ライフスタイル・仕事

12星座【メイド】ランキング 乙女座はお城のメイドたちを仕切るメイド長に!

投稿日:

メイド仲間たちと楽しく仕事をするメイド 家事全般が苦にならない蟹座にとって、メイドの仕事は、普通に生活をすることに等しいのかもしれません。仕事として請け負っている家事であっても、「当たり前のことをしているだけ」という感覚で自然に行えるでしょう。自分のスタイルとペースでやらせてもらう契約を組めれば、メイド仕事を …

-ライフスタイル・仕事

関連記事

関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案を

関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案を

関東食品は、働き方改革、労働生産性向上に向けた取組みを推進している。年間休日も100日から110日プラス計画有休4日の114日にした。4日、高崎市内のホテルで開催された関桜会総会=写真=で小林祐一副社長は「働き方改革を進めると人件費が膨らむ。その中で、今までと同じ商品・同じ業態に販売していたのでは …  news.nissyoku.co.jp 関東食品、働き方改革推進 ワンランク上の商品提案をhttps://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=KINBARA20180405020742902&cc=01&ic=140 関東食品は、働き方改革、労働生産性向上に向けた取組みを推進している。年間休日も100日から110日プラス計画有休4日の114日にした。4日、高崎市内のホテルで開催された関桜会総会=写真=で小林祐一副社長は「働き方改革を進めると人件費が膨らむ。その中で、今までと同じ商品・同じ業態に販売していたのでは生き残りは…

契約2件で100億円 「カリスマ保険営業員」が語る仕事の魅力

契約2件で100億円 「カリスマ保険営業員」が語る仕事の魅力

【上席特別参与(妹)】廣瀬佳栄さん(49、右):1995年から第一生命の営業員。2003~12年度、姉に次ぐ「全国準王座」。13年度から「全国王座」を続ける/【名誉調査役(母)】柴田和子さん(80、中央):1970年、第一生命に入社。ギネス世界記録を2度達成。「永世王座」でランキングから外れたが実際は30年連続で1位/【 …  AERA dot. (アエラドット) 契約2件で100億円 「カリスマ保険営業員」が語る…https://dot.asahi.com/aera/2018040600032.html 第一生命保険の年間契約額において、母娘で合わせて連続40年に渡りトップの座を保持する保険営業員がいる。母はギネス記録を2度達成したレジェンドだ。保険営業の魅力や、ぜひチャレンジしてほしい人などを語っ…

2/18〜2/24 ライフスタイルニュースランキング!

2/18〜2/24 ライフスタイルニュースランキング!

2/18(日)〜2/24(土)掲載のライフスタイルニュースで、アクセスが多かった注目の人気記事TOP5を発表! 2/18〜2/24 ライフスタイルニュースランキング! 【1位】希少な白いちごづくしのアフタヌーンティーが登場。 2/18〜2/24 ライフスタイルニュースランキング! 【2位】「ル・ショコラ・アラン・デュカス」が日本初上陸!  VOGUE JAPAN 2/18〜2/24 ライフスタイルニュースランキング!https://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2018-02/25/ranking2/18(日)〜2/24(土)掲載のライフスタイルニュースで、アクセスが多かった注目の人気記事TOP5を発表!

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入りしたワケ

10年前に革命的だった「19時前退社」も今となっては時代遅れになりつつある、という鈴木茂晴・日本証券業協会会長。大和証券時代、女性役員を6名にまで引き上げた。こうした改革を軌道に乗せるにあたって、最も重要な要素とは何だったのか。前回に引き続き、小室淑恵・株式会社ワーク・ライフバランス社長との核心に迫る …  ダイヤモンド・オンライン 大和証券が就職人気ランキング圏外からトップ10入…http://diamond.jp/articles/-/161225社会が長時間労働問題に無関心だった2007年、残業が常態化する証券業界で「19時前退社」に挑戦したのが大和証券だ。同社はなぜ先んじて成功できたのか。当時改革を指揮した鈴木茂晴・日本証券業協会会長に、小室淑恵氏が聞く。

“住みたい街ランキング”トップに「横浜」、常連の恵比寿と吉祥寺を押さえた要因は

“住みたい街ランキング”トップに「横浜」、常連の恵比寿と吉祥寺を押さえた要因は

同調査は関東在住の男女7000人に聞いたもので、横浜が1位になった理由として(1)20~40代に幅広い支持、(2)横浜駅から半径2km以内にプレイスポットが集中、(3)ブランド力、(4)ライフ・ワーク・バランス、などが挙げられている。 横浜人気の要因について、住宅ジャーナリストの櫻井幸雄氏は次のように分析する。  BLOGOS “住みたい街ランキング”トップに「横浜」、常連の…http://blogos.com/article/280962/28日、SUUMOが毎年恒例の「住みたい街ランキング2018 関東版」を発表し、1位に「横浜」が輝いた。ここ数年、1位と2位は「恵比寿」と「吉祥寺」が独占してきたが、今回は3位以下が多かった横浜が浮上した格好だ。※カッコ内は2017年1位:横浜(吉祥寺)2位: