ライフスタイル・仕事

【イライラ】仕事中気になってしまう他人のしぐさランキング

投稿日:

【イライラ】仕事中気になってしまう他人のしぐさランキング … 3位 資料をめくる時に指をなめる⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「貧乏揺すりをする」! デスクの下で片足を … 調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

-ライフスタイル・仕事

関連記事

住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は「シネコンがないから」?

住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は「シネコンがないから」?

横浜が遠方からも高い人気を集めた2つ目の理由は、ずばり「働き方改革」。さらに郊外が見直されるきっかけになっていると思います。弊社もそうですけど、労働時間が短くなって夜早く帰る人たちが増えているんですよね。確実に3年前とはまるで違う、早い時間帯に帰っていますよ。 ―― 「働き方改革」までランキングに影響を …  BLOGOS 住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は…http://blogos.com/article/285914/2018年の「住みたい街ランキング」は、吉祥寺・恵比寿を抜いて横浜が1位に輝き、大きな話題を呼びました。「住みたい街ランキング」を深読みして、自分にとっての「住みたい街」を考えるには? SUUMO編集長の池本洋一さんにじっくりお話を伺いました。【写真】20代~

仕事や育児に追われても自分を見失わないための「マイタイム」とは

仕事や育児に追われても自分を見失わないための「マイタイム」とは

世界幸福度ランキング1位」となったフィンランドは日本より10年早く少子高齢化が進んでいると言われており、共働き世帯は8割を超えている。日本でも共働き世帯が増えているが、ルーッコネン氏は「日本人は家事に育児にそして仕事にと、ちょっとがんばりすぎ」と考えている。そこで大切なのが「自分のための時間=マイタイム」 …  マイナビニュース 仕事や育児に追われても自分を見失わないための「…https://news.mynavi.jp/article/20180426-622340/ディスカヴァー・トゥエンティワンはこのほど、「マイタイム 自分もまわりも幸せになる『自分のための時間』のつくり方」を発売した。マイタイムとは、忙しい毎日でも仕事や家庭の責任から離れ、自分に投資する時間のこと。

電気機器業界の働きやすい企業ランキング、第1位は?

電気機器業界の働きやすい企業ランキング、第1位は?

同ランキングは、同社が運営する企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」の … トップ主導で働き方改革に取り組み、「労働時間」「ストレス」「ホワイト度」の3項目で …  マイナビニュース 電気機器業界の働きやすい企業ランキング、第1位は?https://news.mynavi.jp/article/20180727-670431/グローバルウェイは7月25日、「電気機器業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。同ランキングは、対象期間中に企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の評価の平均点をまとめたもの。

それでもマスコミに就職したい学生に教えたい「ひとつの攻略法」

それでもマスコミに就職したい学生に教えたい「ひとつの攻略法」

学生の就職活動が本格化している。人気企業ランキングをみると、商社や銀行などが上位を占め、新聞やテレビなどマスコミは完全に圏外に去った感がある。 … そもそも「人にズケズケと嫌がる質問をして、それを記事に書いたり放送するのは下品な仕事」くらいに思っているのではないか。 たしかに、そういう面もある。フェイク …  現代ビジネス それでもマスコミに就職したい学生に教えたい「ひ…http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54572学生の就職活動が本格化している。人気企業ランキングをみると、商社や銀行などが上位を占め、新聞やテレビなどマスコミは完全に圏外に去った感がある。もう「ジャーナリスト志望」などという学生はいないのか。

人材確保へ働き方工夫 従業員増加数ランキング

人材確保へ働き方工夫 従業員増加数ランキング

日本経済のけん引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に直近5年間の従業員増加数をランキングしたところ、働きやすさに配慮して優秀な人材を集め、顧客のニーズを捉え収益を伸ばす企業が上位に並んだ。従業員一人ひとりが高い付加価値を生み出しており、売上高の伸びの大きい企業が目立つ。事業拡大と …  日本経済新聞 残業半減や士気向上 従業員増の企業、働き方を工…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27085970Z10C18A2TJP000/日本経済のけん引役と期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に直近5年間の従業員増加数をランキングしたところ、働きやすさに配慮して優秀な人材を集め、顧客のニーズを捉え収益を伸ばす企業が上位に並んだ。