ライフスタイル・仕事

【アンケート】あなたが観たい“お仕事アニメ”は? 警察から着ぐるみまで、読者の声を紹介

投稿日:

ここ数年“なりたい職業”上位の「YouTuber」に1票も入っておらず、全体的にお堅い仕事の名前が挙がっていたことが印象的な結果でした。 次ページでは、残念ながらランキング入りはしなかったものの、アニメ!アニメ!編集部員が「このお仕事アニメが見たい!」と思った票をご紹介します。 □ランキングトップ5 [あなたが観 …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

コンサル業界で「残業が少ない企業」ランキング 1位は「午後6時退社」も可能な……

コンサル業界で「残業が少ない企業」ランキング 1位は「午後6時退社」も可能な……

自分の仕事をしていて、チーム全体の仕事量が多くなければ、何も言われない。残業すると評価が上がる、早く帰ると評価が下がる、ということは全くなかった」との …  ITmedia ビジネスオンライン コンサル業界で「残業が少ない企業」ランキング 1…http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/26/news121.htmlコンサルティング業界で月間残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査結果を発表。業界全体で、残業や休日出勤が当たり前のカルチャーが変わりつつあることがうかがえた。

「ゴルゴ13」弾痕付き万年筆がDIME付録に、仕事で役立つゴルゴ名言集も

「ゴルゴ13」弾痕付き万年筆がDIME付録に、仕事で役立つゴルゴ名言集も

なおDIME2019年1月号では「2018年ベストヒットランキング100」をメイン特集として展開。今年ヒットした商品やエンタメ情報をランキング形式で総ざらいしており「 …  コミックナタリー 「ゴルゴ13」弾痕付き万年筆がDIME付録に、仕事で…https://natalie.mu/comic/news/308270さいとう・たかを「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆が、本日11月16日発売のDIME2019年1月号(小学館)に付属している。

【週間ムー占い】5位には「恋の好機」あり! 10位は「嫉妬」を上手に使おう – 4月23日~29日の運勢&開運 …

【週間ムー占い】5位には「恋の好機」あり! 10位は「嫉妬」を上手に使おう – 4月23日~29日の運勢&開運 …

ラッキー星座ランキング 5位. 仕事の相棒や恋愛のパートナーが、あなたの夢を支えてくれそう。ああしたい、こうしたいという前向きなヴィジョンを語ると、それを後押しするようなアイデアを出し、励ましてくれるでしょう。恋人募集中の人には好機あり。あなたから声をかけるほうが、スムーズに進展します。 【開運アクション】.  GetNavi web ゲットナビ 【週間ムー占い】5位には「恋の好機」あり! 10位は…https://getnavi.jp/entertainment/253222/急に暑さを感じるようになってきましたね。ヒートテックとエアリズムの切り替えに苦労している方も多いのではないでしょうか。さて、ゴールデンウィークまであと一歩。追い込みをかけるべく、今週もスーパーミステリーマガジン「ムー」の占いで、スピリチュアルなパワーを注入しましょう! ◆牡羊座 3/21~…

“仕事”と“結婚”の両立は可能?女子プロゴルファーの場合【記者の目】

“仕事”と“結婚”の両立は可能?女子プロゴルファーの場合【記者の目】

結婚、出産を考えたときに、仕事を続けていくのか、完全に家庭に入るのか。 … だし、リランキングもどうなるかわからなかったので」と、普段は船舶関係の仕事をし …  ゴルフ情報 ALBA.Net “仕事”と“結婚”の両立は可能?女子プロゴルファー…http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=96228女性がキャリアを築く上で突き当たる壁のひとつが、「いつまで仕事を続けるか?」。結婚、出産を考えたときに、仕事を続けていくのか、完…

なぜ日本企業の社員の「やりがい」は低いのか

なぜ日本企業の社員の「やりがい」は低いのか

どちらか一方の視点から評価されたランキングは数多く存在するが、GPTWの … 近年、「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモート …  日経ビジネスオンライン なぜ日本企業の社員の「やりがい」は低いのか 日…https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/090300293/世界と比較すると、日本企業は「働きがい」において世界標準からはかなり立ち後れている。この数年の「働き方改革」を総括するとともに、この先、日本企業が真の「働きがい」を実現するにはどうしたらいいかを考える。その第2回。