育児・教育

「面倒見が良い大学」2018年ランキング、14年連続1位は…サンデー毎日

投稿日:

-育児・教育

関連記事

妊娠・出産・育児情報誌の「たまひよ」創刊25周年!25年前と比較!たまひよ「理想のパパランキング」発表 …

妊娠・出産・育児情報誌の「たまひよ」創刊25周年!25年前と比較!たまひよ「理想のパパランキング」発表 …

妊娠・出産・育児情報誌の「たまひよ」創刊25周年!25年前と比較! … 2018年ランキングでは、SNSで5児の父の育児ライフを発信しているつるの剛士さん … イクメンなんて言葉がいらなくなって、もっと当たり前になっていくといいなと思います」( …. 東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所 共同研究プロジェクト「 …  プレスリリース・ニュースリ… 妊娠・出産・育児情報誌の「たまひよ」創刊25周年…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000659.000000120.html株式会社ベネッセホールディングスのプレスリリース(2018年6月8日 11時02分)妊娠・出産・育児情報誌の創刊25周年!25年前と比較!たまひよ発表 2018年1位は、つるの剛士さん

日本は大幅に順位を落とし30位 理想的な世界の移住国ランキング

日本は大幅に順位を落とし30位 理想的な世界の移住国ランキング

子供の教育やキャリア形成、老後の暮らしの選択肢として海外移住を考える人が年々増えている。そんななか、銀行大手HSBCは、「理想的な海外移住国 …  ライブドアニュース 日本は大幅に順位を落とし30位 理想的な世界の移住…http://news.livedoor.com/article/detail/15815112/経済や教育などを指標にした「理想的な海外移住国ランキング」が発表された。1位はシンガポール、2位はニュージーランド、3位はドイツ、4位はカナダ。日本は2017年調査の22位から大幅に順位を落として30位となった

【エンタがビタミン 】有吉弘行、つるの剛士ら“イクメン芸能人 TOP3”に「イクメンで飯食ってる」

【エンタがビタミン 】有吉弘行、つるの剛士ら“イクメン芸能人 TOP3”に「イクメンで飯食ってる」

番組でアンケート調査した結果をもとにした1位~10位までを出演者たちが予想する企画で、今回は時間内に全問正解できず、最終的に公表されたランキングは次 …  Techinsight(テックインサイ… 【エンタがビタミン♪】有吉弘行、つるの剛士ら“イ…http://japan.techinsight.jp/2018/10/maki10191653.html2011年に制定された10月19日「イクメンの日」にちなみ、この日放送されたお昼のバラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が“超限定マーケティング”のコーナーで「イクメンだと思う有名人TOP10」をテーマに取り上げた。 番組でアンケート調査した結果をもとにした1位~10位までを出演者たちが予想する企画

アナハイム大学オンライングリーンMBAプログラムが全米ベスト・カレッジ・レビューランキング第2位を獲得

アナハイム大学オンライングリーンMBAプログラムが全米ベスト・カレッジ・レビューランキング第2位を獲得

米国カリフォルニア州を拠点に世界各地にオンライン教育を提供するアナハイム大学では、この度、サステナビリティに特化したオンラインMBAプログラムである、 …  ValuePress! アナハイム大学オンライングリーンMBAプログラムが…https://www.value-press.com/pressrelease/213364Anaheim Universityのプレスリリース(2018年12月21日 8時)。アナハイム大学のサステナビリティ(持続可能性)に特化したオンラインMBA、グリーンMBAプログラムが、全米大学ランキング大手ウェブサイト、ベスト・カレッジ・レビューのサステナビリティに関するオンラインMBA部門で、第2位を獲得しました。

世界に誇れる教育環境を 「場所」だけを理由に縛る法案には反対

世界に誇れる教育環境を 「場所」だけを理由に縛る法案には反対

久々に本欄で発信する機会をえた。あらためて私の日本への思い、首都・東京の運営についてお伝えしていきたい。 政府は2月6日、「東京一極集中の是正」を理由として、東京23区内の私立大学の定員増を制限することを柱とする法案を閣議決定した。ただでさえ世界大学ランキングでの地盤沈下が激しい日本の教育を、「 …  産経ニュース 【女子の兵法・小池百合子】世界に誇れる教育環境…http://www.sankei.com/column/news/180219/clm1802190005-n1.html久々に本欄で発信する機会をえた。あらためて私の日本への思い、首都・東京の運営についてお伝えしていきたい。政府は2月6日、「東京一極集中の是正」を理由として、東京…