害者へ向けた慈善イベントに出演へ – 海外ドラマ情報・ニュースサイト TVグルーヴ・ドット・コム – TVGroove.com(モバイル版)

BIGBANG スンリ(VI)、2/20(水)発売・全3都市8公演9万8000人動員の初ソロツアー映像作品がオリコン …

BIGBANG スンリ(VI)、2/20(水)発売・全3都市8公演9万8000人動員の初ソロツアー映像作品がオリコン …

2017年末、活動休止前最後となった”海外アーティスト史上初の5年連続ドーム … にはいるなか、現在タレント、アーティスト活動を精力的にこなすV.I(ヴィアイ)。 … in JAPAN』が先週2/20(水)に発売され、オリコンウィークリー音楽DVDランキング1位を …  K-PLAZA BIGBANG スンリ(V.I)、2/20(水)発売・全3都市8公演…https://k-plaza.com/2019/02/v-i-14.htmlBIGBANG スンリ(V.I)の『SEUNGRI 2018 1st SOLO TOUR in JAPAN』が先週2/20(水)に発売され、オリコンウィークリー音楽DVDランキング1位を獲得した。

[韓流]ビルボード1位の防弾少年団 K―POPの枠超える「大金星」

[韓流]ビルボード1位の防弾少年団 K―POPの枠超える「大金星」

韓国歌謡界は、防弾少年団の記録が韓国音楽の歴史に新たな1ページを刻む「画期的事件」だと口を揃える。ただ、現在のところは防弾少年団に限った成果に …  www.chosunonline.com [韓流]ビルボード1位の防弾少年団 K―POPの…http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/28/2018052802886.html[韓流]ビルボード1位の防弾少年団 K―POPの枠超える「大金星」