ライフスタイル・仕事

週間ランキング、1位はHISの働き方改革、ANAのハワイA380も

投稿日:

[総評] 今週の1位は、エイチ・アイ・エス(HIS)の働き方改革に関する記事でした。2位に入ったのは全日空(NH)がハワイ線に投入予定のA380型機についての詳細で、日系航空会社初のスーパージャンボですからこれも十分過ぎるほど注目度の高い話題であるわけですが、圧倒的な差がついての首位となりました。 まあそう …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

菅田将暉 仕事に飽きてきてる?「すげえ暗い」

菅田将暉 仕事に飽きてきてる?「すげえ暗い」

として、占い師・ゲッターズ飯田が出演者の運勢をランキング形式で発表。 その中で菅田の運勢は最下位となり、飯田から「現在仕事に飽きてると思います」「流れ …  E-TALENTBANK co.,ltd. 菅田将暉 仕事に飽きてきてる?「すげえ暗い」|E-…https://e-talentbank.co.jp/news/67623/30日に放送された日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』に、菅田将暉と小栗旬がゲスト出演した。

「東京ソラマチ」のハロウィンメニューと、「日本橋髙島屋SC」のグルメショップに熱視線 【今週のライフ …

「東京ソラマチ」のハロウィンメニューと、「日本橋髙島屋SC」のグルメショップに熱視線 【今週のライフ …

人気のあった記事を見れば、毎日がハッピーになるヒントが見つかるかも!? ということで、10/6(土)~10/12(金)のライフスタイル人気ランキングを発表しちゃい …  DAILY MORE | ファッション、… 「東京ソラマチ」のハロウィンメニューと、「日本…https://more.hpplus.jp/odekake/o-news/42278日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のライフスタイル記事。人気のあった記事を見れば、毎日がハッピーになるヒントが見つかるかも!? ということで、10/6(土)~10/12(金)のライフスタイル人気ランキングを発表しちゃいます!※記事発信… | DAILY MORE

若者の「住みやすい街」1位はぶっちぎりで「新宿」!! 仕事、娯楽、買い物すべてそろっているのが魅力だけど …

若者の「住みやすい街」1位はぶっちぎりで「新宿」!! 仕事、娯楽、買い物すべてそろっているのが魅力だけど …

発表されるたびに毎年話題になる「住みたい街ランキング」ですが、今回注目したのは、若い単身者にターゲットを絞った住みたい街ランキングです。 首都圏で …  Pouch[ポーチ] 若者の「住みやすい街」1位はぶっちぎりで「新宿」…https://youpouch.com/2018/09/26/531322/発表されるたびに毎年話題になる「住みたい街ランキング」ですが、今回注目したのは、若い単身者にターゲットを絞った住みたい街ランキングです。 首都圏でガーラマンシ …

(071)残る仕事は何か(食と農業関係抜粋と雑感)一覧へ

(071)残る仕事は何か(食と農業関係抜粋と雑感)一覧へ

ただし、同じ38位の職種名には家庭(home)という言葉が入ることが気になる。共稼ぎ世帯が増え、男女ともに朝から晩まで働くことが普通になれば、ワーク・ライフ・バランスの重要性が増し、いかに家庭を維持するかについても夫婦や家族だけで考えるのではなく、専門家のアドバイスをもらいつつ考える世の中を暗示しているの …  コラム (071)残る仕事は何か(食と農業関係抜粋と雑感)http://www.jacom.or.jp/column/2018/02/180223-34689.php 先週紹介したフレイ&オズボーンのリスト(702職種のランキング)の中で、食料と農業に関する主なものを抽出したのが表である。左側の数字は順位であり、右側が職種である。参考までに括弧内に英語の標記を記した。 簡単な英語で記されたこれらの仕事がそもそも何を示しているかについて、多くの議論や異論があること…

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

10年前に革命的だった「19時前退社」も今となっては時代遅れになりつつある、という鈴木茂晴・日本証券業協会会長。大和証券時代、女性役員を6名にまで引き上げた。こうした改革を軌道に乗せるにあたって、最も重要な要素とは何だったのか。前回に引き続き、小室淑恵・株式会社ワーク・ライフバランス社長との核心に迫る …  ダイヤモンド・オンライン 大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入…http://diamond.jp/articles/-/161225社会が長時間労働問題に無関心だった2007年、残業が常態化する証券業界で「19時前退社」に挑戦したのが大和証券だ。同社はなぜ先んじて成功できたのか。当時改革を指揮した鈴木茂晴・日本証券業協会会長に、小室淑恵氏が聞く。