ライフスタイル・仕事

九州男児は涙もろい!? 泣かない県ランキング1位は「三重県」に

投稿日:

-ライフスタイル・仕事

関連記事

住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は「シネコンがないから」?

住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は「シネコンがないから」?

横浜が遠方からも高い人気を集めた2つ目の理由は、ずばり「働き方改革」。さらに郊外が見直されるきっかけになっていると思います。弊社もそうですけど、労働時間が短くなって夜早く帰る人たちが増えているんですよね。確実に3年前とはまるで違う、早い時間帯に帰っていますよ。 ―― 「働き方改革」までランキングに影響を …  BLOGOS 住みたい街ランキングで“20代吉祥寺離れ”の理由は…http://blogos.com/article/285914/2018年の「住みたい街ランキング」は、吉祥寺・恵比寿を抜いて横浜が1位に輝き、大きな話題を呼びました。「住みたい街ランキング」を深読みして、自分にとっての「住みたい街」を考えるには? SUUMO編集長の池本洋一さんにじっくりお話を伺いました。【写真】20代~

「65歳以上の労働率が最も高い国ランキング」1位は4割が労働

「65歳以上の労働率が最も高い国ランキング」1位は4割が労働

ランキング結果は高齢者の労働に対する各国の異なる見解を反映している。欧州の大部分では「若い時に一生懸命働いたから余生はゆっくり過ごしたい」と考える高齢者が多いのに対し、ほかの地域では「労働が生きがいになる」と考える高齢者も多い。 また「年金では暮らしていけない」と生活のために仕事を続ける高齢者も …  ZUU online 「65歳以上の労働率が最も高い国ランキング」1位は…https://zuuonline.com/archives/183668OECDが「労働力統計報告書」を発表し、日本は65歳以上の高齢者の労働率が世界で8番目に高い国であることが明らかになりました。最も高い国はアイルランドで、日本の2倍に匹敵する40%の高齢者が働いています。

九州が「成長可能性都市」の上位に! 伸びる“まち”の共通点

九州が「成長可能性都市」の上位に! 伸びる“まち”の共通点

項目やライフスタイル別に集計してランキング化した。「総合ランキング」、実績とポテンシャルの差でみた“伸びしろ”が大きいと考えられる「ポテンシャル …  AERA dot. (アエラドット) 九州が「成長可能性都市」の上位に! 伸びる“まち…https://dot.asahi.com/wa/2018050800046.html この国は東京一極集中ではあるが、その大都会からずいぶんと離れていても、勢いや可能性を秘めた自治体はある。伸びる“まち”にはどんな条件が備わっているのだろうか。野村総合研究所の「成長可能性都市ランキン…

田原総一朗氏が働き方改革のズレを指摘 仕事の絶対量を減らすしかない

田原総一朗氏が働き方改革のズレを指摘 仕事の絶対量を減らすしかない

1986年、男女雇用機会均等法が施行された。それから30年余を経た2015年、女性活躍推進法が施行された。だが、女性の地位はどれほど向上したのか。ここに、世界経済フォーラムが、世界各国の男女平等の度合いを示した「ジェンダーギャップ指数」の2017年版がある。いわゆる「男女平等ランキング」だ。このランキング …  ライブドアニュース 田原総一朗氏が働き方改革のズレを指摘 仕事の絶対…http://news.livedoor.com/topics/detail/14378301/田原総一朗氏が今の日本は男女問わず長時間労働になっていると指摘した。サービス過剰に陥ってる日本は仕事の絶対量を減らすべきだと主張。働き方改革は国民を幸せにするのか、考え方がズレていないかと疑問を呈した

ライフハッカー読者が最も購入したビジネス書ランキング:2018年4月

ライフハッカー読者が最も購入したビジネス書ランキング:2018年4月

… 書ランキング:2018年4月 Image: Dudarev Mikhail/Shutterstock.com. ライフハッカー[日本版]の読者が、2018年4月に最も購入した書籍のトップ10をご紹介します。 4月は、「なぜ、あなたの話はつまらないのか?」など、話し方のテクニックに関する本が注目を集めました。また、「上に行く人が早くから徹底している仕事の …  www.lifehacker.jp ライフハッカー読者が最も購入したビジネス書ラン…https://www.lifehacker.jp/2018/05/amazon-business-books-ranking-201804.htmlライフハッカー[日本版]の読者が、2018年4月に最も購入した書籍のトップ10をご紹介します。4月は、「なぜ、あなたの話はつまらないのか?」など、話…