育児・教育

憲法の岐路 教育の目的 「国の未来」論の危うさ

投稿日:

戦後は憲法で個人の尊重をうたいながら、実際には「教育投資」「マンパワー養成」などの掛け声により、国家、社会の要請に応える教育が推進された。 その結果どうなったか。子どもは競争に追い立てられ、能力の発展も阻害されたのではないか。日本の大学の評価は世界ランキング低位に甘んじている。 安倍晋三首相は第1 …

-育児・教育

関連記事

CS Ranking(米)がAI分野での2018年世界大学ランキング発表!1位はカーネギーメロン大学 (米) 清華 …

CS Ranking(米)がAI分野での2018年世界大学ランキング発表!1位はカーネギーメロン大学 (米) 清華 …

CS Ranking(米)が最新の世界大学ランキングを公表している。ドイツの論文データベース「DBLP」でのAI論文数、教授陣、教育施設など総合的に考慮したランキングである。MITやスタンフォードという常連校の中に中国の清華大学や北京大学が加わってきた。  GloTech Trends CS Ranking(米)がAI分野での2018年世界大学ランキ…https://glotechtrends.com/cs-ranking-top-20-university-180306/CS Ranking(米)が世界大学ランキングを公表している。ドイツの論文データベース「DBLP」でのAI論文数、教授陣、教育施設など総合的に考慮したランキングである。MITやスタンフォードという常連校の中に中国の清華大学や北京大学が加わってきた。

大坂なおみ、セリーナに快勝 マイアミOP

大坂なおみ、セリーナに快勝 マイアミOP

… 大坂なおみ、シャラポワ破る BNPパリバOP> · <大坂なおみ選手 錦織圭選手とCM初共演>. 2回戦では世界4位で第4シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)と対戦する。 世界ランキングで自己最高の22位に上がった大坂は、昨年9月に女児を出産しツアー復帰2戦目のS・ウィリアムズとは初めて対戦した。(共同) …  毎日新聞ニュースサイト 女子テニス:大坂なおみ、セリーナに快勝 マイア…https://mainichi.jp/articles/20180322/k00/00e/050/153000c テニスのマイアミ・オープンは21日、米マイアミで行われ、BNPパリバ・オープンで女子ツアー初優勝を果たした20歳の大坂なおみ(日清食品)がシングルス1回戦で、元世界ランキング1位の36歳、セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-2で快勝し、2回戦に進んだ。

タンザニアの教育は日本と違う? 日本とタンザニアの教育比較【学生記者】

タンザニアの教育は日本と違う? 日本とタンザニアの教育比較【学生記者】

タンザニアでは「教育を広くみんなのもとに」というスローガンのもと、教育政策を進め … そのため、日本の小学校にあたる初等教育の就学率は90%を越えています。 … タンザニアの男女平等ランキングは144か国中68位と日本より高くなっています。  ニコニコニュース タンザニアの教育は日本と違う? 日本とタンザニア…http://news.nicovideo.jp/watch/nw35514191.タンザニアで教育を受けている人ってどれくらいいるの?タンザニアの貧困率は世界銀行によれば、2011年時で49.1%であり、国民の約半分が1日1.9ドル未満で生活しています。みなさんの想像するタンザニアも貧困のイメージが強いのでは…

京成本線沿線の治安が良い駅ランキングTOP3

京成本線沿線の治安が良い駅ランキングTOP3

台東区の治安・教育事情. 観光地で賑わう上野や浅草周辺の犯罪件数が多い台東区では、安全対策として子どもに関係する施設を中心としたパトロールや防犯用品の貸与、設置費用の助成活動を行なっています。 区内には区立小学校19箇所、区立中学校7箇所あり、グローバル化に適応できる子どもを育てるための英語 …  dailynewsonline.jp 京成本線沿線の治安が良い駅ランキングTOP3 – デイ…http://dailynewsonline.jp/article/1431738/?page=all

【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に関心

【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に関心

東大新聞オンラインで5月に公開した記事の5月中のアクセスランキングを調べたところ、1位は推薦生に一人一人取材する連載「推薦の素顔」の記事だった。  東大新聞オンライン 【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に…http://www.todaishimbun.org/ranking20180612/   東大新聞オンラインで5月に公開した記事の5月中のアクセスランキングを調べたところ、1位は推薦生に一人一人取材する連載「推薦の素顔」の記事だった。高校時代に米国大学の通信教育を受け、国際的な交流プログラムに …