音楽・アーティスト

PAYFORWARD、 新作リリースを記念して渋谷をジャック!

投稿日:

-音楽・アーティスト

関連記事

日本国内における定額制音楽配信サービスの最新利用者数ランキング&顧客満足度が発表

日本国内における定額制音楽配信サービスの最新利用者数ランキング&顧客満足度が発表

音楽が生活の一部と化す『HYPEBEAST』読者にとって、定額制音楽配信サービスの登場は革命と言っても過言ではないはずだ。海外アーティストの新譜が現地とタイムラグなく配信され、毎月1,000円前後を支払えばCDをレンタルすることなく好きなだけ音源をダウンロード&再生することができる。 その定額制音楽配信 …  HYPEBEAST.JP 日本国内に&#x304A…https://hypebeast.com/jp/2018/4/subscription-music-service-ranking-2018-japanApple Music、Spotify、AWA、Amazon Prime Music……あなたが使っているサー& …

ついにきた! Mr.Childrenが全アルバム&シングルを配信開始、既にランキング上位に食い込むサイトも

ついにきた! Mr.Childrenが全アルバム&シングルを配信開始、既にランキング上位に食い込むサイトも

これまでにシングルで10作品、アルバムで14作品がミリオンセラーを達成し、2017年にはオリコン企画「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」で …  ねとらぼ ついにきた! Mr.Childrenが全アルバム&シングル…http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/10/news085.html明日にはランキング席巻してそう。

音楽業界が16.5%の二桁成長したアメリカは、いかに「音楽ストリーミングの国」として成功したか?

音楽業界が16.5%の二桁成長したアメリカは、いかに「音楽ストリーミングの国」として成功したか?

定額制音楽ストリーミング市場が成長した背景には、SpotifyやApple Musicなどの大々的なマーケティング戦略とユーザー獲得合戦は無視はできませんが、主にメジャーレーベルや音楽出版社、アーティストとマネジメント会社などが音楽を配信する仕組みをストリーミング中心に転換させた業界内でのパラダイムシフトが成長の …  www.musicman-net.com 音楽業界が16.5%の二桁成長したアメリカは、いかに…https://www.musicman-net.com/business/74946アメリカの音楽業界を代表する業界団体の全米レコード協会(RIAA)が2017年のアメリカ国内の音楽市場レポートを発表し、小売市場規模は前年比16.5%増加し87億ドル(約9300億円)となり2年連続のプラス成長を達成し、10年前の2008年の市場規模までようやく回復しました。

CRAZYBOY、第4弾EP「NEOTOKYO IV EP」、主要音楽配信サイトデイリー三冠獲得

CRAZYBOY、第4弾EP「NEOTOKYO IV EP」、主要音楽配信サイトデイリー三冠獲得

CRAZYBOYの第4弾配信限定 ミニアルバム「NEOTOKYO Ⅳ EP」が、iTunesでオールジャンルとヒップホップのリアルタイムランキングで最高位一位を獲得、さらにはデイリーランキングでも … CRAZYBOYは三代目J Soul Brothersのパフォーマーとして活躍するELLYのヒップホップアーティストとしての別名義。先日ミニ …  日刊エンタメクリップ CRAZYBOY、第4弾EP「NEOTOKYO IV EP」、主要音楽…https://entameclip.com/news/107047CRAZYBOYの第4弾配信限定 ミニアルバム「NEOTOKYO Ⅳ EP」が、iTunesでオールジャンルとヒップホップのリアルタイムランキングで最高位一位を獲得、さらにはデイリーランキングでもレコチョク・mu-mo・music.jpなどの主要配信サイトにおいて、総合ランキング・邦楽ランキング・ヒップホップランキングなど合計3冠を獲得…

文化庁“徴収”認める裁定 JASRACと音楽教室側に伝達

文化庁“徴収”認める裁定 JASRACと音楽教室側に伝達

文化庁が、JASRAC(日本音楽著作権協会)による、音楽教室からの著作権使用料の徴収を認める裁定を行い、7日、両団体に伝達した。 「音楽教育を守る会」は、JASRACに徴収権はないと東京地裁に訴えていて、司法判断が出るまで徴収しないよう、文化庁に裁定を求めていた。 これに対し、文化庁は、7日から徴収開始を …  ホウドウキョク 文化庁“徴収”認める裁定 JASRACと音楽教室側に伝達https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00386636文化庁が、JASRAC(日本音楽著作権協会)による、音楽教室からの著作権使用料の徴収を認める裁定を行い、7日、両団体に伝達した。 「音楽教育を守る会」は、JASRACに徴収権はないと東京地裁に訴えていて、司法判断が出るまで徴収しないよう、文化庁に裁定を求めていた。 これに対し、文化庁は、7日から…