音楽・アーティスト

TWICE、人気曲「Signal」MVが再生回数2億回を突破! 通算8作目の偉業を達成

投稿日:

ちなみにTWICEは女性アーティストによるミュージックビデオ公開後24時間以内の再生回数ランキングでも、アリアナ・グランデやテイラー・スウィフトといった世界 …

-音楽・アーティスト

関連記事

米津玄師カラオケDAMとJOYSOUNDの目次本表紙に登場、2社同時は初

米津玄師カラオケDAMとJOYSOUNDの目次本表紙に登場、2社同時は初

米津玄師がカラオケ「DAM」「JOYSOUND」の2018年カラオケ年間ランキングでアーティスト部門で1位、代表曲「Lemon」が楽曲部門で1位を獲得。これを記念し …  音楽ナタリー 米津玄師カラオケDAMとJOYSOUNDの目次本表紙に登場…https://natalie.mu/music/news/313618米津玄師がカラオケ「DAM」「JOYSOUND」の2018年カラオケ年間ランキングでアーティスト部門で1位、代表曲「Lemon」が楽曲部門で1位を獲得。これを記念して、「DAM」「JOYSOUND」の目次本2019年1月号の表紙を飾る。

『THE RENAISSANCE』には THE ALFEEがブレイク後に示した堂々たるロックサウンドがある

『THE RENAISSANCE』には THE ALFEEがブレイク後に示した堂々たるロックサウンドがある

の“2018年度コンサート動員力ランキング”なる記事が流れてきた。1位は … 勢、EXILEらLDH勢と、上位にはそうそうたるライヴアーティストが名を連ねている。 … 2017年の同ランキングを見ると分かりやすい。47位のTHE ALFEEは52公演で18万 … 浮き沈みの激しい音楽業界において、高いレベルでコンスタントにライヴ活動を …  okmusic.jp 『THE RENAISSANCE』にはTHE ALFEEがブレイク後に…https://okmusic.jp/news/311996今年結成45周年、来年にはデビュー45周年を迎える、現在進行形の伝説、THE ALFEE。彼らのすごさを今回の名盤紹介だけで書き切れるとは到底思わないが、それでもTHE ALFEE本格ブレイク後のオリジナルアルバム『THE RENAISSANCE』について個人的に思うことを記してみた。若い読者に少しでも興味を持ってもらえたら幸いであ…

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時代の新機軸プロジェクト『Feat.』から考察

の独自性はその審査基準にある。ファイナリストとして残ったアーティストやバンドは、TwitterやInstagram、YouTube、Yahoo!などSNSプラットフォームにおけるファンやリスナーからの人気の数値化によって競い合い、ソニーミュージック独自の音楽アルゴリズムを元に作られたランキング上で優勝を目指す。上位入賞するために …  Real Sound|リアルサウンド 多様化する音楽オーディションの新潮流は? SNS時…http://realsound.jp/2018/03/post-171280.html「ヒットが生まれにくい」と言われて久しい日本の音楽シーン。 さまざまな音楽コンテンツやエンタメニュースが飛び交う今、レコード会社各社は、新たなヒット作品を作る次世代アーティストを見つける「オーディション」に注目している。 現在、国内では歴史あるレーベルから、音楽サービスさらにはプロモーターまで…

ヨルシカ、ユニバーサルミュージックより今夏に2ndフルアルバム『エルマ』発売

ヨルシカ、ユニバーサルミュージックより今夏に2ndフルアルバム『エルマ』発売

ヨルシカが、本日4月10日に1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』を … は、オリコンインディーズランキング初登場1位、iTunes総合ランキング1位を記録。  Real Sound|リアルサウンド ヨルシカ、ユニバーサルミュージックより今夏に2nd…https://realsound.jp/2019/04/post-345457.htmlヨルシカが、本日4月10日に1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』をリリース。同作の続編となる2ndフルアルバム『エルマ』を、2019年夏にユニバーサルミュージックから発売する。   ヨルシカはボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が女性シンガー・…

『のど自慢』超えの高視聴率、民放が真似できない『うたコン』成功の秘密と課題

『のど自慢』超えの高視聴率、民放が真似できない『うたコン』成功の秘密と課題

民放の音楽番組制作者が、高視聴率の理由と現在の音楽番組の状況を明かす。 … 出演陣は、演歌、歌謡曲、J-POP、洋楽と幅広い。 … 歌手がメインだったが、2016年に出演歌手や楽曲の若返りを図り、現在の『うたコン』となった。 … 前後を維持しており、『のど自慢』を超えて音楽番組ランキング首位を獲得することが多い。  ORICON NEWS 『のど自慢』超えの高視聴率、民放が真似できない…https://www.oricon.co.jp/special/51338/1953年に生まれた国民的長寿番組『NHKのど自慢』。2015年に解散前のSMAPが出演して話題になるなど、その好調ぶりはこれまでも何度も称えられてきた。だが、視聴率面で『のど自慢』や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を上回る音楽番組の存在を知っているだろうか? それが同じくNHKで放送中の『うたコン』だ…