育児・教育

@大学 「中根」の目・データが語る 「教育充実」公立大1位 国際教養大

投稿日:

-育児・教育

関連記事

学びたい学部・学科がある大学ランキング、大規模総合大が上位独占

学びたい学部・学科がある大学ランキング、大規模総合大が上位独占

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年3月1日、「学びたい学部・学科がある大学ランキング」を発表した。2位にダブルスコアで差を … 学びたい学部・学科がある大学ランキングは、全国の大学進学を検討している高校生を対象に実施した「大学についてのアンケート調査」の中から結果を抜粋したもの。  リセマム 学びたい学部・学科がある大学ランキング、大規模…https://resemom.jp/article/2018/03/02/43267.html 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は、学びたい学部・学科がある大学ランキングを発表した。2位にダブルスコアで差をつけ1位に選ばれたのは東京大学。2位は京都大学、3位は早稲田大学と、国立・私立を問わず大規模総合大学が多くランクインした。

地元企業・自治体就職に強い大学ランキング、上位に国立大多数

地元企業・自治体就職に強い大学ランキング、上位に国立大多数

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年4月12日、社会人が評価する「地元の有名企業や自治体への就職に強い大学ランキング」を発表 … 1位の東京大学は「国家公務員採用総合職試験の合格者の多さから、自治体への就職に強いというイメージに繋がっているのかもしれない」と教育進学総合研究 …  リセマム 地元企業・自治体就職に強い大学ランキング、上位…https://resemom.jp/article/2018/04/13/44061.html 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年4月12日、社会人が評価する「地元の有名企業や自治体への就職に強い大学ランキング」を発表した。1位は東京大学で、2位の早稲田大学に2倍近い差をつけた。

先輩ママの出産準備品リストを大公開!実際に用意した人が多い順にご紹介!

先輩ママの出産準備品リストを大公開!実際に用意した人が多い順にご紹介!

出産準備グッズのアンケート,出産 ,準備 ,リスト. 出産準備にあたって実際に「用意したアイテム」を教えてください(複数回答可)とアンケートを実施。 4326人の回答者のうち割合が高いものをランキングにしたところ、身に着ける衣類が上位に、次いで使うものが続く結果となりました。 それでは1位から見てまいりましょう!  cozre[コズレ] 先輩ママの出産準備品リストを大公開!実際に用意…https://feature.cozre.jp/77219人生でいちばん大事なプロジェクトとも言える出産に向けた準備は、やらなければならないことが盛りだくさん。気持は徐々にそこに向かっているのに、いざチェックリストを作り始めてみたら、まだ手つかずのことばかりで気持ちが焦ってしまうなんていうこともあるのでは?中でも「使うものを揃える」ことは一度で済まない…

妊娠発表の『あいのり』クロ、ブログ総合ランキング初の1位に「赤ちゃんはもうすでに幸せものだぁ~」

妊娠発表の『あいのり』クロ、ブログ総合ランキング初の1位に「赤ちゃんはもうすでに幸せものだぁ~」

同じく8月に出産予定の読者からも多くのコメントをもらったといい、「一緒に出産、子育て頑張ることできるって思ったらそれだけでパワー湧いてきましたっ」とつづった。 続けてクロは「普段私が一番使っているアプリ」として『トツキトオカ』を紹介。イラストで週ごとに赤ちゃんの育つ様子が分かったり、ママへのアドバイスやパパへの …  Ameba News [アメーバニュース] 妊娠発表の『あいのり』クロ、ブログ総合ランキン…https://news.ameba.jp/entry/20180314-691/恋愛バラエティ番組『あいのり』に出演していたクロが14日、自身のアメブロを更新。ブログ総合ランキング初の1位になった喜びをつづった。クロは前日の13日に更新したブログで、「この度、大好きなピーさんとの間に新しい命を授かりました」と妊娠を報告。「何とも言えない幸せな気持ちでいっぱいです!!」と喜びをつづ…

日本の学校教育における「情報化」

日本の学校教育における「情報化」

また、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が集計する「世界大学ランキング」の最新版(2018年版)によると、100位以内に入った …  businessnetwork.jp 日本の学校教育における「情報化」 | ビジネスネッ…http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/6079/Default.aspx今回のテーマは、「教育と情報化」です。なかでも日本の初等中等教育、特に小学校の現場で求められている情報化にフォーカスしたいと思います。