ライフスタイル・仕事

ミスド、スタバの新作や、ご当地グルメの祭典に夢中 【今週のライフスタイル人気ランキング】

投稿日:

-ライフスタイル・仕事

関連記事

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

佐渡島 こんなことを言うと変に聞こえるかもしれませんが、僕が独立して株式会社コルクを作ったのは、仕事をしたくなかったからです。人生の中でやりたくないことを列挙したら、「仕事」は最上位にランキングされるでしょう。 そこで、講談社で働いていたときに編みだしたのが、「仕事」を「楽しみ」に変えるということ。前は深酒した …  BLOGOS 明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「…http://blogos.com/article/294764/かつて「仕事はもっともやりたくないことだった」と語る佐渡島庸平氏。そんな彼が、いかにして次々とヒット作を飛ばす編集者になったのか。なぜ株式会社コルクを起業してリスクの大きな挑戦を始めたのか。そのモチベーションの源泉となっているものについて話を聞いた。取材・文/

「一緒に仕事したくない女子アナ」久慈暁子アナは気持ちにムラ?

「一緒に仕事したくない女子アナ」久慈暁子アナは気持ちにムラ?

テレビマン30人に「一緒に仕事したくない女子アナ」を聞いた。田中みな実アナは、一般視聴者のアンケートでは、“ぶりっ子キャラ” が鼻につくと「嫌いな女子アナ」ランキング上位の常連だ。本人は割り切っているだろうが、「仕事をしたくない女子アナ」アンケートでは、こんな気になる回答があった。 「私の周りでは、最近は気分が不 …  ライブドアニュース 「一緒に仕事したくない女子アナ」久慈暁子アナは…http://news.livedoor.com/article/detail/14680138/現場スタッフが語る女子アナの評価についてFLASHが伝えている。モデル出身であるフジテレビの久慈暁子アナは、気持ちにムラがあるという。日本テレビの笹崎里菜アナは、率先力に欠ける面があるとのこと

『ユニクロ アンド JW アンダーソン』の新作が2週連続1位! 新社会人のためのお仕事服も人気【今週の …

『ユニクロ アンド JW アンダーソン』の新作が2週連続1位! 新社会人のためのお仕事服も人気【今週の …

新社会人のためのお仕事服も人気【今週のファッション人気ランキング】 … ということで、3/9(土)~3/15(金)のファッション人気ランキングを発表しちゃいます!  DAILY MORE | ファッション、… 『ユニクロ アンド JW アンダーソン』の新作が2週…https://more.hpplus.jp/fashion/news/46046毎日更新しているDAILY MOREのファッション記事。人気のあった記事を見れば、今注目のトレンドが見えてくる!? ということで、3/9(土)~3/15(金)のファッション人気ランキングを発表しちゃいます! 今週も『ユニクロ アンド JW アンダーソン』の記事… | DAILY MORE

最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

1位は、イラスト入りで50近くの職業の未来を分析している『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一著、SBクリエイティブ)。7日間にわたって売上数の増減も少なく、安定した人気を維持している。 2位には、堀江貴文氏が推薦している『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』(三戸政和著、講談社)がランクインした …  東洋経済オンライン 最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング | Amazo…https://toyokeizai.net/articles/-/221655アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、5月13~19日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初…

年収180万円程度の日本人が「激増」する未来

年収180万円程度の日本人が「激増」する未来

マックジョブとは英語圏で言われる「マクドナルドの仕事のようにマニュアルだけをこなしていればできる仕事」のことです。ライシュ氏はクリントン政権下で進められ …  東洋経済オンライン 年収180万円程度の日本人が「激増」する未来 | 国内経済https://toyokeizai.net/articles/-/263376クリントン政権で労働長官を務めたロバート・ライシュ氏は、退任後は経済学者として「富の格差」についての研究を進めています。そのライシュ氏は今世紀の始まりごろに次のような予言をしました。「21世紀の社会で…