メディア・ニュース

錦織、決勝はメドヴェデフ

投稿日:

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は5日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が元世界 …

-メディア・ニュース

関連記事

朝ドラや人気ドラマの配役名が急上昇!<2018年>赤ちゃんの名前ランキング発表!!

朝ドラや人気ドラマの配役名が急上昇!<2018年>赤ちゃんの名前ランキング発表!!

子どもを授かったらどんな名前をつけようか……名づけは親からの一番最初のプレゼント、などとも言われるので、頭を悩ませる人も多いのでは? 好きな文字だっ …  楽天WOMAN プレゼントのニュース – 朝ドラや人気ドラマの配役…https://woman.infoseek.co.jp/news/neta/suitswoman_93309朝ドラや人気ドラマの配役名が急上昇!<2018年>赤ちゃんの名前ランキング発表!!,子どもを授かったらどんな名前をつけようか……名づけは親からの一番最初のプレゼント、などとも言われるので、頭を悩ませる人も多いのでは? 好きな文字だったり、響きだったり、こだわるポイントは人それぞれ。残り2か月ほ…

警備員など人手不足業種、シニアを積極採用

警備員など人手不足業種、シニアを積極採用

ランキングを見ると、東日本でシニアを積極的に求人している企業は、1位がオリエンタル警備、4位はサンエス警備保障、9位にシンテイ警備、13位がMSKと15位までに警備会社が4社ランクインしている。2016年9月に調査した前回の結果では警備会社の東西上位15位までのランクインは2社だったという。これは厚労省の求人 …  エコノミックニュース 警備員など人手不足業種、シニアを積極採用http://economic.jp/?p=79956 3月30日に発表された有効求人倍率の直近データは2月分で1.51倍という高水準だ。中でも建設躯体工事の職業は10.46倍、警備員など保安の職業では8.15倍にもなっている。その他、サービスの職業も3

【全米映画ランキング】「死霊館のシスター」が9月歴代2位の興収で大ヒットスタート

【全米映画ランキング】「死霊館のシスター」が9月歴代2位の興収で大ヒットスタート

映画.com ニュース]2本の新作が上位にランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ジェームズ・ワン製作のR指定ホラー「死霊館のシスター」が、昨年同時期 …  楽天WOMAN ジェームズ・ワンのニュース – 【全米映画ランキン…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/eigacom_20180911014【全米映画ランキング】「死霊館のシスター」が9月歴代2位の興収で大ヒットスタート, [映画.com ニュース]2本の新作が上位にランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ジェームズ・ワン製作のR指定ホラー「死霊館のシスター」が、昨年同時期公開の「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」(約1…

【実売速報】気になるドライブレコーダー 売れ筋シェアランキングTop3

【実売速報】気になるドライブレコーダー 売れ筋シェアランキングTop3

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年3月22日、ドライブレコーダーの販売台数シェア、1位はコムテックで30.4%、2位はユピテルで18.9%、3位はJVCケンウッドで17.9%だった。 201803231841_1.jpg. JVCケンウッド DRV-325. *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、 …  BCN RETAIL 【実売速報】気になるドライブレコーダー 売れ筋…https://www.bcnretail.com/research/detail/20180324_55621.html「BCNランキング」日次集計データによると、2018年3月22日、ドライブレコーダーの販売台数シェア、1位はコムテックで30.4%、2位はユピテルで18.9%、3位はJVCケンウッドで17.9%だった。

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅反発、ファーストリテとファナックの2銘柄で …

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は大幅反発、ファーストリテとファナックの2銘柄で …

2日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり168銘柄、値下がり52銘柄、変わらず5銘柄となった。 日経平均は大幅反発。1日の米国市場では、 …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n2018110206842日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり168銘柄、値下がり52銘柄、変わらず5銘柄となった。日経平均は大幅反発。1日の米国市場では、トランプ大統領が米中協議の進展を示唆したことで貿易摩擦への懸念が後退し・・・。