育児・教育

@大学 「中根」の目・データが語る 「教育充実」公立大1位 国際教養大

投稿日:

-育児・教育

関連記事

セカイエ、2018年「働きがいのある会社」ランキングで2年連続ベストカンパニーに選出されました。

セカイエ、2018年「働きがいのある会社」ランキングで2年連続ベストカンパニーに選出されました。

Great Place to Work(R) Instituteは、「働きがいのある会社」に関する調査・評価・分析を行う専門機関です。GPTWが展開する「働きがいのある会社ランキング」とは、2018年現在、約50カ国で7,000社、500万人以上の従業員が調査に参加する世界最大規模の従業員意識調査となります。世界共通の基準で「働きがいのある …  ValuePress! セカイエ、2018年「働きがいのある会社」ランキン…https://www.value-press.com/pressrelease/197866セカイエ株式会社のプレスリリース(2018年2月28日 14時)。セカイエ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙間舘紘平、以下「セカイエ」)は、Great Place to Work(R) Institute Japan(以下「GPTW」)が実施した2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキングにて、前年に続き、2年連続でベストカンパ…

世界一の教育先進国フィンランドの教育現場を知り尽くした講師による、人事パーソンに必要な“フィンランド …

世界一の教育先進国フィンランドの教育現場を知り尽くした講師による、人事パーソンに必要な“フィンランド …

世界の15歳児童を対象にした学力(学習到達度)ランキングは常に安定的に上位にランクインし、2004年には「数学リテラシー」2位、「読解リテラシー」と「科学リテラシー」は1位、「問題解決能力」は3位、総合して1位をとっています。、そんなフィンランドは他の先進国とは全く違う教育を行っていると言われています。そうした …  ValuePress! 世界一の教育先進国フィンランドの教育現場を知り…https://www.value-press.com/pressrelease/199711株式会社ヒューマンブリッジのプレスリリース(2018年4月6日 9時)。株式会社ヒューマンブリッジ(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木拓哉、以下ヒューマンブリッジ)は、フィンランドの教育現場に詳しい特別講師を迎え、人事パーソンを対象として、フィンランド教育から自社の人材開発へのヒントを掴む機会を提供…

最新版「グローバル教育で評価高い」100大学

最新版「グローバル教育で評価高い」100大学

世界レベルの教育研究を行い、世界大学ランキングトップ100を目指す「トップ型」に、旧七帝大や早稲田大学、慶應義塾大学など13大学。日本社会での …  東洋経済オンライン 最新版「グローバル教育で評価高い」100大学 | 本当…https://toyokeizai.net/articles/-/221099超高齢化社会が進行し、縮小がささやかれる日本市場。先行きが不透明な社会で若者が活躍するにはどうしたらいいのか。1つの答えが、世界に打って出ることであり、大学はグローバル人材の養成に力を入れる。そうし…

受験の「プロ」が選んだ、「グローバル」と「理数」に強い中高一貫校ランキング

受験の「プロ」が選んだ、「グローバル」と「理数」に強い中高一貫校ランキング

グローバル教育に力を入れている学校」のトップは三田国際学園だ。15 年に戸板中・戸板女子高が共学化して校名を変更し、グローバル人材育成に力を入れる学校に生まれ変わった。2位は八雲学園だ。創立以来、英語教育に力を入れ、英語の授業時間数が多いことで知られる。今年から共学校に替わる。以下、目白研心、 …  AERA dot. (アエラドット) 受験の「プロ」が選んだ、「グローバル」と「理数…https://dot.asahi.com/dot/2018042300094.html 近年の社会の変化を受けて、多くの中高一貫校が重視しているのが、グローバル教育と理数教育だ。その中で、本当に力を入れている学校はどこなのか。「カンペキ中学受験2019」(朝日新聞出版)から、「受験のプ…

企業や自治体との連携に積極的な大学ランキング、青学が躍進

企業や自治体との連携に積極的な大学ランキング、青学が躍進

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年5月31日、社会人が評価する「企業や自治体との連携に積極的な大学ランキング」を発表した。  リセマム 企業や自治体との連携に積極的な大学ランキング、…https://resemom.jp/article/2018/05/31/44830.html 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年5月31日、社会人が評価する「企業や自治体との連携に積極的な大学ランキング」を発表した。青山学院大学は前年の31位から18位へ大きく躍進した。