ライフスタイル・仕事

【2018年アルバイト採用ブランド力調査】 人手不足に打ち勝つヒントが見える 採用ブランド力1位の …

投稿日:

-ライフスタイル・仕事

関連記事

「自分らしく」が最高の働き方!Forbes JAPAN WOMEN AWARD発表 #WOMENAWARD

「自分らしく」が最高の働き方!Forbes JAPAN WOMEN AWARD発表 #WOMENAWARD

女性活躍推進のための取り組みを定性評価として加味し、総合して規模別ランキングをつくった。部門別の各 賞は優れた取り組みを行っている企業を表彰。  BIGLOBEニュース 「自分らしく」が最高の働き方!Forbes JAPAN WOME…https://news.biglobe.ne.jp/economy/1220/fbj_181220_1267004869.html2017年末から世界中に広がった「#MeToo」運動。日本でも、職場におけるセクハラ被害などの問題が明らかになった。一方で、「ダイバーシティ&インクルージョン」…(2018年12月20日 13時10分55秒)

現在WRCランキング3番手のトヨタ、チームオーダー発動には消極的?

現在WRCランキング3番手のトヨタ、チームオーダー発動には消極的?

僕たちは自分たちの仕事に集中しているし、ヤリ-マティも同じように仕事に集中しなければならない」. またマキネンはラリー・アルゼンチンでリタイアしたラトバラに対し、早く忘れて次に向かうよう促した。 「我々はすぐに忘れることができるだろう。しかしヤリ-マティに対しては早くそのことを忘れられるようサポートするつもりだ」.  Motorsport.com 現在WRCランキング3番手のトヨタ、チームオーダー…https://jp.motorsport.com/wrc/news/toyota-rules-out-team-orders-to-help-tanak-1034496/トヨタのチーム代表であるマキネンは、WRCラリー・アルゼンチン以降もチームオーダーを出すことは考えていないと語った。

自由な働き方で社員のモチベーションが高い企業ランキングTOP20

自由な働き方で社員のモチベーションが高い企業ランキングTOP20

働き方改革が浸透しつつある今、いわゆる「ブラック企業」は以前ほど見かけなくなってきました。一方で、多様な働き方に応えるべく企業側も様々な働き方を整え …  まぐまぐニュース! 自由な働き方で社員のモチベーションが高い企業ラ…https://www.mag2.com/p/news/368464働き方改革が浸透しつつある今、いわゆる「ブラック企業」は以前ほど見かけなくなってきました。一方で、多様な働き方に応えるべく企業側も様々な働き方を整えている今、企業を白黒だけでは判断できなくなってきているのも事実です。 そ…

スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられない一日」

スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられない一日」

… フランスとの準決勝へ駒を進めた。 前日のダブルスを落とし、後がない状況で最終日を迎えたスペインは、第4試合に臨んだ世界ランキング1位のナダルが6-1、6-4、6-4でアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)に勝利し、戦績を2勝2敗のタイに戻すと、最後はベテランのフェレールが7-6(7-1)、3-6、7-6(7-4)、4-6、7-5 …  www.afpbb.com スペインがデ杯4強、大仕事のフェレール「忘れられ…http://www.afpbb.com/articles/-/3170274【4月9日 AFP】男子テニスの国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2018)は8日、ワールドグループ準々決勝が行われ、スペインがラファエル・ナダル(Rafael Nadal)とダビド・フェレール(David Ferrer)の活躍でドイツを3勝2敗で下し、前年覇者フランスとの準決勝へ駒を進めた。

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

佐渡島 こんなことを言うと変に聞こえるかもしれませんが、僕が独立して株式会社コルクを作ったのは、仕事をしたくなかったからです。人生の中でやりたくないことを列挙したら、「仕事」は最上位にランキングされるでしょう。 そこで、講談社で働いていたときに編みだしたのが、「仕事」を「楽しみ」に変えるということ。前は深酒した …  BLOGOS 明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「…http://blogos.com/article/294764/かつて「仕事はもっともやりたくないことだった」と語る佐渡島庸平氏。そんな彼が、いかにして次々とヒット作を飛ばす編集者になったのか。なぜ株式会社コルクを起業してリスクの大きな挑戦を始めたのか。そのモチベーションの源泉となっているものについて話を聞いた。取材・文/