ライフスタイル・仕事

イライラするだけムダかもしれない。仕事で感じる理不尽なことベスト5

投稿日:

やはり、会社での理不尽ランキング1位は上司でした。上司なので、言われたことに納得がいかなくても、言うことを聞かなければなりません。ほかにも、意見を聞いてもらえなかったり、上司の気分でルールがコロコロ変わったりなど、上司の理不尽エピソードは星の数ほどあるようです。自分がこのような上司にならないように、気 …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

理系学生が選ぶ「就職人気ランキング」100社

理系学生が選ぶ「就職人気ランキング」100社

理系の人気ランキングでは3年連続でトップとなっている。 … 就職者誘引度は学生が企業イメージと仕事イメージのどちらを企業選択時に重視したかという回答 …  ライブドアニュース 理系学生が選ぶ就職人気ランキング100社 TOP10のう…http://news.livedoor.com/article/detail/14697536/「就職人気ランキング・理系学生版」の上位100社を紹介している。1位は「リケ女」にも人気という明治グループ、2位は住友林業、3位は味の素。TOP10には他にロッテや森永製菓、森永乳業といった食品業界が5社入った

67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング

67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング

その実態を把握するために作成したのが、「職種別派遣時給ランキング」だ。 エン・ジャパンでは、派遣仕事のまとめサイト「エン派遣」に掲載されているすべての求人情報を集計し、募集時の平均時給を分析・公表している。今回、その三大都市圏(関東、東海、関西)の最新(2018年2月)の職種別時給データを使ってランキングを …  東洋経済オンライン 67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング | 就職四…http://toyokeizai.net/articles/-/214613「派遣」など非正規雇用者への無期転換ルールの適用が始まろうとしている。これは、有期雇用で更新して合計5年以上働く派遣社員や契約社員が希望すれば、無期雇用に転換できる制度で、2018年4月から該当者が出てく…

後輩女子に感じる“自分とのギャップ”ランキング! 1位は「肌」の質感!?

後輩女子に感じる“自分とのギャップ”ランキング! 1位は「肌」の質感!?

後輩女子に感じる“自分とのギャップ”ランキング! 1位は「肌」の … と聞いたところ、1位は「仕事」、2位は「立ち居振る舞い」、3位は「スキンケア」がランクインしている。 職場に後輩女子が入ってくると仕事への意識がより高くなる一方で、自身との年齢差や肌の違いを実感する先輩女性が多いことが明らかに。手本になれるよう …  日刊ビビビ 後輩女子に感じる“自分とのギャップ”ランキング! …http://www.n-bibibi.com/archives/4383マンダムが、働く25歳~34歳の女性219名に「後輩女子が入ってきたときに感じること」について調査を実施。後輩女子に感じる“自分とのギャップ”が明らかになった。   後輩女子ができたらどんな気持ち? 先輩としての意識が仕事に反映!? まず「同じ職場に女性の後輩が入ってきたら、どのように感じますか?」と質…

「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に

「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に

… 将来就きたい仕事」に関するアンケート調査結果を発表した。 調査対象は、日本全国の小中学生1000人。大人になったらどのような仕事をしたいかを尋ねたところ、男子(6歳~15歳)の3.2%が「エンジニア・プログラマー」を選んだ。前回(2017年)の将来就きたい仕事ランキングではランク外だったが、今回は10位にランクイン …  MONOist 「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1804/10/news070.htmlアデコが「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表。「エンジニア・プログラマー」が、前回のランク外から全体の10位に、中学生(13歳〜15歳)男子の部門では5位に入った。全体の1位は男子が「サッカー選手」、女子は「パティシエ」だった。

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

佐渡島 こんなことを言うと変に聞こえるかもしれませんが、僕が独立して株式会社コルクを作ったのは、仕事をしたくなかったからです。人生の中でやりたくないことを列挙したら、「仕事」は最上位にランキングされるでしょう。 そこで、講談社で働いていたときに編みだしたのが、「仕事」を「楽しみ」に変えるということ。前は深酒した …  BLOGOS 明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「…http://blogos.com/article/294764/かつて「仕事はもっともやりたくないことだった」と語る佐渡島庸平氏。そんな彼が、いかにして次々とヒット作を飛ばす編集者になったのか。なぜ株式会社コルクを起業してリスクの大きな挑戦を始めたのか。そのモチベーションの源泉となっているものについて話を聞いた。取材・文/