音楽・アーティスト

米津玄師『Lemon』、星野源『POP VIRUS』が首位 紅白などで活躍の両者が独占

投稿日:

レコチョクランキング」は米津玄師『Lemon』が1位を獲得。 同曲は、「レコチョク年間ランキング2018」1位をはじめ、 2018年度における音楽関連年間ランキングの …

 ドワンゴジェイピーnews 
ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュース
https://news.dwango.jp/music/34091-1901
ドワンゴジェイピーが運営する最新の芸能ニュースサイト。アイドル、EXILE、ビジュアル系、K-POPなど。ライブ情報、インタビュー、コラムオリジナル記事満載!

-音楽・アーティスト

関連記事

カルヴィン・ハリス、世界で最も稼ぐDJランキングで6年連続1位に

カルヴィン・ハリス、世界で最も稼ぐDJランキングで6年連続1位に

カルヴィン・ハリス、世界で最も稼ぐDJランキングで6年連続1位に … また、2017年には各地の音楽フェスにも出演し、デュア・リパとのコラボ曲「ワン・キス」も … TOP15以内のアーティストはすべて1000万ドル(約11.2億円)以上をマークしており、15位 …  ニコニコニュース カルヴィン・ハリス、世界で最も稼ぐDJランキング…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3719850 経済誌フォーブスが毎年恒例の世界で最も稼ぐDJランキングを発表し、カルヴィン・ハリスが6連覇を果たした。 総額4800万ドル(約53.7億円)で1位となったハリスは、米ラスヴェガスでの1公演のギャラが数十万ドルとされており、202…

誰が音楽を聴いているのか? 若者でさえ最近の曲を知らない現状

誰が音楽を聴いているのか? 若者でさえ最近の曲を知らない現状

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,363名に「音楽について」の調査を実施。 「最近の曲はよく知ら … 「CD売上ランキングを見ても、知っている曲がない。欅坂や三代目JSB … 先般、引退を表明した小室哲哉がヒットチャートをにぎわせていた時代からは、音楽のあり方も大きく変化をしている。 「歌番組を観て、 …  ニコニコニュース 誰が音楽を聴いているのか? 若者でさえ最近の曲…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3332706(Digital Vision./Photodisc/Thinkstock)昔から年齢を重ねた人は、「最近の曲はよくわからない」とぼやくものだ。そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,363名に「音楽について」の調査を実施。「…

スマートスピーカーの米国での保有率は24%、最多利用は「音楽」 Nielsen調べ

スマートスピーカーの米国での保有率は24%、最多利用は「音楽」 Nielsen調べ

Nielsenの調査にはメーカー別のランキングなどはない。米Strategy Analyticsの調査では、4~6月期の世界のモデル別出荷ランキングのトップ3は「Google …  ITmedia NEWS スマートスピーカーの米国での保有率は24%、最多…http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/02/news060.htmlスマートスピーカーの第2四半期の米国での保有率は24%で、ユーザーの40%は複数台保有。最も利用するのは音楽ストリーミングで、次は天気予報などのリアルタイム情報だと、米Nielsenが発表した。

日本で最も聴かれたアーティスト1位はBTS(防弾少年団)!2018年日本で最も再生されたアーティスト別 …

日本で最も聴かれたアーティスト1位はBTS(防弾少年団)!2018年日本で最も再生されたアーティスト別 …

2018年『Top Artists of 2018 Japan』総まとめ ランキング・トップ20から発表; 20位以降の2018年『Top Artists of 2018 Japan』人気アーティストランキング; 2018 …  プレイリスト専門webマガジン… 日本で最も聴かれたアーティスト1位はBTS(防弾少年…https://mag.digle.tokyo/news/ranking/17275Spotifyが2018年日本国内で最も再生されたアーティスト別ランキングを発表。トップ20をピックアップしてご紹介。

紅白で観たい男性1位にヤバT

紅白で観たい男性1位にヤバT

【ランキング表】男女別「今年の紅白で観たいアーティスト」TOP5 … の季節から間をおいた今回の調査から、パフォーマンスだけに止まらない彼らの音楽性への評価 …  朝日新聞デジタル&w 紅白で観たい男性1位にヤバThttps://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2119854.html 秋風が吹き始め、各メディアが「第69回NHK紅白歌合戦」の出場者予想に賑わう季節が到来した。ところで近年の紅白には“フェス枠”とでも言うべきか、2017年のWANIMA、2016年のRADWIMPS