育児・教育

世界大学ランキング日本版2019 京大が初の単独1位 東大は2位に

投稿日:

-育児・教育

関連記事

【特集】「教育ICT」が30位にランクイン、学校教育法改正案閣議決定で息の長いテーマに<注目テーマ>

【特集】「教育ICT」が30位にランクイン、学校教育法改正案閣議決定で息の長いテーマに<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「教育ICT」が順位を落としたものの30位にランクインしている。 政府が23日、タブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と位置づける学校教育法改正案を閣議決定したことを受けて、関心が高まっている。現行法では、授業で紙の教科書を使用 …  kabutan.jp 「教育ICT」が30位にランクイン、学校教育法…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201802280308★人気テーマ・ベスト101 5G2 パワー半導体3 カジノ関連4 人工知能5 半導体製造装置6 電線地中化7 全固体電池8 量子コンピューター9 仮想通貨10 防衛 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

家事関連時間都道府県ランキング

家事関連時間都道府県ランキング

(*)6歳未満の子供がいる夫の1日当たりの家事関連時間(夫婦と子供の世帯,土日を含む週全体の平均) ※家事関連時間・・・「家事」、「介護・看護」、「育児」 …  イクメンプロジェクト 育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメン…http://ikumen-project.mhlw.go.jp/company/ranking/イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。イクメンがもっと多くなれば、妻である女性の生き方が、子どもたちの可能性が、家族のあり方が大きく変わっていくはず。そして社会全体も、もっと豊かに成長していくはずです。

「ハズキルーペ」でCM好感度上昇の武井咲、出産後の早すぎる復帰は懐事情が関係!?

「ハズキルーペ」でCM好感度上昇の武井咲、出産後の早すぎる復帰は懐事情が関係!?

CM総合研究所による2018年10月前期の『CM好感度ランキング』では4位にランクインするなど、評判は上々だ。 辛口な声が多い … 出産前は、「武井が育児に専念したがっている」とのことでファンクラブ解散説まで流れていた。しかし、今年5月には …  ニフティニュース 「ハズキルーペ」でCM好感度上昇の武井咲、出産後…https://news.nifty.com/article/entame/cyzo/12122-179832/ EXILEのボーカル・TAKAHIROと昨年9月に結婚し、今年の3月に第1子の長女を出産した女優・武井咲の復帰第1回目の仕事である「ハズキルーペ」のCMが話題を呼んでいる。 CMで武井は高級クラブの…

【エンタがビタミン 】有吉弘行、つるの剛士ら“イクメン芸能人 TOP3”に「イクメンで飯食ってる」

【エンタがビタミン 】有吉弘行、つるの剛士ら“イクメン芸能人 TOP3”に「イクメンで飯食ってる」

番組でアンケート調査した結果をもとにした1位~10位までを出演者たちが予想する企画で、今回は時間内に全問正解できず、最終的に公表されたランキングは次 …  Techinsight(テックインサイ… 【エンタがビタミン♪】有吉弘行、つるの剛士ら“イ…http://japan.techinsight.jp/2018/10/maki10191653.html2011年に制定された10月19日「イクメンの日」にちなみ、この日放送されたお昼のバラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が“超限定マーケティング”のコーナーで「イクメンだと思う有名人TOP10」をテーマに取り上げた。 番組でアンケート調査した結果をもとにした1位~10位までを出演者たちが予想する企画

世界大学ランキング日本版2019、1位「京都大学」 “教育充実度”では「国際教養大学」が1位に

世界大学ランキング日本版2019、1位「京都大学」 “教育充実度”では「国際教養大学」が1位に

ベネッセホールデンィングスは3月27日、「THE 世界大学ランキング日本版2019」を発表した。同調査は、世界大学ランキングで有名な英国教育専門誌「タイムズ・ …  エキサイトニュース 世界大学ランキング日本版2019、1位「京都大学」 …https://www.excite.co.jp/news/article/Careerconnection_10814/ベネッセホールデンィングスは3月27日、「THE世界大学ランキング日本版2019」を発表した。同調査は、世界大学ランキングで有名な英国教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」とともに行われた…