ライフスタイル・仕事

「世界幸福度ランキング1位」のフィンランドに学ぶ、忙しくても自分を見失わない生き方とは?

投稿日:

ライフスタイル専門家。1971年フィンランド生まれ。企業のマーケティング担当としてフィンランドと日本を往復するなど、日本に滞在した経験をもつ。2000年より翻訳家、作家としての活動をはじめ、現在は「MonikaLuukkonen Literary Agency」を経営。フィンランドのシンプルな生き方、考え方を世界に広めるべく、情報発信を …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

【医療機器業界】「給与の満足度」ランキング1位は旭化成 2位には米ジョンソン・エンド・ジョンソンが入る

【医療機器業界】「給与の満足度」ランキング1位は旭化成 2位には米ジョンソン・エンド・ジョンソンが入る

当記事では「キャリコネ」ユーザーが採点したいくつかの評価項目の中でも、「給与の満足度」の得点に注目しランキングを作成した。「給与の満足度」は仕事内容や労働時間などを考慮しての評価で、単純な金額の高低とはまた違った指標となっている。 医療機器業界の「給与の満足度」の点数は以下のようになった。  ニフティニュース 【医療機器業界】「給与の満足度」ランキング1位は…https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-8056/キャリコネニュースでは、約100万人が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」のデータから業界別で「給与の満足度が高い会社ランキン」を作成した。今回は医療機器業界のランキングだ。対象は、201…

スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられない一日」

スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられない一日」

… フランスとの準決勝へ駒を進めた。 前日のダブルスを落とし、後がない状況で最終日を迎えたスペインは、第4試合に臨んだ世界ランキング1位のナダルが6-1、6-4、6-4でアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)に勝利し、戦績を2勝2敗のタイに戻すと、最後はベテランのフェレールが7-6(7-1)、3-6、7-6(7-4)、4-6、7-5 …  www.afpbb.com スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられ…http://www.afpbb.com/articles/-/3170274【4月9日 AFP】男子テニスの国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2018)は8日、ワールドグループ準々決勝が行われ、スペインがラファエル・ナダル(Rafael Nadal)とダビド・フェレール(David Ferrer)の活躍でドイツを3勝2敗で下し、前年覇者フランスとの準決勝へ駒を進めた。

関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案を

関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案を

関東食品は、働き方改革、労働生産性向上に向けた取組みを推進している。年間休日も100日から110日プラス計画有休4日の114日にした。4日、高崎市内のホテルで開催された関桜会総会=写真=で小林祐一副社長は「働き方改革を進めると人件費が膨らむ。その中で、今までと同じ商品・同じ業態に販売していたのでは …  news.nissyoku.co.jp 関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案をhttps://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=KINBARA20180405020742902&cc=01&ic=140 関東食品は、働き方改革、労働生産性向上に向けた取組みを推進している。年間休日も100日から110日プラス計画有休4日の114日にした。4日、高崎市内のホテルで開催された関桜会総会=写真=で小林祐一副社長は「働き方改革を進めると人件費が膨らむ。その中で、今までと同じ商品・同じ業態に販売していたのでは生き残りは…

『未来世紀ジパング』で日本と外国の働き方が比較される →「これが日本の現実なのか」と落胆する人が続出

『未来世紀ジパング』で日本と外国の働き方が比較される →「これが日本の現実なのか」と落胆する人が続出

2月19日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系)にて、日本と他国の働き方の違いが紹介され反響が集まっている。 番組では「働き方」をテーマにし、政府の「働き方改革」で徐々に変わりつつある日本と、他国の働き方を比較。幸福な国ランキングで上位に入るデンマークや、労働時間は短く生産性が高いドイツの働き方を …  ニコニコニュース 『未来世紀ジパング』で日本と外国の働き方が比較…http://news.nicovideo.jp/watch/nw33055102月19日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系)にて、日本と他国の働き方の違いが紹介され反響が集まっている。番組では「働き方」をテーマにし、政府の「働き方改革」で徐々に変わりつつある日本と、他国の働き方を比較。幸福な国ランキングで…

女子小中学生が就きたい仕事、「警察官・刑事」が初のトップ10入り

女子小中学生が就きたい仕事、「警察官・刑事」が初のトップ10入り

大人になったらどのような仕事をしたいか尋ねたところ、男子の1位は「サッカー選手」(8.0%)で、前年2位(7.4%)からランクアップ。次いで2位は「医者」(6.4%)、3位は同率で「野球選手」「警察官・刑事」(各5.6%)。5位は「公務員」(5.0%)という結果に。 「野球選手」は3年ぶりにトップ3に返り咲き、「警察官・刑事」「先生」「 …  マイナビニュース 女子小中学生が就きたい仕事、「警察官・刑事」が…https://news.mynavi.jp/article/20180327-607183/アデコは3月26日、全国の小中学生を対象とした「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。調査時期は2017年11月、有効回答は小中学生(6~15歳)1,000人。