育児・教育

東京メトロ丸ノ内線沿線の治安が良い駅ランキングTOP10!気になる1位を大公開

投稿日:

区立小学校41箇所、区立中学校23箇所、小中一貫教育校1箇所と教育施設が充実。子どもが経済的な理由に関わらず成長できるように「杉並区次世代育成基金」も設立されています。 その他の杉並区の詳細はこちら:【子育てしやすい街検証】杉並区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ! 第8位:方南町駅(杉並区).

-育児・教育

関連記事

世界に誇れる教育環境を 「場所」だけを理由に縛る法案には反対

世界に誇れる教育環境を 「場所」だけを理由に縛る法案には反対

久々に本欄で発信する機会をえた。あらためて私の日本への思い、首都・東京の運営についてお伝えしていきたい。 政府は2月6日、「東京一極集中の是正」を理由として、東京23区内の私立大学の定員増を制限することを柱とする法案を閣議決定した。ただでさえ世界大学ランキングでの地盤沈下が激しい日本の教育を、「 …  産経ニュース 【女子の兵法・小池百合子】世界に誇れる教育環境…http://www.sankei.com/column/news/180219/clm1802190005-n1.html久々に本欄で発信する機会をえた。あらためて私の日本への思い、首都・東京の運営についてお伝えしていきたい。政府は2月6日、「東京一極集中の是正」を理由として、東京…

評価リンケージ型社員教育サービス『 エンカレッジ 』 2017年度 役職別人気講座ランキングを発表。管理職 …

評価リンケージ型社員教育サービス『 エンカレッジ 』 2017年度 役職別人気講座ランキングを発表。管理職 …

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、評価リンケージ型社員教育サービス『 エンカレッジ 』( https://en-college.en-japan.com/ )の2017年度役職別人気講座ランキングを発表いたします。本ランキングは社会で求められている教育研修ニーズを測るために2013 …  BIGLOBEニュース 評価リンケージ型社員教育サービス『 エンカレッジ…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0329/atp_180329_5299362184.html人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、評価リンケージ型社員教育サービス『エンカレッジ』(https:/…(2018年03月29日 13時45分00秒)

鄭現、アジア男子トップへ

鄭現、アジア男子トップへ

男子テニスの世界ランキングで、韓国の鄭現がアジア勢トップに浮上する。現在26位のランクは週明けの発表で三つほど上がる見込み。写真はBNPパリバ・オープンでショットを放つ鄭現=15日、米カリフォルニア州【EPA=時事】. 関連記事. 大坂、準決勝へ調整=17日にハレプと対戦-BNPパリバテニス · 強化本部長に土橋 …  時事ドットコム 鄭現、アジア男子トップへ:時事ドットコムhttps://www.jiji.com/jc/p?id=20180317090559-0026544299男子テニスの世界ランキングで、韓国の鄭現がアジア勢トップに浮上する。現在26位のランクは週明けの発表で三つほど上がる見込み。写真はBNPパリバ・オープンでショットを放つ鄭現=15日、米カリフォルニア州

THE世界大学ランキング日本版 2018 トップ50、京大が1位に輝く

THE世界大学ランキング日本版 2018 トップ50、京大が1位に輝く

THE世界大学ランキング日本版 2018を、英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)を有するTES Globalと日本パートナーベネッセグループ …  tabetainjya.com THE世界大学ランキング日本版 2018 トップ50、京大…https://tabetainjya.com/archives/news/the2018top30/ベネッセグループとTES GlobalがTHE世界大学ランキング日本版2018 を発表。TOP50に、広島の大学からは「広島大学」が13位にランクインしています

【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に関心

【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に関心

東大新聞オンラインで5月に公開した記事の5月中のアクセスランキングを調べたところ、1位は推薦生に一人一人取材する連載「推薦の素顔」の記事だった。  東大新聞オンライン 【2018年5月アクセスランキング】「推薦の素顔」に…http://www.todaishimbun.org/ranking20180612/   東大新聞オンラインで5月に公開した記事の5月中のアクセスランキングを調べたところ、1位は推薦生に一人一人取材する連載「推薦の素顔」の記事だった。高校時代に米国大学の通信教育を受け、国際的な交流プログラムに …