旅行・観光

【REIT高配当利回り】ランキング (8月30日現在)

投稿日:

今週のREIT高利回りランキング【ベスト45】. 順位 コード 銘柄 … 6 <3472> 大江戸温泉R 5.45 87,400 19/11 … 20 <8985> ホテルリート 4.51 81,800 19/12.

-旅行・観光

関連記事

沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

観光客数でハワイを凌ぐ存在へと発展した沖縄県。同県内の各市町村のホテル開発状況を客室数/施設数のランキングにて増加率とともにお送りする。  HotelBank (ホテルバンク) 沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在) | H…https://hotelbank.jp/okinawa-hotel-development-2019august/観光客数でハワイを凌ぐ存在へと発展した沖縄県。同県内の各市町村のホテル開発状況を客室数/施設数のランキングにて増加率とともにお送りする。 首位は那覇市、2位石垣市、本島西南部、宮古・八重山に分散 メトロエンジンリサーチによると、沖縄県における新規開業予定は6,877室/40施設となっており、既存の客室数から1…

20〜30代の女性100人に聞いた「誰と行く旅行が一番楽しい?」ランキング

20〜30代の女性100人に聞いた「誰と行く旅行が一番楽しい?」ランキング

旅をするときは誰と行く旅行が楽しいのか、その理由はなぜなのかを聞いてみました。旅の道連れ人気ランキングを発表いたします。 第6位 恋人ではない、異性の …  OVO [オーヴォ] 20〜30代の女性100人に聞いた「誰と行く旅…https://ovo.kyodo.co.jp/news/life/travel-news/a-1304846「旅は道連れ、世は情け」は、旅をする時には同行者がいると心強く、世の中はお互いに思いやりを持てば生きやすくなるということ。旅の同行者によって、あなたの旅は違ったものになります。世の中の「声」が聞こえるメディア「KIKIMIMI」調査では、20〜30代の未婚女性100人に「誰と行く旅行が一番楽しい?」を聞きました…

ダーリンハニー吉川が鉄道旅行の祭典で5年連続MC、平成鉄道ニュースも発表

ダーリンハニー吉川が鉄道旅行の祭典で5年連続MC、平成鉄道ニュースも発表

日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰する「鉄旅オブザイヤー2018」の結果発表および授賞式が来月2月6日(水)に埼玉・鉄道博物館 てっぱくホールで開催 …  お笑いナタリー ダーリンハニー吉川が鉄道旅行の祭典で5年連続MC、…https://natalie.mu/owarai/news/317143日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰する「鉄旅オブザイヤー2018」の結果発表および授賞式が来月2月6日(水)に埼玉・鉄道博物館 てっぱくホールで開催され、ダーリンハニー吉川が司会を務める。

注目の話題は「隈研吾氏監修、“インスタ映え”ホテル」など

注目の話題は「隈研吾氏監修、“インスタ映え”ホテル」など

8月19日~8月25日のアクセスランキング1位は、2018年が「隈研吾氏監修、日本初進出の“インスタ映え”ホテル」、2017年が「10年ぶり、小田和正氏が本音で …  日経 xTECH(クロステック) 注目の話題は「隈研吾氏監修、“インスタ映え”ホテ…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00241/082100065/ 8月19日~8月25日のアクセスランキング1位は、2018年が「隈研吾氏監修、日本初進出の“インスタ映え”ホテル」、2017年が「10年ぶり、小田和正氏が本音で語る藤森建築の特質」、2016年が「山本理顕氏が語る天草市提訴の理由」でした。本日8月22日から8月28日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知では資生堂が圧倒的トップに

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知では資生堂が圧倒的トップに

… 訪日外国人・出国日本人)、統計・データ 日本政府観光局(JNTO))中国人の消費 … 最近では中国人の中でも旅行先として日本の人気が高まっており、中国の旅行 … 旅行網(シートリップ)が発表した今年の国慶節期間中の人気旅行先ランキング …  マイライフニュース 中国人女性の日韓化粧品ブランド認知では資生堂が…http://www.mylifenews.net/column/2018/11/post-1231.html▽年々増え続け、昨年には延べ700万人以上が日本を訪れた(月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)、統計・データ 日本政府観光局(JNTO))中国人の消費は、「爆買い」が落ち着いてからもインバウンド産業の最大のターゲット層であり続けて…