ライフスタイル・仕事

あるとないでは大違い 100円均一で人気の文房具ランキング

投稿日:

文房具は、仕事中に手放せないもののひとつ。とくに、ボールペンやクリアファイルは使用頻度が高いので、いくつあっても困らないですよね。最近では、どんどん工夫を凝らした文房具が増え、それにより作業効率が上がりやすくなっています。 一体どの文房具があると、「以前より捗るようになった!」と思えるのか?安くていい …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

食品業界でもっとも働きやすいのは「味の素」、進む働き方改革

食品業界でもっとも働きやすいのは「味の素」、進む働き方改革

働き方改革」が進むにつれて、企業の「働きやすさ」がクローズアップされている。それは、食品業界でも例外ではない。 このランキングは、年間2000万人が訪れる …  Beyond 食品業界でもっとも働きやすいのは「味の素」、進…https://boxil.jp/beyond/a4929企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイは7月18日、「食料品業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。今回のトップ3は、1位が味の素、2位が明治、3位がネスレ日本となった。

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

佐渡島 こんなことを言うと変に聞こえるかもしれませんが、僕が独立して株式会社コルクを作ったのは、仕事をしたくなかったからです。人生の中でやりたくないことを列挙したら、「仕事」は最上位にランキングされるでしょう。 そこで、講談社で働いていたときに編みだしたのが、「仕事」を「楽しみ」に変えるということ。前は深酒した …  BLOGOS 明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「…http://blogos.com/article/294764/かつて「仕事はもっともやりたくないことだった」と語る佐渡島庸平氏。そんな彼が、いかにして次々とヒット作を飛ばす編集者になったのか。なぜ株式会社コルクを起業してリスクの大きな挑戦を始めたのか。そのモチベーションの源泉となっているものについて話を聞いた。取材・文/

67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング

67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング

その実態を把握するために作成したのが、「職種別派遣時給ランキング」だ。 エン・ジャパンでは、派遣仕事のまとめサイト「エン派遣」に掲載されているすべての求人情報を集計し、募集時の平均時給を分析・公表している。今回、その三大都市圏(関東、東海、関西)の最新(2018年2月)の職種別時給データを使ってランキングを …  東洋経済オンライン 67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング | 就職四…http://toyokeizai.net/articles/-/214613「派遣」など非正規雇用者への無期転換ルールの適用が始まろうとしている。これは、有期雇用で更新して合計5年以上働く派遣社員や契約社員が希望すれば、無期雇用に転換できる制度で、2018年4月から該当者が出てく…

2018夏競馬「儲かる騎手」ランキング(3)北九州記念で大仕事の馬は…

2018夏競馬「儲かる騎手」ランキング(3)北九州記念で大仕事の馬は…

若手では武藤雅(20)も狙い目だと、伊吹氏は次のデータを挙げる。 「新潟芝・内回りの1200メートルから2400メートルの5コースは、複勝率が30.4%、複勝回収 …  ニフティニュース 2018夏競馬「儲かる騎手」ランキング(3)北九州記…https://news.nifty.com/article/sports/agp/12104-108967/ 若手では武藤雅(20)も狙い目だと、伊吹氏は次のデータを挙げる。「新潟芝・内回りの1200メートルから2400メートルの5コースは、複勝率が30.4%、複勝回収率が167%と妙味十分です」 武藤は昨…

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

10年前に革命的だった「19時前退社」も今となっては時代遅れになりつつある、という鈴木茂晴・日本証券業協会会長。大和証券時代、女性役員を6名にまで引き上げた。こうした改革を軌道に乗せるにあたって、最も重要な要素とは何だったのか。前回に引き続き、小室淑恵・株式会社ワーク・ライフバランス社長との核心に迫る …  ダイヤモンド・オンライン 大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入…http://diamond.jp/articles/-/161225社会が長時間労働問題に無関心だった2007年、残業が常態化する証券業界で「19時前退社」に挑戦したのが大和証券だ。同社はなぜ先んじて成功できたのか。当時改革を指揮した鈴木茂晴・日本証券業協会会長に、小室淑恵氏が聞く。