ライフスタイル・仕事

明日死んだとしても後悔しない生き方をしたい – 「賢人論。」第59回佐渡島庸平氏(後編)

投稿日:

佐渡島 こんなことを言うと変に聞こえるかもしれませんが、僕が独立して株式会社コルクを作ったのは、仕事をしたくなかったからです。人生の中でやりたくないことを列挙したら、「仕事」は最上位にランキングされるでしょう。 そこで、講談社で働いていたときに編みだしたのが、「仕事」を「楽しみ」に変えるということ。前は深酒した …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

世代別「艶やかな女子アナ」興奮度ランキング(3)40代1位はギャップに期待の滝川クリステル

世代別「艶やかな女子アナ」興奮度ランキング(3)40代1位はギャップに期待の滝川クリステル

去年、滝クリが小澤征悦をフッたのは、もっと仕事をしたいからですよ。今はとにかく『男より仕事』が彼女の合言葉になっている。今後、さらに社会貢献事業など活動の幅を広げたい滝クリは、いまだに東京五輪招致プレゼンの『お・も・て・な・し』の話ばかりされるのを本気で嫌がっていて『東京五輪が終わってからが、私の本当の …  ニフティニュース 世代別「艶やかな女子アナ」興奮度ランキング(3)…https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-99987/ 40代第1位は、これまた鉄板のフリーアナ・滝川クリステル(40)だった。「昼と夜のギャップがすごそう」(福井県・58歳)、「乱れるところを見てみたい女子アナNo.1」(徳島県・43歳)と、クールな美…

小中学生が「将来就きたい仕事」男女ともに「警察官・刑事」がランクイン

小中学生が「将来就きたい仕事」男女ともに「警察官・刑事」がランクイン

さらに、前回の調査では「会社員 (サラリーマン・OL)」が男子のもっとも就きたい仕事の1位に、女子の2位に選ばれていたが、今回は男子のランキングで7位、女子では9位という結果になった。 小中学生が好きな教科、嫌いな教科を訊ねたところ、好きな教科の1位は「算数・数学」24.1%で、2位「体育・保健体育」、3位「国語」と …  ict-enews.net 小中学生が「将来就きたい仕事」男女ともに「警察…https://ict-enews.net/2018/03/27adecco/アデコは、日本全国の小中学生1000人を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を昨年11月に実施、26日その結果を公表した。 今回で5回目となる同調査によると、小中学生が

将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞が影響か

将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞が影響か

将来就きたい仕事ランキングで、男子の1位は「学者・研究者」だった。ついで、2位「電車の運転士」、3位「ゲームクリエイター」「サッカー選手」、5位「俳優・声優」「パイロット」など。1位に「学者・研究者」がランクインした理由について、夢らくざプロジェクトは、日本人が3年連続でノーベル賞を受賞していることが背景にあるのでは …  リセマム 将来就きたい仕事ランキング、男子1位はノーベル賞…https://resemom.jp/article/2018/05/01/44339.html 夢らくざプロジェクトが実施した調査によると、小中学生男子が将来就きたい仕事の1位は「学者・研究者」であることがわかった。女子の1位は「ケーキ屋さん・パティシエ」、保護者が子どもに就いてもらいたい仕事の1位は「子どもがなりたいもの・好きなもの」だった。

フェラーリ:ダブル表彰台でランキング首位奪還 / F1オーストリアGP

フェラーリ:ダブル表彰台でランキング首位奪還 / F1オーストリアGP

良い仕事ができたし、良いレースだった。とても堅実なスタートを切れたけど、ターン1ではちょっと乱雑だった。取り戻そうとしたけど、スペースがなかったし、ターン3 …  f1-gate.com フェラーリ:ダブル表彰台でランキング首位奪還 / …https://f1-gate.com/ferrari/f1_43387.htmlフェラーリは、F1オーストリアGPの決勝レースでキミ・ライコネンが2位、セバスチャン・ベッテルが3位に入りダブル表彰台を獲得。ドライバーズ…

転職したい理由、待遇・働き方への不満が増

転職したい理由、待遇・働き方への不満が増

転職サービス「DODA」(パーソルキャリア運営)は5月24日、「転職理由ランキング2018」を発表した。同ランキングは、2017年度(2017年4月~2018年3月) …  マイナビニュース 転職したい理由、待遇・働き方への不満が増https://news.mynavi.jp/article/20180528-637324/転職サービス「DODA」(パーソルキャリア運営)は5月24日、「転職理由ランキング2018」を発表した。同ランキングは、2017年度(2017年4月~2018年3月)に「DODA」へ登録した転職希望者7万8,169人のデータを元に集計したもの。