育児・教育

100回突破記念!『まめ日和』アクセスランキング【第6位〜第10位】

投稿日:

連載開始から約2年、3月16日の配信で第100回を数えた『まめ日和』。昨年7月に発売された『まめ日和』(光文社)では、第2子「ゆめこ」妊娠までの連載を、沙弥香ママが見開きのマンガという形で新たに描き下ろし。今回は、ゆめこ妊娠判明から4人家族での爆笑エピソードのなかで、アクセス数が最も多かった『まめ日和』を、 …

-育児・教育

関連記事

中国教育相、学習塾の急増を批判「誤った成功観が広がり、教育秩序が乱されている」―香港紙

中国教育相、学習塾の急増を批判「誤った成功観が広がり、教育秩序が乱されている」―香港紙

陳氏はまた、英紙タイムズがこんほど発表したアジアの学校ランキングで、中国の大学101校が上位に入ったことを挙げ、「中国の教育レベルは確実に上がっている。高等教育は世界水準になり始めた」と指摘。一方で、経済発展に伴う質と量が伴った教育水準の向上が重要だと主張。「多くの塾や補習校は成功を追い求める …  Record China 中国教育相、学習塾の急増を批判「誤った成功観が…http://www.recordchina.co.jp/b583217-s0-c10.htmlレコードチャイナ

20年で社会的評価が高まった大学ランキング、3位に関西の私大

20年で社会的評価が高まった大学ランキング、3位に関西の私大

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年4月19日、「ここ20年で社会的評価が高まったと思う大学ランキング」を発表した。1位に「東京 … 教育進学総合研究所では、「4位の早稲田大や5位の慶應義塾大なども含め、20年前にも十分に高い社会的評価を得ていたトップ校が上位に来ているのは、長期 …  リセマム 20年で社会的評価が高まった大学ランキング、3位に…https://resemom.jp/article/2018/04/20/44183.html 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は2018年4月19日、「ここ20年で社会的評価が高まったと思う大学ランキング」を発表した。1位に「東京大学」、2位に「京都大学」が選ばれ、3位には多方面で話題を集める「近畿大学」がランクインした。

【理系女子】就職人気企業ランキング2018

【理系女子】就職人気企業ランキング2018

近年「リケジョ」として注目を集める理系女子ランキングは、明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)が13年以来の1位に返り咲くなど食品メーカーの人気が復活した。 女性は安心して長く働くことのできる環境が整備されていることや、制度の活用実績が多いことを重視する傾向があるが、明治グループは、産前産後休暇・育児 …  ダイヤモンド・オンライン 【理系女子】就職人気企業ランキング2018http://diamond.jp/articles/-/167416近年「リケジョ」として注目を集める理系女子ランキングは、明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)が13年以来の1位に返り咲くなど食品メーカーの人気が復活した。

ランキング1位の国立マラヤ大学も参加する大規模マレーシア大学留学フェアを開催!

ランキング1位の国立マラヤ大学も参加する大規模マレーシア大学留学フェアを開催!

質の高い教育をもつマレーシアの大学留学の疑問や現地での生活、進路などをくま … マレーシアの大学教育の質の高さは、世界ランキングでも現れています。  宮崎日日新聞 Miyanichi e-press ドリームニュースhttp://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000175983海外大学長期留学生を年間450名派遣し、現地生活やキャリアサポートも提供する株式会社ICCコンサルタンツ(屋号:ICC国際交流委員会 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根靖雄)は、2018年7月にマレーシア大学留学フェアを開催します(東京 7月15日 大阪 7月16日 名古屋7月17日)。質の高い教育をもつマレー…

「高等教育無償化」でイノベーションは生まれるか―データの国際比較にみる高等教育の優先度

「高等教育無償化」でイノベーションは生まれるか―データの国際比較にみる高等教育の優先度

このうち「人づくり革命」は、この政府文書において「一億総活躍社会をつくっていく上での本丸」と位置づけられ、その柱として「幼児教育の無償化」、「待機児童の解消」などとともに「 …. そのなかにあって、8位の日本は3位のイスラエルとともに、例外的に高等教育向けの予算配分が低いなかでランキング入りしている国です。  Yahoo!ニュース 個人 「高等教育無償化」でイノベーションは生まれるか―…https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20180224-00081939/鳴り物入りで登場した「高等教育無償化」だが、政府はこれをイノベーションとの関連で取り上げている。それぞれ重要な課題だとしても、この政府文書は直接的な関係の薄いものを無理に繋げた作文と言わざるを得ない。