育児・教育

東大と京大が並んで首位 日本版大学ランク、英教育専門誌

投稿日:

世界大学ランキング」を発表している英教育専門誌のタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は28日、日本版の大学ランキングを発表した。研究力を重んじる世界版に対し、日本版では学部の教育力を重視し、東大と京大が並んで首位になった。上位は旧帝大などの国立大が多く、国際的に活躍できる人材の育成に注力 …

-育児・教育

関連記事

世界大学ランキング日本版の国際性分野にて 千葉県内で第一位を獲得

世界大学ランキング日本版の国際性分野にて 千葉県内で第一位を獲得

国際性分野はどれだけ国際的な教育環境になっているかを『外国人学生比率』や『日本人学生の留学比率』、『外国語で行なわれている講座の比率』『海外の大学との大学間交流協定数』などの結果を根拠に算出し、ランキング付けをしています。本学は設立以来、心豊かな人間性、国際社会に貢献できる人材育成をめざし、 …  www.jiji.com http://www.jiji.com/jc/article?k=000000135.0000…http://www.jiji.com/jc/article?k=000000135.000014665&g=prt

子どもたちが将来なりたい職業は?

子どもたちが将来なりたい職業は?

しかし、子どもが自分自身の将来をどのように考えているのかについて、改まって子どもと話をする機会は少ないかもしれません。 そこで今回は、東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所が実施した「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」の結果のうち、子どものなりたい職業の有無やなりたい職業ランキング …  ベネッセ 教育情報サイト 子どもたちが将来なりたい職業は?|ベネッセ教育…http://benesse.jp/kosodate/201802/20180221-1.html【ベネッセ|育児・子育て】子どもに幸せな将来をおくってほしいというのは、保護者の切なる願いでしょう。しかし、子どもが自分自身の将来をどのように考えているのかについて、改まって子どもと話をする機会は少ないかもしれません。

国内大学教育ランク、国際性で国際教養大が1位に

国内大学教育ランク、国際性で国際教養大が1位に

英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)を運営する英TESグローバルは、ベネッセグループと協力して行った2018年の日本の大学教育ランキングを… (残り:426文字/本文:506文字). (2018/4/5 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する …  日刊工業新聞電子版 国内大学教育ランク、国際性で国際教養大が1位にhttps://www.nikkan.co.jp/articles/view/00468457英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)を運営する英TESグローバルは、ベネッセグループと協力して行った2018年の日本の大学教育ランキングを発表した。2回目…

【大学ランキング】留学する学生の比率が高い大学は?

【大学ランキング】留学する学生の比率が高い大学は?

英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)が国内の大学の「教育力」を測って順位づけする「THE世界大学ランキング日本版2018」。大学の国際性を測る指標の一つとして公表された「日本人学生の留学比率」ランキングを紹介する。 留学比率は、日本から海外への留学を経験している日本人学生数を …  高校生新聞オンライン 【大学ランキング】留学する学生の比率が高い大学…http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/3837英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)が国内の大学の「教育力」を測って順位づけする「THE世界大学ランキング日本版2018」。大学の国際性を測る指標の一つとして公表された「

就職人気企業ランキング2018【文系男子】ベスト200 商社が軒並み上位、銀行は26年ぶりトップ10脱落

就職人気企業ランキング2018【文系男子】ベスト200 商社が軒並み上位、銀行は26年ぶりトップ10脱落

日本経済団体連合会(経団連)の「採用選考の指針」は、3年連続で「3月採用広報開始、6月採用選考開始」のスケジュールとなったが、「5日間以上」としてきたインターンシップの最低日数要件が撤廃されたこともあり、短期間のインターンシップや職業観涵養を目的としたキャリア教育プログラムを導入する企業が相次いだ。  ダイヤモンド・オンライン 就職人気企業ランキング2018【文系男子】ベスト200…http://diamond.jp/articles/-/166390三井物産が15年調査以来の1位となったほか、三菱商事(2位)、伊藤忠商事(3位)、住友商事(5位)、豊田通商(9位)、双日(11位)、丸紅(17位)、兼松(19位)と、本調査の開始以来初めて総合商社が全てベスト20にランクインした。