音楽・アーティスト

1位はKing Gnu!「これはバズるぞ!2019」注目のバンド発表

投稿日:

これは音楽関係者244名に愛音楽好きファン300人にアンケート調査をし、2019年にブレイクするアーティストランキング形式で予想する番組の新春恒例企画。

-音楽・アーティスト

関連記事

レコード大賞、紅白歌合戦がシングルセールスに及ぼした影響とは?

レコード大賞、紅白歌合戦がシングルセールスに及ぼした影響とは?

日本レコード大賞』と、『第69回NHK紅白歌合戦』の2大音楽番組が実際の … シングル、ダウンロード、ストリーミングなど各ランキングにどのような影響を及ぼしている … 出演したアーティストのCDセールスが上がるのは例年のことで、だからこそ多くの …  ORICON NEWS レコード大賞、紅白歌合戦がシングルセールスに及…https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52388/『NHK紅白歌合戦』でのパフォーマンスでも話題をさらった米津玄師やあいみょんのブレイクが大きな注目を集めた2018年。彼らの活躍は従来のCDマーケットだけではなく、むしろデジタル配信やストリーミングでのヒットが目立ったという点でも大きなエポックとなった言える。そんな2018年の締めくくりを飾ったTBS系『輝く!…

3月度に楽曲総再生数が最も多かったのは?「2018年3月度dヒッツアーティストランキング」結果発表!

3月度に楽曲総再生数が最も多かったのは?「2018年3月度dヒッツアーティストランキング」結果発表!

… 定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R)powered by レコチョク」が、2018年3月度の楽曲総再生回数をもとにした「2018年3月度dヒッツアーティストランキング」を … I」「Love Story」といった安室の大ヒット曲が楽しめるプログラム「安室奈美恵アーティストスペシャル」は、常に再生回数ランキングの上位にランクインしている。  日刊ビビビ 3月度に楽曲総再生数が最も多かったのは?「2018年…http://www.n-bibibi.com/archives/4298 株式会社NTTドコモが提供するスマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R)powered by レコチョク」が、2018年3月度の楽曲総再生回数をもとにした「2018年3月度dヒッツアーティストランキング」を発表した。   同ランキングで第1位を獲得したのは安室奈美恵。昨年11月から5カ月続けて首位を守っており…

[今週のナタリー]「なんで私なんですか?」

[今週のナタリー]「なんで私なんですか?」

今回のニュースアクセスランキングでは、12月9日(日)にTBS系で放送されるドキュメンタリー番組「情熱大陸」で、乃木坂46の齋藤飛鳥へ行った密着取材の様子 …  音楽ナタリー [今週のナタリー]「なんで私なんですか?」 – 音…https://natalie.mu/music/news/3099732018年11月22~28日にもっとも注目された記事は乃木坂46の齋藤飛鳥、画像はセンラに関するものだった。

VisUnite主催イベント出演アーティストがメッセージ動画公開、第一弾はLM.C

VisUnite主催イベント出演アーティストがメッセージ動画公開、第一弾はLM.C

業界初のバーティカルプラットフォームアプリ「VisUnite」主催のフェスイベント『VisUnite Fest Special Edition Vol.3』の一般チケットが5月5日10:00より発売開始となる。 それに合わせて出演アーティストからのメッセージ動画も公開。第一弾はLM.Cからのメッセージとなる。 『VisUnite Fest Special Edition Vol.3』は、この日 …  SPICE(スパイス)|エンタメ… VisUnite主催イベント出演アーティストがメッセー…https://spice.eplus.jp/articles/186532VisUnite主催イベント出演アーティストがメッセージ動画公開、第一弾はLM.C

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

の独自性はその審査基準にある。ファイナリストとして残ったアーティストやバンドは、TwitterやInstagram、YouTube、Yahoo!などSNSプラットフォームにおけるファンやリスナーからの人気の数値化によって競い合い、ソニーミュージック独自の音楽アルゴリズムを元に作られたランキング上で優勝を目指す。上位入賞するために …  Real Sound|リアルサウンド 多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時…http://realsound.jp/2018/03/post-171280.html「ヒットが生まれにくい」と言われて久しい日本の音楽シーン。 さまざまな音楽コンテンツやエンタメニュースが飛び交う今、レコード会社各社は、新たなヒット作品を作る次世代アーティストを見つける「オーディション」に注目している。 現在、国内では歴史あるレーベルから、音楽サービスさらにはプロモーターまで…