ライフスタイル・仕事

パーソルキャリア「DODA」、「仕事満足度ランキング」公開

投稿日:

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA」は、20歳~59歳のビジネスパーソン1万5000人を対象に、仕事に対する満足度調査を行った。 仕事満足度 …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

【週間ムー占い】2位は「風変わりな恋」に出会う? 11月26日~12月2日の運勢&開運ヒント

【週間ムー占い】2位は「風変わりな恋」に出会う? 11月26日~12月2日の運勢&開運ヒント

ラッキー星座ランキング 4位. 仕事や学業で納得のいく成果を上げられる運気がまだまだ継続中。とくに今週は、心技体が足並みをそろえるというか、調子のよさを …  GetNavi web ゲットナビ 【週間ムー占い】2位は「風変わりな恋」に出会う? …https://getnavi.jp/entertainment/323689/一気に寒くなってきましたね。今週でついに11月も終了です。怒涛の師走に突入する準備は整いましたか? まずはスーパーミステリーマガジン「ムー」の占いを参考に、11月をしっかりと終わらせる方法を模索していきましょう! ◆牡羊座 3/21~4/20生まれ★ラッキー星座ランキング  8位パートナー…

働きがいのある企業ランキング2019!3位三井不動産、1位は?

働きがいのある企業ランキング2019!3位三井不動産、1位は?

どんなに給料が良くても、どんなに残業が少なくても、働きがいのない企業で働くのは、仕事に真剣な人にとっては実に辛いもの。しかし、なかなか公開された情報 …  ニコニコニュース 働きがいのある企業ランキング2019!3位三井不動産…https://news.nicovideo.jp/watch/nw4711830 どんなに給料が良くても、どんなに残業が少なくても、働きがいのない企業で働くのは、仕事に真剣な人にとっては実に辛いもの。しかし、なかなか公開された情報だけで、働きがいのある企業を見抜くのは難しいことです。 就職・転職のための企業リサーチ…

働く女性がイライラで爆発しそうな瞬間ランキング。2位は「パソコンのフリーズ」

働く女性がイライラで爆発しそうな瞬間ランキング。2位は「パソコンのフリーズ」

というわけで、事務系で働く30代女性に、仕事していてついイラッとして爆発しそうになる瞬間を聞い … 事務系で働く女性」がイラッとする瞬間ランキング(複数回答)  女子SPA! 働く女性がイライラで爆発しそうな瞬間ランキング…https://joshi-spa.jp/881430働く女性のみなさん、今日もお仕事おつかれさまです。営業はじめ外に出て働いている人は、お客さんと直接対峙して、神経をすり減らしていることでしょう。内勤の人は、会社という閉鎖空間に丸一日ずーっといるのも…

「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に

「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に

… 将来就きたい仕事」に関するアンケート調査結果を発表した。 調査対象は、日本全国の小中学生1000人。大人になったらどのような仕事をしたいかを尋ねたところ、男子(6歳~15歳)の3.2%が「エンジニア・プログラマー」を選んだ。前回(2017年)の将来就きたい仕事ランキングではランク外だったが、今回は10位にランクイン …  MONOist 「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1804/10/news070.htmlアデコが「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表。「エンジニア・プログラマー」が、前回のランク外から全体の10位に、中学生(13歳〜15歳)男子の部門では5位に入った。全体の1位は男子が「サッカー選手」、女子は「パティシエ」だった。

将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞が影響か

将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞が影響か

将来就きたい仕事ランキングで、男子の1位は「学者・研究者」だった。ついで、2位「電車の運転士」、3位「ゲームクリエイター」「サッカー選手」、5位「俳優・声優」「パイロット」など。1位に「学者・研究者」がランクインした理由について、夢らくざプロジェクトは、日本人が3年連続でノーベル賞を受賞していることが背景にあるのでは …  リセマム 将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞…https://resemom.jp/article/2018/05/01/44339.html 夢らくざプロジェクトが実施した調査によると、小中学生男子が将来就きたい仕事の1位は「学者・研究者」であることがわかった。女子の1位は「ケーキ屋さん・パティシエ」、保護者が子どもに就いてもらいたい仕事の1位は「子どもがなりたいもの・好きなもの」だった。