育児・教育

“世界でもっとも住みやすい都市ランキング”を韓国が「信用できない」とやっかむ背景

投稿日:

-育児・教育

関連記事

元女王セレナがランキングより高い第17シードに [全米テニス]

元女王セレナがランキングより高い第17シードに [全米テニス]

これは、2017年USオープン期間中だった9月に出産したセレナがツアーに復帰して以来、3度目のグランドスラム大会となる。セレナは、危険な血栓を含め、出産 …  Yahoo!ニュース 元女王セレナがランキングより高い第17シードに […https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00010009-tennismagv-spo8月27日に開幕する「USオープン」(8月27日~9月9日/アメリカ・ニューヨーク)。 セ – Yahoo!ニュース(テニスマガジンONLINE)

THE世界大学ランキング2019、東大&京大の過去7年推移…アジアでは清華大学が首位

THE世界大学ランキング2019、東大&京大の過去7年推移…アジアでは清華大学が首位

THE世界大学ランキング2019は、世界1,250以上の大学を評価したランキング。教育力、研究力、研究の影響力(論文の引用数)、国際性、産業界からの収入の5 …  リセマム THE世界大学ランキング2019、東大&京大の過去7年…https://resemom.jp/article/2018/09/28/46977.html 英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)が2018年9月26日(イギリス現地時間)に発表したTHE世界大学ランキング2019(THE World University Rankings 2018-2019)から、東大、京大と、一部のアジアの大学のランキング推移をまとめた。

<直言!日本と世界の未来>世界の男女平等ランキング「日本114位」にショック=女性が働きやすい環境 …

<直言!日本と世界の未来>世界の男女平等ランキング「日本114位」にショック=女性が働きやすい環境 …

法制度の側面では、ここ10年あまりでかなり前進しており、企業も人事諸制度の整備を進めてきている。しかし、実態があまり伴っていないのが現状である。法制度や企業の育児支援制度など、器は立派なものがかなり整ってきているが、肝心の中身がない。あるいは中身をいっぱいに満たそうという“志”に欠けているように思う。  ニフティニュース <直言!日本と世界の未来>世界の男女平等ランキ…https://news.nifty.com/article/world/rcdc/12181-595758/世界各国の男女平等の度合いを示した2017年版「ジェンダー・ギャップ指数」(世界経済フォーラム=WEF)を読んでショックを受けた。日本は調査対象144カ国のうち、114位で過去最低となった。同指数は女…

「ママでも復帰できる!」出産から復帰のS・ウィリアムズがウィンブルドン準優勝 世界中のお母さんにエール

「ママでも復帰できる!」出産から復帰のS・ウィリアムズがウィンブルドン準優勝 世界中のお母さんにエール

子供を出産した経験のある女性ならば、迫力に満ちた彼女の力強いプレーは信じ難かっただろう。テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権で準優勝に輝いた36 …  産経ニュース 【スポーツ異聞】「ママでも復帰できる!」出産か…https://www.sankei.com/premium/news/180721/prm1807210008-n1.html子供を出産した経験のある女性ならば、迫力に満ちた彼女の力強いプレーは信じ難かっただろう。テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権で準優勝に輝いた36歳のセリーナ・…

セリーナが出産後初勝利 西岡、杉田組は敗れる

セリーナが出産後初勝利 西岡、杉田組は敗れる

女子シングルス1回戦で昨年9月の出産後初の4大大会となった元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がクリスティナ・プリスコバ(チェコ) …  nikkansports.com セリーナが出産後初勝利 西岡、杉田組は敗れる – …https://www.nikkansports.com/sports/news/201805300000103.html 女子シングルス1回戦で昨年9月の出産後初の4大大会となった元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がクリスティナ・プリスコバ(チェコ)を7-6、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)