タレント・芸能人

川栄李奈「タレントパワー」2位獲得も、“ホントの評判”って……?

投稿日:

-タレント・芸能人

関連記事

「バスガイドをしてほしい芸能人」男性1位は明石家さんま、女性1位は友近 石原さとみ、新垣結衣らもランク …

「バスガイドをしてほしい芸能人」男性1位は明石家さんま、女性1位は友近 石原さとみ、新垣結衣らもランク …

旅行雑誌「じゃらん」(株式会社リクルートライフスタイル)が「バスガイドをしてほしい芸能人」についてアンケートを実施。男性部門の1位には明石家さんま、女性 …  ニフティニュース 「バスガイドをしてほしい芸能人」男性1位は明石家…https://news.nifty.com/article/entame/wtv/12206-162736/旅行雑誌「じゃらん」(株式会社リクルートライフスタイル)が「バスガイドをしてほしい芸能人」についてアンケートを実施。男性部門の1位には明石家さんま、女性部門の1位は友近という結果になった。男性部門は1…

サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位

サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2位

2018年版のタレントパワーランキング芸人編は、お笑い界の変革が感じられる結果になった。17年までは3年連続でタモリが1位だったが、今回は芸歴20年の …  NIKKEI STYLE サンドウィッチマン、タモリ抜き1位 華丸・大吉2…https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31548450Y8A600C1000000?channel=DF010320183446&style=1&n_cid=DSTPCS001 2018年版のタレントパワーランキング芸人編は、お笑い界の変革が感じられる結果になった。17年までは3年連続でタモリが1位だったが、今回は芸歴20年のサンドウィッチマンが首位を獲得。次いで、芸歴28年の博多華丸・大吉が2位となった。 日経エンタテイ…

2017年の年間テレビCM出稿量、「通信・web系サービス」が大幅増。

2017年の年間テレビCM出稿量、「通信・web系サービス」が大幅増。

商品種類別で見ると、関東・関西地区では「通信・web系サービス」が、名古屋地区では「住宅・建材総合」が最も多く出稿された。中でも「通信・Web系サービス」は「トリバゴジャパン」「Indeed」「LIFULL」が伸び、3地区とも前年と比べて大幅増となった。 関東地区の、商品種類別CM層出稿量ランキング(2017年1~12月)上位10 …  AdverTimes(アドタイ)宣伝… 2017年の年間テレビCM出稿量、「通信・web系サービ…https://www.advertimes.com/20180316/article267593/ビデオリサーチは3月15日、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象にした、2017年の年間(1~12月)テレビCM出稿動向を発表した

高須院長が女子アナの顔を分析 水卜麻美アナは「基本的な愛され顔」

高須院長が女子アナの顔を分析 水卜麻美アナは「基本的な愛され顔」

女子アナといえば、2017年に発表された『ORICON NEWS』の「第14回 好きな女性アナウンサーランキング」で日本テレビの水卜麻美アナ(30)が5年連続で1位に輝き、有働アナも自身最高順位の2位に。一方で、『週刊文春』(2017年6月8日号)の「2017年嫌いな女子アナ」ランキングでは1位・加藤綾子アナ(32)、2位・田中 …  ライブドアニュース 高須院長が女子アナの顔を分析 水卜麻美アナは「…http://news.livedoor.com/article/detail/14314507/お茶の間に笑顔を届ける女子アナの顔を、高須克弥院長が分析している。水卜麻美アナは肌もキレイでパーツも強すぎず「基本的な愛され顔」という。有働由美子アナについては「一歩引いた美しさ」があると評した

「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組

「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組

日経BP社)の“1番嫌いなお笑い芸人”ランキングで1位獲得という不名誉ぶり。ネット上には『やってることがチンピラ』『イジメみたいな笑いが全然面白くない』『“暴走”が面白い時代は終わった』と批判が相次いでいます。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の終了も決定し、いよいよ時代に取り残されたよう …  サイゾーウーマン 「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座…http://www.cyzowoman.com/2018/02/post_174483_1.html「抱かれたくない男」の代名詞だった出川哲朗が、近年大ブレークを果たしている。冠番組のスタートだけでなくCM出演本数も増加し、過去のレッテルを覆す勢いで活躍中だ。出川だけでなく、時代の移り変わりとともに、人気は上下するもの。今回は、そんな…