音楽・アーティスト

Spotifyが10周年記念にオールタイムベストやこれまでの年間ベストを発表

投稿日:

Spotifyが発表したインフォグラフィックには、過去10年において年ごとに最も多く再生された曲と、10年総合のトップ10ソングとトップ10アーティストが示されてい …

-音楽・アーティスト

関連記事

防弾少年団、日本オリコン上半期決算トップ10「韓国歌手で唯一&最高順位」

防弾少年団、日本オリコン上半期決算トップ10「韓国歌手で唯一&最高順位」

防弾少年団、日本オリコン上半期決算トップ10「韓国歌手で唯一&最高順位」 … を果たした。25日、オリコンが発表した「2018年上半期音楽ランキング」によると、防弾 … これは今年上半期のアルバムとアーティスト別セールス部門において韓国歌手 …  japanese.joins.com 防弾少年団、日本オリコン上半期決算トップ10「…http://japanese.joins.com/article/568/242568.html?servcode=700&sectcode=720韓国ボーイズグループ防弾少年団(BTS)が日本オリコンランキングでもその強さを見せつけた。オリコン上半期決算で、防弾少年団がアルバムとアーティスト別セールスランキングでともにトップ10入りを果た..

「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はYUKI『トロイメライ』、予約1位はKing & Prince …

「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はYUKI『トロイメライ』、予約1位はKing & Prince …

TOWER RECORDS ONLINE「J-POPシングル ウィークリーTOP30」(2018年9 … 同ランキングの2位にはAKB48『センチメンタルトレイン』、3位には乃木坂46『 …  tower.jp 「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はY…https://tower.jp/article/news/2018/09/25/tg009「J-POPシングル ウィークリーTOP30」発表。1位はYUKI『トロイメライ』、予約1位はKing & Prince『Memorial』(2018年9月24日付) – タワーレコード

最近の曲がヒットしない原因は「歌詞の文字数」!? 往年のポップスと比較してみると…

最近の曲がヒットしない原因は「歌詞の文字数」!? 往年のポップスと比較してみると…

昨年末にオリコンが発表した『好きなアーティストランキング2017』に目を通すと、トップ10は上から順にMr.Children、宇多田ヒカル、嵐、B'z、いきものがかり、buck number、ゆず、スピッツ、星野源、SMAPと言った具合。それぞれ音楽的背景は違うがこの程度の差異は昔からあったし、基本的に歌ものポップスであることに違い …  楽天WOMAN mr.childrenのニュース – 最近の曲がヒットしない…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/citrus_51795最近の曲がヒットしない原因は「歌詞の文字数」!? 往年のポップスと比較してみると…,2017年は大ヒット曲が生まれなかった。子供からお年寄りまで知ってるような国民的ヒット曲は1990年代後半から急速に減少し、2000年代以降は1年に1曲あるかないかくらいの頻度になってしまっている。今ヒットチャート1位の曲を誰…

防弾少年団、3月の歌手ブランド評判1位…2位Wanna One、3位iKON

防弾少年団、3月の歌手ブランド評判1位…2位Wanna One、3位iKON

3月の歌手ブランド評判30位のランキングは、防弾少年団、Wanna One、iKON、EXO、Red Velvet、BLACKPINK、BIGBANG、IU、TWICE、MAMAMOO、MOMOLAND、SEVENTEEN、Punch、赤頬思春期、BTOB、チョンハ、INFINITE、WINNER、GOT7、スジ、OH MY GIRL、Heize、ソンミ、Davichi、10cm、チョン・ …  contents.innolife.net innolifeニュース>>>http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=0&ai_id=247632innolifeニュース>>>

新旧スター交錯の5月=専門編集委員・川崎浩

新旧スター交錯の5月=専門編集委員・川崎浩

ここ10年以上、脳梗塞(こうそく)のリハビリで苦しみながらの現役生活であり、歌手としての絶頂期は1970、80年代だったとはいえ、西城がどれだけ、歌謡界の …  毎日新聞 大衆音楽月評:新旧スター交錯の5月=専門編集委…https://mainichi.jp/articles/20180611/dde/012/070/010000c 5月、歌謡界最大のニュースは、西城秀樹の他界であったことは間違いないであろう。ここ10年以上、脳梗塞(こうそく)のリハビリで苦しみながらの現役生活であり、歌手としての絶頂期は1970、80年代だったとはいえ、西城がどれだけ、歌謡界のフロンティアを開拓したかは歴然としている。録音・録画を今聴いても、