旅行・観光

パスポートの自由度ランキング2018、日本が世界1位に、ビザなしで189か国に渡航可能で ―ヘンリー …

投稿日:

世界各国のパスポートについて旅行の自由度を測定しているヘンリーパートナーズの「パスポート・インデックス」の2018年グローバルランキングで、日本が単独1位 …

-旅行・観光

関連記事

東京ベイ経済新聞の2018年上半期PV1位は「未来型花火エンターテインメント」

東京ベイ経済新聞の2018年上半期PV1位は「未来型花火エンターテインメント」

東京ベイ経済新聞の2018年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「お台場で『未来型花火 … 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。 [広告]. 1. … お台場のホテルでエープリルフールにちなんだスイーツ 予約受け付けも(3/31). 6.  東京ベイ経済新聞 東京ベイ経済新聞の2018年上半期PV1位は「未来型花…https://tokyobay.keizai.biz/headline/2039/東京ベイ経済新聞の2018年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「お台場で『未来型花火エンターテインメント』」記事が1位に輝いた。

@nifty温泉、3月「全国のスパ・温泉アクセスランキング」発表

@nifty温泉、3月「全国のスパ・温泉アクセスランキング」発表

ニフティライフスタイルが運営するスパ・温泉施設情報専門サービス「@nifty温泉」は、「全国のスパ・温泉アクセスランキング(2018年3月)」を発表した。 「@nifty温泉」は全国1 … 大露天風呂や湧きたての生源泉をそのまま流し込んだ贅沢な内湯が自慢。3位は「熊谷天然温泉 花湯スパリゾート」(埼玉県)。広々とした露天風呂で …  WorkMaster(ワークマスター… @nifty温泉、3月「全国のスパ・温泉アクセスラン…https://www.work-master.net/2018122894ニフティライフスタイルが運営するスパ・温泉施設情報専門サービス「@nifty温泉」は、「全国のスパ・…

日本人の日本の観光地に関する意識調査 ソックリトリップ調べ

日本人の日本の観光地に関する意識調査 ソックリトリップ調べ

ソックリトリップは、「日本人の日本の観光地に関する意識調査」の結果を発表した。 <「日本人 … 今年の「夏休みに行きたい場所」ランキング、TOP10スポット中、海外と日本の割合は6:4。特に20 … 旅行先を選ぶ際に最も重視することは「リラックス・癒やし(85.2%)」。 …. 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?  観光経済新聞 日本人の日本の観光地に関する意識調査 ソックリ…https://www.kankokeizai.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%9C%B0%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%84%8F%E8%AD%98%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%80%E3%82%BD%E3%83%83%E3%82%AF/ ソックリトリップは、「日本人の日本の観光地に関する意識調査」の結果を発表した。 <「 …

【材料】出来高変化率ランキング(13時台)~パンチ、リゾートトラスなどがランクイン

【材料】出来高変化率ランキング(13時台)~パンチ、リゾートトラスなどがランクイン

… ※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。  kabutan.jp 出来高変化率ランキング(13時台)~パンチ、リゾ…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201808090402※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。■出来高変化率上位 [8月9日 13:33 現在](直近5日平・・・。

日本の「顧客対応」は世界1位だが「自然資源の認知度」は60位!

日本の「顧客対応」は世界1位だが「自然資源の認知度」は60位!

17年4月、世界経済フォーラムにおいて観光競争力ランキングが発表された。日本は前回の15年9位から4位にランキングを上げ、項目別では「顧客への対応」や「鉄道インフラ」が世界1位に輝いている。一方、「自然資源の認知度」では、60位という低評価である。季節ごとに美しい表情を見せる日本の自然だが、日本人 …  日刊ゲンダイDIGITAL 日本の「顧客対応」は世界1位だが「自然資源の認…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/227146 少子高齢化と人口減少社会を迎える日本では、インバウンド市場の拡大こそが経済成長に必要不可欠な要素となっている。2…