育児・教育

J1得点ランキング(19日現在)

投稿日:

-育児・教育

関連記事

元女王セレナがランキングより高い第17シードに [全米テニス]

元女王セレナがランキングより高い第17シードに [全米テニス]

これは、2017年USオープン期間中だった9月に出産したセレナがツアーに復帰して以来、3度目のグランドスラム大会となる。セレナは、危険な血栓を含め、出産 …  Yahoo!ニュース 元女王セレナがランキングより高い第17シードに […https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00010009-tennismagv-spo8月27日に開幕する「USオープン」(8月27日~9月9日/アメリカ・ニューヨーク)。 セ – Yahoo!ニュース(テニスマガジンONLINE)

女子テニス、産後復帰やウェアルール改正 S・ウィリアムズが起爆剤に?

女子テニス、産後復帰やウェアルール改正 S・ウィリアムズが起爆剤に?

女子テニス協会WTAが、出産・闘病などから復帰する選手に適用される特別ランキングルールや、選手が試合中に着用するウェアに関する規定など、いくつかの …  www.sportingnews.com 女子テニス、産後復帰やウェアルール改正 S・ウィ…https://www.sportingnews.com/jp/tennis/news/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E7%94%A3%E5%BE%8C%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E3%82%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%94%B9%E6%AD%A3s%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%81%8C%E8%B5%B7%E7%88%86%E5%89%A4%E3%81%AB/1hstg8djqmz6z1lrvynq4g3mmp女子テニス協会WTAが、出産・闘病などから …

【明治150年】第5部 地方(3)藩校開設、教育に力 列強入り支えた「国民皆学」

【明治150年】第5部 地方(3)藩校開設、教育に力 列強入り支えた「国民皆学」

【明治150年】第5部 地方(3)藩校開設、教育に力 列強入り支えた「国民皆学」 … 江戸後期から幕末にかけ、ほとんどの藩が教育機関としての藩校を開設。 … 英国の教育専門誌が毎年発表する「THE世界大学ランキング」で今年100位以内に入った …  産経ニュース 【明治150年】第5部 地方(3)藩校開設、教…https://www.sankei.com/life/news/181229/lif1812290006-n1.html秋田駅から車で約30分、秋田市街の森の中にモダンな建物が見えてくる。平成16年に開学した国際教養大学(AIU)、設立したのは秋田県である。東京から遠く離れた地方…

大学ランキング、ICUは何で13位から一気に1位になった?

大学ランキング、ICUは何で13位から一気に1位になった?

英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)を運営する英TESグローバルは、ベネッセグループと協力して行った2018年の日本の大学教育ランキングを発表した。 2回目の今回は、新たに日本の大学が注力する「日本人学生の留学比率」「外国語で行われる講座の比率」を追加。「国際性」で昨年13位だった国際 …  ニュースイッチ 大学ランキング、ICUはなぜ13位から一気に1位にな…https://newswitch.jp/p/12519英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)を運営する英TESグローバルは、ベネッセグループと協力して行った2018年の日本の大学教育ランキングを発表した。2回目の今回は、新たに

男女が平等な国ランキング。新たな指標によると女性の方が有利な国が多いという調査結果(英米共同研究)

男女が平等な国ランキング。新たな指標によると女性の方が有利な国が多いという調査結果(英米共同研究)

これは「教育の機会」「健康寿命」「全般的な人生への満足」の3つの要素などから割り出したもので、134ヶ国中91ヶ国で、実は女性よりも男性の方がシビアな状況 …  ニコニコニュース 男女が平等な国ランキング。新たな指標によると女…https://news.nicovideo.jp/watch/nw4650111 なにかと問題となっているジェンダー問題。女性だから、男性だからという性別が理由で、格差が生じているというものだ。 この度、男女間の格差を評価する新たな指標を使って導き出した研究によると、最近では、女性の方が有利な国が多いことが…